ヤマハが欧州・北米向けの2022年モデルとして、スペシャルカラーをまとったYZF-Rシリーズ「World GP 60th Anniversary」を発表した。

世界GP初参戦から60年、栄光のカラーが現代に復活

ヤマハのスーパースポーツである「YZF-R」シリーズは、フラッグシップモデルでありスーパーバイクレースでも活躍している「YZF-R1」を筆頭に、レーシーな走りを楽しめる幅広いラインナップを揃え、世界中のサーキットやワインディングで根強い支持を集めている。

そんな「YZF-R」シリーズに、1961年にヤマハが世界GPへ初めて参戦してから60年目を迎えたことを記念した「World GP 60th Anniversary」モデルが設定され、ヨーロッパと北米の2022年モデルで登場した。

画像: YAMAHA YZF-R series  World GP 60th Anniversary

YAMAHA YZF-R series World GP 60th Anniversary

ヤマハはこの60年間に、世界GPで各クラス合計517勝(2021年9月12日時点)、最高峰の500cc/MotoGPクラスだけでもライダータイトルを17回獲得。そして今もなお、世界最速を目指してMotoGPで戦い続けている。今回の「World GP 60th Anniversary」モデルはヤマハのそんな栄光を象徴する存在。

1978年〜80年に500ccクラスで3連覇、世界にその名を轟かせたケニー・ロバーツが駆ったYZR500を想わせる、白地に赤いスピードブロック(ストロボラインとも呼ばれる)、黄色いゼッケンスペースという、往年のヤマハGPマシンを飾っていたデザインを再現。

全日本ロードレースでは、ヤマハファクトリーからJSB1000クラスにR1で参戦している中須賀克行選手が、同様の記念カラーリングで参戦中で話題になっていた。

画像: ヤマハ・YZR500(1978年モデル)

ヤマハ・YZR500(1978年モデル)

YZF-R1・R7・R3・R125にラインナップ

このレーシーなスペシャルカラーが用意されているのは、最高峰モデルの「YZF-R1」をはじめ、デビューしたばかりの688cc並列ツインエンジン搭載のミドルスーパースポーツ「YZF-R7」。そして日本でも販売されている、R25の排気量を320ccに拡大してパワーアップした「YZF-R3」。

この3台に加えて、ヨーロッパ向けにはシリーズの最小排気量モデル「YZF-R125」にも「World GP 60th Anniversary」が設定されている。いずれのモデルも、基本的にスタンダードモデルとメカニズムや諸元は同一だ。

画像: ヤマハ YZF-R1 World GP 60th Anniversary (ヨーロッパ仕様)

ヤマハ YZF-R1 World GP 60th Anniversary(ヨーロッパ仕様)

画像: ヤマハ YZF-R7 World GP 60th Anniversary (ヨーロッパ仕様)

ヤマハ YZF-R7 World GP 60th Anniversary(ヨーロッパ仕様)

画像: ヤマハ YZF-R3 World GP 60th Anniversary (ヨーロッパ仕様)

ヤマハ YZF-R3 World GP 60th Anniversary(ヨーロッパ仕様)

画像: ヤマハ YZF-R125 World GP 60th Anniversary (ヨーロッパ仕様)

ヤマハ YZF-R125 World GP 60th Anniversary(ヨーロッパ仕様)

画像: YZF-R1・R7・R3・R125にラインナップ

ボディカラー以外の違いは、フロントフォークのアウターチューブをはじめ、ホイールやタンクの音叉マークがゴールド仕上げなこと。そして世界GP参戦60周年記念エンブレムが装着されていることだ。

欧州仕様と北米仕様のちがい

画像: ヤマハ YZF-R3 World GP 60th Anniversary(北米仕様)

ヤマハ YZF-R3 World GP 60th Anniversary(北米仕様)

ヨーロッパ仕様と北米仕様の外観上の差異はほとんどないが、目立つところではウインカーレンズがヨーロッパ仕様がクリアなのに対し、北米仕様はアンバーになっている。

日本でもファンの多い「YZF-R」シリーズだけに、日本向けにも「World GP 60th Anniversary」モデルの発売を期待したい。

まとめ:小松信夫

画像: 【動画】2022 Yamaha World GP 60th Anniversary Edition Supersports www.youtube.com

【動画】2022 Yamaha World GP 60th Anniversary Edition Supersports

www.youtube.com

This article is a sponsored article by
''.