タイでは新型の「モンキー125」が発表されたが、時を同じくして新しい「スーパーカブC125」も発表されている。この新型の従来モデルからの最大の変更点は、新型「モンキー125」と同じく、やはりエンジンだった。

ホンダ新型「スーパーカブC125」(タイ仕様)の特徴

画像1: ホンダ新型「スーパーカブC125」(タイ仕様)の特徴

スーパーカブらしさや美しいスタイルはそのまま

デビュー以来「スーパーカブC125」は、従来型の「モンキー125」と同系列である、ボア52.4×ストローク57.9mmの124cc空冷単気筒エンジンを搭載していた。

ところが新型「スーパーカブC125」では新型「モンキー125」と同様の、新型「グロム」と同じボア50×ストローク63.1mmというロングストロークを採用した新しい124ccエンジンが搭載されている。圧縮比なども新型「グロム」と同様であることから見て、タイでは発表されない最高出力などのパワースペックも近似しているだろう。

しかしスポーティモデルである新型「グロム」や新型「モンキー125」がマニュアル5速ミッションなのに対し、実用性も求められるシティコミュータ的な性格である新型「スーパーカブC125」では、ミッションは従来モデルと同じ4速のまま。

もちろんスーパーカブらしく、変速ペダル操作のみでシフト操作できる、快適で扱いやすい自動遠心クラッチや、停止時のみロータリー式となる機構も引き続き採用されている。

画像2: ホンダ新型「スーパーカブC125」(タイ仕様)の特徴
画像3: ホンダ新型「スーパーカブC125」(タイ仕様)の特徴

エンジン以外の車体周りのメカニズムは、基本的に従来モデルの構成が引き継がれている。国内で販売されている従来モデルの「スーパーカブC125」と比較すると、車体各部のディメンションはほぼ変わらない。大きな差があったのは最低地上高のみだが、これはエンジンの変更や、それにともなうマフラーの形状の違いによるものだろう。

初代スーパーカブC100をオマージュした、伝統的なレトロテイストと現代的なディテールを融合させた美しいスタイリングもそのまま。ただし、これまではオプションだったリアキャリア上のタンデムシートが標準装備となった。

ホンダ新型「スーパーカブC125」(タイ仕様)のカラーバリエーション

ボディカラーには「オリジナルブルー」「エッセンスグレー」という、従来モデルでも設定されていたオーソドックスなものに加え、新たに「ジェントルブラック」を設定。これは従来モデルに存在したソリッドなブラックとは異なり、レッグシールドやホイールまで全身をブラックアウトし、マット仕上げのダークグレーに近い色味を採用してモダンでクールな雰囲気に仕上げられている。

新型「モンキー125」と同じく、現時点では日本向けには導入されていない新型「スーパーカブC125」。果たして日本にやってくるのはいつなのだろうか? 

画像: スーパーカブC125(タイ仕様)/ オリジナルブルー

スーパーカブC125(タイ仕様)/ オリジナルブルー

画像: スーパーカブC125(タイ仕様)/ エッセンスグレー

スーパーカブC125(タイ仕様)/ エッセンスグレー

画像: スーパーカブC125(タイ仕様)/ ジェントルブラック

スーパーカブC125(タイ仕様)/ ジェントルブラック

【アンケート】 あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: ホンダ新型「スーパーカブC125」がタイで登場! 新たにロングストロークな124ccエンジンを搭載【2021速報】
    オリジナルブルー
  • 画像2: ホンダ新型「スーパーカブC125」がタイで登場! 新たにロングストロークな124ccエンジンを搭載【2021速報】
    エッセンスグレー
  • 画像3: ホンダ新型「スーパーカブC125」がタイで登場! 新たにロングストロークな124ccエンジンを搭載【2021速報】
    ジェントルブラック
  • 画像4: ホンダ新型「スーパーカブC125」がタイで登場! 新たにロングストロークな124ccエンジンを搭載【2021速報】
    オリジナルブルー
    12
    372
  • 画像5: ホンダ新型「スーパーカブC125」がタイで登場! 新たにロングストロークな124ccエンジンを搭載【2021速報】
    エッセンスグレー
    33
    1014
  • 画像6: ホンダ新型「スーパーカブC125」がタイで登場! 新たにロングストロークな124ccエンジンを搭載【2021速報】
    ジェントルブラック
    55
    1668

投票ありがとうございました!

ホンダ新型「スーパーカブC125」(タイ仕様)の特徴の主なスペック

全長×全幅×全高1910×718×1002mm
ホイールベース1247mm
シート高780mm
車両重量109kg
エンジン形式空冷4ストOHC2バルブ単気筒
総排気量123.94cc
ボア×ストローク50×63.1mm
圧縮比10.0
燃料タンク容量3.7L
変速機形式4速リターン
タイヤサイズ(前・後)70/90-17・80/90-17
ブレーキ形式(前・後)ディスク・ドラム

まとめ:小松信夫

This article is a sponsored article by
''.