特集:昂ぶるRZ250

稀代の名車に今、改めて注目する

RZ250 Full Original
RZ250 Custom
Parts,Shop,Story,Archive
and More!

その後に起こった空前のオートバイブーム、そしてレーサーレプリカ誕生のきっかけ、ビッグバンはRZからでした。完調でスタンダードに近いRZを走らせ、その実力を感じて、あらためて名車といわれる理由を体感。

そしてRZといえば特にカスタム欲が掻き立てられるモデル。その最先端の2台の乗り味はやいかに!

画像1: 特集: 昂ぶるRZ250
画像2: 特集: 昂ぶるRZ250
画像3: 特集: 昂ぶるRZ250
画像4: 特集: 昂ぶるRZ250
画像5: 特集: 昂ぶるRZ250
画像6: 特集: 昂ぶるRZ250

特別付録:絶版道 Z only カレンダー

カワサキ“Z”の系譜を辿るバイクを月ごとに掲載した、2020年7月から12月までのカレンダー付き。

画像: 特別付録: 絶版道 Z only カレンダー

市川 仁が絶版車を斬る GSX-R1100

国内外のあらゆる絶版車を、国際A級ライダー市川 仁がサーキットにてインプレッション。今回は、絶大な人気を誇るGSX-R1100。

極太のアルミ角パイプフレーム&油冷エンジン、丸目2灯式のフロントマスク…。強烈な存在感を放ちます。

その初期型最終形態が、今回の1988年式。どう変わっていったか、その魅力は何か。サーキットで攻めて実証します。

画像: 市川 仁が絶版車を斬る GSX-R1100

THE〝FACTORY STOCK〟1979 RD400F Daytona Special 1A1

人気絶版車のオリジナル度の高い車両を紹介する「ファクトリーストック」。RZ250は突然誕生したのではありません。脈々と流れる「ヤマハ2ストパラツインの血統」の結果なのです。

その空冷時代の最後を担ったのが、RZの一つ前のモデル・RD250/400。中でも最終型RD400の姿は、RZをイメージさせるに充分なものを持っています。このモデルはレアな輸出専用デイトナスペシャル。

白いボディに入る赤青のラインに、ヤマハの意気込みを感じさせます。時代を感じさせるメカニズムが多数!

画像: THE〝FACTORY STOCK〟 1979 RD400F Daytona Special 1A1

マニアックバイクコレクション

毎回ウイットに富んだ語り口で数々ある名車(迷車?)のツボを紹介する名物コーナー。

「各モデルシリーズの明確なコンセプトを知るには、やはり初期型」と言われますが、後期型モデルが生まれたのにもそれぞれに理由があって、魅力もあるはず。

レア? 忘れた? いえいえ思い出すでしょ!

画像1: マニアックバイクコレクション
画像2: マニアックバイクコレクション
画像3: マニアックバイクコレクション

「雨は これから」東本昌平 第57話「知るは走り 手練遥かヨ」

陽はまた昇る。自分は変わったのか、変わらないのか。

世の中が変わったのか……。

すぐに答えを知ろうとは、思わない。

画像: 「雨は これから」東本昌平 第57話「知るは走り 手練遥かヨ」

■ミスター・バイクBG 8月号絶賛発売中です

画像: ■ミスター・バイクBG 8月号絶賛発売中です

オンライン書店での購入はこちら

◆Amazonで購入

◆楽天ブックスで購入

◆セブンネットショッピングで購入

<定期購読>

『Mr.Bike BG』  毎月14日発売 定価600円(税込)
■下記のプランからお選びいただけます
月額払い:毎号価格
1年講読:7,200円 プラス1号贈呈

『Mr.Bike BG』定期購読のお申し込みはこちら

WEB Mr.BIKE 公式サイト

関連記事

This article is a sponsored article by
''.