via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)

特集:このバイクに乗りたい2020

1.70's王道ナナハンの個性を堪能する ── CB750FOUR、750RS、750SS

2.BREAK FREE「常識」を見直す時が来た ── X4、VMAX

3.空冷直4・400アナザーワールド ── XJ400D

「一度は乗って体験してみたい」「オーナーになりたい!」と思うバイクって、必ずありますよね。

絶対的な人気を誇るモデル、普段はあまり注目されないモデル、少し異端的に捉えられたモデル……

いろいろタイプはありますが、当人が欲したものに乗る機会があるのが、何よりベストなのでしょう。

実際に触れてみると、自分の想像以上に新たな発見があって、面白いです。貴方にもそう思うモデルが、ありますよね。

画像1: 3.空冷直4・400アナザーワールド ── XJ400D
画像2: 3.空冷直4・400アナザーワールド ── XJ400D
画像3: 3.空冷直4・400アナザーワールド ── XJ400D
画像4: 3.空冷直4・400アナザーワールド ── XJ400D

市川 仁が絶版車を斬る TDM850

国内外のあらゆる絶版車を、国際A級ライダー市川 仁がサーキットにてインプレッション。

今回は、ヤマハのTDM850です。アップライトなポジションでエンジンはツイン、荷物の積載能力も高いという、現在人気のアドベンチャーモデルに通じる魅力を持ったモデルでした。

エンジンはロードスポーツのTRX850がベースとなりますが、実はTDM850のエンジンは、型式によってクランクの位相が異なっています。そのテイストも含め、紹介していますよ!

画像: 市川 仁が絶版車を斬る  TDM850

THE〝FACTORY STOCK〟1975 CB400FOUR

人気絶版車のオリジナル度の高い車両を紹介する「ファクトリーストック」。今回は誰もが「名車」と認めるに違いない、ホンダCB400FOURです。CB350FOURに次いで登場したこのモデルは、その斬新なカフェレーサースタイルも相まって絶大な人気となりました。

排気量は当初408cc。が、自動二輪免許の中型限定制度の導入を受け、急遽398ccに変更。この対応も関係した「コスト高」の影響で、生産中止となった悲劇の名車でもありました。その一方、CB400FOURは408ccのまま輸出車として海外でも販売されたのを、ご存じでしょうか。

総生産台数の内、輸出仕様の割合の方が圧倒的に多いのです。今回の車両は北米仕様。フルオリジナルで、細部を見ると日本国内仕様とは異なる部分があります。日本の絶版車市場では、輸出仕様の方が在庫数が多いケースが増えています。その違いを、じっくり見てみて下さいね。

画像: THE〝FACTORY STOCK〟1975 CB400FOUR

マニアックバイクコレクション

毎回ウイットに富んだ語り口で数々ある名車(迷車?)のツボを紹介する名物コーナー。

エンジンのタイプによる呼び方って、いろいろありますよね。今回は「バーチカルツイン」について考察。バーチカルというと「垂直な」という意味がありますが、実際直列ツインエンジンのモデルには、シリンダーが少し前傾しているものが多く、バーチカルと呼んで良いものか…。

そこで! そんな悩めるツインエンジンモデルを集めてみました。

画像1: マニアックバイクコレクション
画像2: マニアックバイクコレクション
画像3: マニアックバイクコレクション

「雨は これから」東本昌平 第59話「口笛の滑走路」

達観しているつもりなんて、ない。

まだ半ばでしかないのだから……という思いを、俺の身体が支配する。

画像: 「雨は これから」東本昌平 第59話「口笛の滑走路」

■ミスター・バイクBG 10月号絶賛発売中です。

画像: ■ミスター・バイクBG 10月号絶賛発売中です。

オンライン書店での購入はこちら

◆Amazonで購入

◆楽天ブックスで購入

◆セブンネットショッピングで購入

<定期購読>

『Mr.Bike BG』  毎月14日発売 定価600円(税込)
■下記のプランからお選びいただけます
月額払い:毎号価格
1年講読:7,200円 プラス1号贈呈

『Mr.Bike BG』定期購読のお申し込みはこちら

WEB Mr.BIKE 公式サイト

関連記事

This article is a sponsored article by
''.