2021年9月14日20時、トライアンフは新型車「スピードトリプル1200RR」の詳細を発表した。日本での販売価格も明らかに!

トライアンフ「スピードトリプル1200RR」の特徴

画像: TRIUMPH Speed Triple 1200 RR 総排気量:1160cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列3気筒 シート高:830mm 車両重量:199kg

TRIUMPH Speed Triple 1200 RR

総排気量:1160cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列3気筒
シート高:830mm
車両重量:199kg

最先端テクノロジーと独特のスタイル

すでにティザー動画がネット上で公開され、トライアンフの最新にして最高のスポーツモデルとして世界中の多くのライダーから注目を集めていたニューモデル「スピードトリプル1200RR」。予告されていた通り、2021年9月14日20時(日本時間)についにその全貌が公開された。

画像1: トライアンフ「スピードトリプル1200RR」の特徴

モダンなスポーツバイク的なボディラインに、大径の丸型ヘッドライトを組み合わせたアッパーカウルが独特の存在感を発揮する「スピードトリプル1200RR」。低く構えたクリップオンハンドルなどで実現した一体感の高いポジション、各部に使用されているカーボン製パーツも合わせて、ベースとなった「スピードトリプル1200RS」とはイメージを大きく変えている。

画像2: トライアンフ「スピードトリプル1200RR」の特徴

最高出力180PS、最大トルク125Nmという圧倒的なパワーを発揮し、同時に理想的なスロットルレスポンスも実現してトライアンフ史上最高の性能を実現する排気量1160ccの水冷並列3気筒エンジンをはじめ、アルミ鋳造の軽量フレームなど、走りを支える基本的なメカニズムは「スピードトリプル1200RS」から受け継がれたもの。

画像3: トライアンフ「スピードトリプル1200RR」の特徴

しかし「スピードトリプル1200RR」には、最新仕様のオーリンズ製のスマートEC 2.0電子制御式セミアクティブサスペンションが与えられていて、スポーツライディングでの優れたパフォーマンスとコントロール性と同時に、快適な乗り心地までを実現。

加えて市販されているブレンボ製ブレーキシステムの中でも、レース用に開発されたハイグレードなStylemaラジアルマウントモノブロックキャリパーも採用。タイヤも強力なグリップ力を備えるピレリのディアブロ・スーパーコルサSP V3が標準装着されている。

画像4: トライアンフ「スピードトリプル1200RR」の特徴

電子制御デバイスも最新仕様にアップグレード。コーナリングABSとコーナリングトラクションコントロールも新採用され、最高のパフォーマンスを極限まで使い切れるように、絶妙な介入具合でライダーをサポート。

状況に合わせて簡単に切り替え可能な5種類(RAIN、ROAD、SPORT、TRACK、RIDER)のライディングモード、シフトアップとシフトダウンの両方に対応するシフトアシストや、フロントホイールリフトコントロールも装備。

画像5: トライアンフ「スピードトリプル1200RR」の特徴

加えて5インチのTFT液晶メーターを中核に、快適性・利便性を高める機能も満載。標準装備のMy Triumphコネクティビティシステムは、スマホとの連携だけでなく、ターンバイターンナビゲーションやGoProの操作も可能だ。

画像: 【公式動画】New Triumph Speed Triple 1200 RR – Global Reveal www.youtube.com

【公式動画】New Triumph Speed Triple 1200 RR – Global Reveal

www.youtube.com

トライアンフ「スピードトリプル1200RR」の価格・カラーバリエーション

「スピードトリプル1200RR」のボディカラーは「レッドホッパーストームグレー」と「クリスタルホワイトストームグレー」の2色をラインナップ。税込価格は228万5000円で、199万9000円の「スピードトリプル1200RS」より28万6000円プラスに設定されている。

画像: レッドホッパーストームグレー

レッドホッパーストームグレー

画像: クリスタルホワイトストームグレー

クリスタルホワイトストームグレー

【アンケート】 あなたはどちらのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: トライアンフ新型車「スピードトリプル1200RR」詳細発表! RS譲りのパフォーマンスに磨きをかけた、最高の走りのための一台
    レッドホッパーストームグレー
  • 画像2: トライアンフ新型車「スピードトリプル1200RR」詳細発表! RS譲りのパフォーマンスに磨きをかけた、最高の走りのための一台
    クリスタルホワイトストームグレー
  • 画像3: トライアンフ新型車「スピードトリプル1200RR」詳細発表! RS譲りのパフォーマンスに磨きをかけた、最高の走りのための一台
    レッドホッパーストームグレー
    52
    360
  • 画像4: トライアンフ新型車「スピードトリプル1200RR」詳細発表! RS譲りのパフォーマンスに磨きをかけた、最高の走りのための一台
    クリスタルホワイトストームグレー
    48
    338

投票ありがとうございました!

トライアンフ「スピードトリプル1200RR」の主なスペック

全長×全幅×全高NA×758×1120mm
ホイールベース1439mm
シート高830mm
車両重量199kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ並列3気筒
総排気量1160cc
ボア×ストローク90×60.8mm
圧縮比13.2
最高出力180PS/10750rpm
最大トルク125Nm/9000rpm
燃料タンク容量15L
変速機形式6速リターン
キャスター角23.9°
トレール104.7mm
タイヤサイズ(前・後)120/70ZR17・190/55ZR17
ブレーキ形式(前・後)φ320mmダブルディスク・φ255mmディスク
※スペックはヨーロッパ仕様

This article is a sponsored article by
''.