特集:躍動するカワサキ

さらに輝きを放つ、カワサキブランドの真髄を探る

バイクメーカーにはそれぞれに「個性」があります。

その中で特に2019年、特に様々な話題を提供してくれたのがカワサキ。

Z1/Z2のシリンダーヘッド再生産の発表、鈴鹿8耐での劇的な勝利。

東京モーターショーでは直列4気筒250ccモデル、スーパーチャージャー仕様の新Zシリーズフラッグシップ、フロント19インチホイールのバーチカルツインが登場。

2020年はどうなるのか、楽しみでワクワクするのが今のカワサキなのです。

なぜなのか、どんな考えで至ったのか。掘り下げながらその姿勢について直接聞くと共に、現行ベストセラーマシン、BGが特にお勧めする絶版モデルもインプレション。

「もの創り」を大切にする川崎重工業の、あの名機もクローズアップしてご紹介します。

画像1: 特集:躍動するカワサキ
画像2: 特集:躍動するカワサキ

特集:愛の絶版車2&4生活 6Wheel Life Special

今回のBGは特集2本立て。後半は恒例となりました「バイクとクルマを共に愛する男達」の特別編です。

タイヤが2個、4個付いた「乗り物」への付き合い方は、オーナーそれぞれに物語りあり。

いいね! と思えるモーターライフがそこにはあります。

今回は7組のバイク&クルマが登場。読み終えた後は…「さあ俺も」という気持ちになるかも。

画像: 特集:愛の絶版車2&4生活 6Wheel Life Special

THE〝FACTORY STOCK〟1979 KAWASAKI Z1300

人気絶版車のオリジナル度の高い車両を紹介する「ファクトリーストック」。

振り返ってみると「あのバイクは時代が変わる頃に登場したのだな」と思えるモデルがいくつかあります。

空冷エンジンがほとんどを占めていた1970年代末、Z1300は水冷、しかも直列6気筒というレイアウトのエンジンを搭載して登場しました。カワサキは何を託したのか。

車両の詳細を見ると…驚きと感心の連続!

画像: THE〝FACTORY STOCK〟1979 KAWASAKI Z1300

市川 仁が絶版車を斬る HONDA CBR954RR

国内外のあらゆる絶版車を、国際A級ライダー市川 仁がサーキットにてインプレッション。

今回は2000年代に入って登場したスーパースポーツモデルです。現代スポーツモデルのトップカテゴリーとなっているリッターSS。その源泉は、1990年代に登場したホンダのCBR900RRでした。やがてライバルの登場により、CBRはスープアップ。

現在でも「これに乗りたい」と選ぶ人が多い954RRの魅力な何なのか。サーキットを走って検証します。

画像: 市川 仁が絶版車を斬る  HONDA CBR954RR

マニアックバイクコレクション

毎回ウイットに富んだ語り口で数々ある名車(迷車?)のツボを紹介する名物コーナー。

今回のテーマはどストレートに行きます。担当ハマヤが、素直に「今これに乗りたい!」というバイクがズラリ登場。皆さんも必ず乗ってみたいモデルがありますよね。

2020年以降の計画を立ててみるのも、いかがでしょうか。

画像: マニアックバイクコレクション

「雨は これから」東本昌平 第50話「恋はシャバダバ」

道理の全てを知ってしまったら…そんな「悟り」を得られるほど、自分は成熟していないし、それでいいと思う。

分からないから求める、走り続ける。

今日が終われば、明日が来る。

画像1: 「雨は これから」東本昌平 第50話「恋はシャバダバ」

ミスター・バイクBG 2020年1月号

画像2: 「雨は これから」東本昌平 第50話「恋はシャバダバ」

ミスター・バイクBGの定期購読申込みはコチラから!

WEB Mr.BIKE 公式サイト

関連記事

This article is a sponsored article by
''.