ベネリの「インペリアーレ400」は、1950年代に一世を風靡した名車のDNAを受け継ぐクラシックロードスター。懐かしさを感じさせるレトロなスタイルながら、メカニズムは最新技術を惜しみなく投入したものだ。
文:宮崎敬一郎、オートバイ編集部/写真:赤松 孝、南 孝幸

ベネリ「インペリアーレ400」インプレ(宮崎敬一郎)

画像: Benelli IMPERIALE400 総排気量:374cc エンジン形式:空冷4ストOHC2バルブ単気筒 シート高:780mm 車両重量:205kg 税込価格:59万9500円

Benelli IMPERIALE400

総排気量:374cc
エンジン形式:空冷4ストOHC2バルブ単気筒
シート高:780mm
車両重量:205kg

税込価格:59万9500円

ゆとりをもって楽しむ大人の走りが良く似合う

何とクラシカルで趣のあるスタイルだろうか。このインペリアーレは1950年代バイクの雰囲気をまとい、1950年代の走りまでも濃厚に演出したバイクだ。

見てのとおり、そのルックスが放つオーラは強烈。ディスクブレーキが付いているのが現代風なくらいで、エンジンからフレームまで、その造形はタイムスリップしてきたかのように古い。また、バイクが超高価な嗜好品でもあった時代の造形を範としているため、外観や各部の仕上がりも念入りなもの。

国産400シングルとさして変わらないプライスながら、造形の拘りやタンクの塗装、フェンターのメッキなど、その処理の丁寧さは倍ほどもするプライスのバイクにも迫るレベル。このクラスとしては数少ない、磨いて眺めて愉しむことができるバイクだ。

画像: ベネリ「インペリアーレ400」インプレ(宮崎敬一郎)

ボディ同様にクラシカルなルックスのエンジンは、ロングストロークのシングルで、そのスペックは21馬力ほど。とはいえ、現代のエンジンだし、車体にもそれなりの強度がある。仮に、ライダーが無理矢理6000回転くらいまで引っ張って今風に元気に走ろうとしたとしても、インペリアーレはそれを断固拒否したりはしない。

エンジンはノイジーになるがすんなりと回るし、車体もどこかが盛大に接地するが、ヨジれたり暴れたりせずに走れる。ペース的には、ちょうどSR400で頑張り気味に峠道で遊ぶ速度レベルでの話だが、それはインペリアーレにとっては「そんな走りの引き出しも持っていますよ」というだけの話。正直、このバイクにとっては「ヤボ」な乗り方だ。

一番いい乗り方は、走りをインペリアーレに委ねること。このエンジンは極低回転域で古い耕耘機のように粘る。音も似ている。3〜4000回転までの、のどかで心地よい回転域を使って街を駆けたり「遠乗り」に出かけるような使い方をバイクが求めてくる。ハンドリングは従順だし、高速道路を走っても安定感はしっかりしている。100km/hで巡航するには非力かもしれないが、そこは400。トルクの威力で、250ccモデルたちより、ずっとゆとりをもってこなせる。

もしこの姿に惹かれるなら、もうそれだけでオーナー予備軍。なにしろ唯一無二のバイクだ。ただ、接し方は心しておいた方がいい。乗り手は無理強いなんてせずに、持っている魅力的な味を愉しむのが一番。とても愉快な乗り物だと感じると思う。

画像: 1950年代の名車、ベネリ-モトビの「インペリアーレ」の名を継承。スタイリングも1950年代を思わせる正統派クラシックだ。

1950年代の名車、ベネリ-モトビの「インペリアーレ」の名を継承。スタイリングも1950年代を思わせる正統派クラシックだ。

ベネリ「インペリアーレ400」カラーバリエーション

ボディカラーはシルバーとブラックの2色の設定。

【アンケート】 あなたはどちらのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: 【インプレ】ベネリの新型車「インペリアーレ400」を徹底解説|空冷単気筒エンジンを搭載、レトロなスタイルの優しいバイク
    シルバー
  • 画像2: 【インプレ】ベネリの新型車「インペリアーレ400」を徹底解説|空冷単気筒エンジンを搭載、レトロなスタイルの優しいバイク
    ブラック
  • 画像3: 【インプレ】ベネリの新型車「インペリアーレ400」を徹底解説|空冷単気筒エンジンを搭載、レトロなスタイルの優しいバイク
    シルバー
    56
    340
  • 画像4: 【インプレ】ベネリの新型車「インペリアーレ400」を徹底解説|空冷単気筒エンジンを搭載、レトロなスタイルの優しいバイク
    ブラック
    44
    263

投票ありがとうございました。
ぜひ次のページもご覧ください!

This article is a sponsored article by
''.