2021年4月8日、ヤマハ発動機が「トリシティ125」「トリシティ125ABS」の2021年モデルを発売しました。

ヤマハ「トリシティ125」2021年モデル 車両概要

ヤマハのトリシティ125は、フロント2輪を採用する原付二種コミューターとして2014年にデビュー。独創的なスタイリングや、フロント2輪ならではの安定感が話題となり、発売以来着実に支持者を増やしてきました。

2018年にはモデルチェンジを行ない、エンジンから外観にいたるまで大幅なアップデートを受けています。

画像: YAMAHA TRICITY 125 総排気量:124cc エンジン形式:水冷4ストSOHC4バルブ単気筒 シート高:765mm 車両重量:159kg(ABS仕様車は164kg) 2021年モデルの発売日:2021年4月8日 メーカー希望小売価格:税込42万3500円(ABS仕様車は46万2000円)

YAMAHA TRICITY 125

総排気量:124cc
エンジン形式:水冷4ストSOHC4バルブ単気筒
シート高:765mm
車両重量:159kg(ABS仕様車は164kg)

2021年モデルの発売日:2021年4月8日
メーカー希望小売価格:税込42万3500円(ABS仕様車は46万2000円)

2021年3月3日に発表された2021年モデルでの変更点は、カラーバリエーション。新色として「イエロー」が加わりました。

「マットグレー」「ホワイト」は継続して販売され、カラーラインナップは計3色となります。

価格は税込42万3500円(ABS仕様車は46万2000円)。新色イエローは2021年4月8日に発売されました。

ヤマハ「トリシティ125」2021年モデル カラーバリエーション

新色 ライトリーフグリーンソリッド6(イエロー)

ホワイトメタリック6(ホワイト)

マットグレーメタリック3(マットグレー)

【アンケート】 あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像14: ヤマハが原付二種「トリシティ125」の2021年モデルを発売! 鮮明な新色〈イエロー〉が登場
    新色イエロー
  • 画像15: ヤマハが原付二種「トリシティ125」の2021年モデルを発売! 鮮明な新色〈イエロー〉が登場
    ホワイト
  • 画像16: ヤマハが原付二種「トリシティ125」の2021年モデルを発売! 鮮明な新色〈イエロー〉が登場
    マットグレー
  • 画像17: ヤマハが原付二種「トリシティ125」の2021年モデルを発売! 鮮明な新色〈イエロー〉が登場
    新色イエロー
    58
    767
  • 画像18: ヤマハが原付二種「トリシティ125」の2021年モデルを発売! 鮮明な新色〈イエロー〉が登場
    ホワイト
    19
    252
  • 画像19: ヤマハが原付二種「トリシティ125」の2021年モデルを発売! 鮮明な新色〈イエロー〉が登場
    マットグレー
    22
    294

投票ありがとうございました!

画像: ヤマハ「トリシティ125」公式映像 ※ムービー内の車両カラーは現行モデルのカラーリングではありません www.youtube.com

ヤマハ「トリシティ125」公式映像
※ムービー内の車両カラーは現行モデルのカラーリングではありません

www.youtube.com

ヤマハ「トリシティ125」2021年モデル 主なスペック・価格

※《 》内はABS仕様車

全長×全幅×全高1980×750×1210mm
ホイールベース1350mm
最低地上高165mm
シート高765mm
車両重量159kg《164kg》
エンジン形式水冷4ストSOHC4バルブ単気筒
総排気量124cc
ボア×ストローク52.0×58.7mm
圧縮比11.2
最高出力9.0kW(12PS)/7500rpm
最大トルク12N・m(1.2kgf・m)/7250rpm
燃料タンク容量7.2L(レギュラーガソリン)
変速機形式Vベルト式無段変速
キャスター角20゜
トレール量67mm
タイヤサイズ(前・後)90/80-14M/C 43P(チューブレス)・130/70-13M/C 57P(チューブレス)
ブレーキ形式(前・後)シングルディスク・シングルディスク
メーカー希望小売価格42万3500円(税込)《46万2000円(税込)》

まとめ:西野鉄兵

This article is a sponsored article by
''.