ハーレーダビッドソンジャパンは2022年1月27日、ワールドプレミアイベント「Further, Faster. さらなる高みへ。」で公開された2022年モデルに加わった8車種について、全国の正規ディーラーで予約販売を開始した。この記事では8機種のうち、新たな「ローライダー S」と「ローライダー ST」を紹介する。

進化した定番クルーザーと、そのツアラーバージョンが登場

いずれのモデルもハーレー最大の1923ccという大排気量で強力なパワーとトルクを発揮、もちろん独特の鼓動感をもたらすMilwaukee-Eight 117空冷Vツインエンジンを搭載することが特徴。その中でも次世代のパフォーマンス・クルーザーとして注目されているのが、「ローライダー S」と「ローライダー ST」の2台だ。

画像: Harley-Davidson FXLRS LOW RIDER S 総排気量:1923cc エンジン形式:空冷4ストOHV4バルブV型2気筒 シート高:710mm(無負荷状態) 車両重量:308kg

Harley-Davidson FXLRS LOW RIDER S

総排気量:1923cc
エンジン形式:空冷4ストOHV4バルブV型2気筒
シート高:710mm(無負荷状態)
車両重量:308kg

「ローライダー S」は、日本でも人気の高いスタイリッシュでパワフルな定番クルーザー。2022年モデルでMilwaukee-Eight 117エンジンを得て、約5%トルクが向上するなど、さらにパワーアップが図られた。

その他にも、ライダーの視線により近い位置にメーターを配置して見やすさを向上させるため、新たにハンドルバーマウントのアナログタ回転計とデジタル速度計も装備。燃料タンク上部にはバッジを配した薄型のテクスチャーブラックタンクコンソールも装着されている。シンプルで軽快なRadiateキャストアルミホイールは、マットダークブロンズ仕上げで、ボディカラーと合わせてダークな世界観を強調。

画像: Harley-Davidson FXLRST LOW RIDER ST 総排気量:1923cc エンジン形式:空冷4ストOHV4バルブV型2気筒 シート高:720mm(無負荷状態) 車両重量:327kg

Harley-Davidson FXLRST LOW RIDER ST

総排気量:1923cc
エンジン形式:空冷4ストOHV4バルブV型2気筒
シート高:720mm(無負荷状態)
車両重量:327kg

そして「ローライダー S」をベースに、フレームマウントの新型カウルと着脱可能で53.8リットルという大容量のサドルバッグを標準装備し、ローライダー独特の乗り味にツアラーとしての快適性、利便性もプラスしたニューモデルが「ローライダー ST」。

「ローライダー ST」は「ローライダー S」よりも背の高いリアモノショックを与えられ、リア周りがハイポジションにされている。これによって乗り心地が向上するのに加えて、リーンアングルが1度以上 大きくなっているため、よりダイナミックなパフォーマンスと、アグレッシブなコーナリングも実現。シート下に備わる油圧式プリロード調整機能によって、積荷や路面状況、好みに合わせてサスペンションをアジャストすることも可能になっている。

「ローライダー S」「ローライダー ST」の両モデル、ボディカラーはいずれもビビットブラック、ガンシップグレーの2色を用意。

「ローライダー S」の税込価格は、ビビットブラックが281万8200円、ガンシップグレーが286万3300円。「ローライダー ST」の税込価格は、ビビットブラックが306万200円、ガンシップグレーが310万5300円。

【アンケート】 あなたはどちらのモデルが好きですか?

画像1: ハーレーダビッドソンが8機種の2022年モデルを発表!「ローライダーS」は進化、ニューモデル「ローライダーST」も登場

お好きなモデルをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像2: ハーレーダビッドソンが8機種の2022年モデルを発表!「ローライダーS」は進化、ニューモデル「ローライダーST」も登場
    ローライダーS
  • 画像3: ハーレーダビッドソンが8機種の2022年モデルを発表!「ローライダーS」は進化、ニューモデル「ローライダーST」も登場
    ローライダーST
  • 画像4: ハーレーダビッドソンが8機種の2022年モデルを発表!「ローライダーS」は進化、ニューモデル「ローライダーST」も登場
    ローライダーS
    51
    760
  • 画像5: ハーレーダビッドソンが8機種の2022年モデルを発表!「ローライダーS」は進化、ニューモデル「ローライダーST」も登場
    ローライダーST
    49
    740

投票ありがとうございました。

画像: 【公式動画】2022 Low Rider S & 2022 Low Rider ST | Harley-Davidson www.youtube.com

【公式動画】2022 Low Rider S & 2022 Low Rider ST | Harley-Davidson

www.youtube.com

ハーレーダビッドソン「ローライダーS」「ローライダーST」の主なスペック

全長×全幅×全高2365×NA×NAmm
ホイールベース1615mm
シート高710mm (720m)
キャスター角28°
トレール145mm
車両重量308kg (327kg)
エンジン形式空冷4ストOHV4バルブV型2気筒
総排気量1923cc
ボア×ストローク103.5×114.3mm
最大トルク168Nm/3500rpm
変速機形式6速リターン
燃料タンク容量18.9L
タイヤサイズ(前・後)110/90B19・180/70B16
ブレーキ形式(前・後)ダブルディスク・ディスク
※()内はローライダーST

まとめ:小松信夫

This article is a sponsored article by
''.