BGプレゼンツ。今、体感してほしい絶版車

特集:狙い時

バイクは機械である以上、一度生まれれば本質的な部分は変わりません。が、バイクを取り巻く状況は時代とともに変わります。出続けるニューモデルに対する、絶版車の存在・評価がまさにそれ。

「あの時のバイクを今乗ると、思いが変わった」「やっぱりいいバイク」。

ライダーの感性は人それぞれですが、BGの面子が思ったそんなオススメのバイクの一部を、独断でご紹介します。

画像1: BGプレゼンツ。今、体感してほしい絶版車
画像2: BGプレゼンツ。今、体感してほしい絶版車
画像3: BGプレゼンツ。今、体感してほしい絶版車
画像4: BGプレゼンツ。今、体感してほしい絶版車
画像5: BGプレゼンツ。今、体感してほしい絶版車

特集:絶版★改 2020

カスタムとは、自分が理想とする姿、走りにより近づけること成り!保安基準や安全性、常識を考慮しつつ、基本的にそこにあるのは自由な発想です。

パーソナルな乗り物であるバイクにカスタムは欠かせませんね! 年に一度の恒例となりました、絶版車カスタム特集です!

第一弾は、昨年行われたイベント「ワールドモト」出展のプライベートカスタムから。

画像6: BGプレゼンツ。今、体感してほしい絶版車

THE〝FACTORY STOCK〟1981 RZ350

人気絶版車のオリジナル度の高い車両を紹介する「ファクトリーストック」。今回は「エポックメーキングな2スト車」として必ず名前が挙がる、ヤマハRZ。しかも350です。

常勝市販レーサーTZ250の技術をふんだんに盛り込んで衝撃のデビューを飾ったRZ250。その兄弟車として、RZ350は「通好みの1台」として走り屋を中心に大人気となりました。

RZはカスタムされるケースが大変多いモデルですが、今回はフルオリジナル。しかもオプションパーツ装着車ですので、一見の価値おおいにあり!

画像: THE〝FACTORY STOCK〟1981 RZ350

市川 仁が絶版車を斬る HONDA CBX650Custom

国内外のあらゆる絶版車を、国際A級ライダー市川 仁がサーキットにてインプレッション。今回は1980年代初頭の空冷4気筒モデルです。

直列4気筒エンジンモデルといえは、日本メーカーのお家芸といえる存在。スポーツモデルが登場した後、さらにジャンルを広げました。

今回のモデルはラグジュアリースポーツ。アメリカンともツアラーとも違い、独特な雰囲気を放つこのモデルの走行性能を検証しました。ルックスもとても個性的ですよ!

画像: 市川 仁が絶版車を斬る  HONDA CBX650Custom

マニアックバイクコレクション

毎回ウイットに富んだ語り口で数々ある名車(迷車?)のツボを紹介する名物コーナー。今回は特集と連動した!?「余命1年を宣告されたら乗っておきたい」バイクカタログです。

「あなたは~年までしかバイクに乗れません!」なんてことになったら、どうします? やっぱり必ず乗っておきたいバイクって、ありますよね。

画像1: マニアックバイクコレクション
画像2: マニアックバイクコレクション
画像3: マニアックバイクコレクション
画像4: マニアックバイクコレクション

「雨は これから」東本昌平 第51話「三っ丘をこえて」

生まれも育ちも違う者同士が出会い、時として別れる。

生身の人間は、全て綺麗さっぱりとリセット…というわけにはいかないようだ。

時が解決してくれるのかは、分かりようがない。

画像: 「雨は これから」東本昌平 第51話「三っ丘をこえて」

ミスター・バイクBG 2020年2月号

画像: ミスター・バイクBG 2020年2月号

ミスター・バイクBGの定期購読申込みはコチラから!

WEB Mr.BIKE 公式サイト

関連記事

青春の2Q(2ストローク・クォーター)

This article is a sponsored article by
''.