ヘンリービギンズから新たな防水バッグがリリースされました。防水アイテム好きの方も納得できるであろう構造・仕様になっています!
まとめ:西野鉄兵

バッグ開発に力を入れているヘンリービギンズの新作防水モデル

画像1: バッグ開発に力を入れているヘンリービギンズの新作防水モデル

近年、ツーリングバッグ製品を拡充しているヘンリービギンズは、日本の二輪総合用品メーカー・デイトナの自社ブランド。ヘンリービギンズのバッグ製品に総じていえることは、作りがしっかりとしていて、落ち着いたデザインを採用していることでしょう。

今回新たに発売された防水バッグは2種類。DH-748は、容量30Lのバックパックタイプ。もうひとつのDH-749は、容量60Lのシートバッグとなります。

画像: HenlyBegins 防水バックパック DH-748 容量:30L サイズ:Φ300×L450mm カラー:ブラック、グレー、レッド 税込価格:3,960円

HenlyBegins 防水バックパック DH-748

容量:30L
サイズ:Φ300×L450mm
カラー:ブラック、グレー、レッド
税込価格:3,960円

画像: HenlyBegins 防水シートバッグ DH-749 容量:60L サイズ:H350×W550×D330mm カラー:ブラック、グレー、レッド 税込価格:7,480円

HenlyBegins 防水シートバッグ DH-749

容量:60L
サイズ:H350×W550×D330mm
カラー:ブラック、グレー、レッド
税込価格:7,480円

どちらも素材はターポリンで、生地の合わせ部分にはシームレス熱圧着を採用。開閉はロールクロージャー式となっており、非常に高い防水性能を確保しています。

類似品は、アウトドア用品ブランドや、いまではAmazonなどでもノーブランド製品が多く出回っています。

ライダーが防水バッグを選ぶ際に気を付けたいのは、「本当に防水なのか?」ということだと思います。防滴や撥水と書かれた製品は、文字通り防水ではなく、雨の日に使うと中がびしょ濡れになってしまうことも……。

画像2: バッグ開発に力を入れているヘンリービギンズの新作防水モデル

その点、ヘンリービギンズのように二輪用の防水バッグとして、販売している製品は信頼が持てます。

バイクで使うことを考えると、容量・サイズも吟味しなくてはなりません。

ヘンリービギンズ 防水バックパック DH-748 の特徴

画像1: ヘンリービギンズ 防水バックパック DH-748 の特徴

バックパックタイプの「DH-748」は、容量30L・サイズΦ30×L45cm。大きすぎず・小さすぎず、荷物はたっぷりと入れられて、背負ってヘルメットをかぶったときに干渉しない、ちょうどいいサイズ感。

また、車載用の取付ベルトは付属していませんが、ストレッチコードやロックストラップなどがあれば、リアシートやキャリアに装着することも可能(別売りの固定ベルトも販売中)。

画像2: ヘンリービギンズ 防水バックパック DH-748 の特徴

このサイズ感は、バイクにも積みやすいものなので、さまざまな用途で使いやすそうです。容量30Lなら、日帰りはもちろん、ホテルに泊まる1~2泊程度のツーリングもこれひとつでこなせるはず。

画像3: ヘンリービギンズ 防水バックパック DH-748 の特徴

カラーバリエーションは3色となっています。

画像1: ▲ブラック

▲ブラック

画像1: ▲グレー

▲グレー

画像1: ▲レッド

▲レッド

【アンケート】 あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: お手頃価格の防水バッグパックとシートバッグがヘンリービギンズから登場! バイクで使うのにちょうどいいサイズ感と容量が魅力
    ブラック
  • 画像2: お手頃価格の防水バッグパックとシートバッグがヘンリービギンズから登場! バイクで使うのにちょうどいいサイズ感と容量が魅力
    グレー
  • 画像3: お手頃価格の防水バッグパックとシートバッグがヘンリービギンズから登場! バイクで使うのにちょうどいいサイズ感と容量が魅力
    レッド
  • 画像4: お手頃価格の防水バッグパックとシートバッグがヘンリービギンズから登場! バイクで使うのにちょうどいいサイズ感と容量が魅力
    ブラック
    34
    92
  • 画像5: お手頃価格の防水バッグパックとシートバッグがヘンリービギンズから登場! バイクで使うのにちょうどいいサイズ感と容量が魅力
    グレー
    36
    98
  • 画像6: お手頃価格の防水バッグパックとシートバッグがヘンリービギンズから登場! バイクで使うのにちょうどいいサイズ感と容量が魅力
    レッド
    29
    79

投票ありがとうございました!

ヘンリービギンズ 防水シートバッグ DH-749 の特徴

シートバッグ「DH-749」のサイズ感も絶妙なものだと思いました。容量60L・サイズはH35×W55×D33cm。主にロングツーリングやキャンプツーリング用となるでしょう。

画像1: ヘンリービギンズ 防水シートバッグ DH-749 の特徴

多くのバイクのリアシートに積載しやすい形状で、こちらには車載用の取付ベルトも付属。容量60Lなら、一般的なバイクキャンプの装備ならすべて入るでしょう。

少し足りないという方は、防水バッグパックとの組み合わせも可能です。

画像2: ヘンリービギンズ 防水シートバッグ DH-749 の特徴

この手のロールクロージャー式バッグは、開け閉めが面倒に思うこともありますが、長旅では高い防水性能にありがたみを感じます。また60Lの方は、ツーリングに限らず、バイクで何か大きなものを運びたいときにも役立つでしょう。

シンプルな構造ゆえに、価格もお手頃で、壊れる心配も少ないというのも魅力。ひとつ持っていると重宝するはずです。

カラーバリエーションはこちらも3色設定となっています。

画像2: ▲ブラック

▲ブラック

画像2: ▲グレー

▲グレー

画像2: ▲レッド

▲レッド

【アンケート】 あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像11: お手頃価格の防水バッグパックとシートバッグがヘンリービギンズから登場! バイクで使うのにちょうどいいサイズ感と容量が魅力
    ブラック
  • 画像12: お手頃価格の防水バッグパックとシートバッグがヘンリービギンズから登場! バイクで使うのにちょうどいいサイズ感と容量が魅力
    グレー
  • 画像13: お手頃価格の防水バッグパックとシートバッグがヘンリービギンズから登場! バイクで使うのにちょうどいいサイズ感と容量が魅力
    レッド
  • 画像14: お手頃価格の防水バッグパックとシートバッグがヘンリービギンズから登場! バイクで使うのにちょうどいいサイズ感と容量が魅力
    ブラック
    30
    51
  • 画像15: お手頃価格の防水バッグパックとシートバッグがヘンリービギンズから登場! バイクで使うのにちょうどいいサイズ感と容量が魅力
    グレー
    42
    71
  • 画像16: お手頃価格の防水バッグパックとシートバッグがヘンリービギンズから登場! バイクで使うのにちょうどいいサイズ感と容量が魅力
    レッド
    28
    47

投票ありがとうございました!

まとめ:西野鉄兵

This article is a sponsored article by
''.