伊藤真一さんにホンダのオートバイを思う存分乗り尽くしてもらい、新しい魅力を発見するロングラン研究所。2019年に印象に残ったというバイクを一台ずつ紹介していきます!

Honda スーパーカブC125・スーパーカブ110
C125は質感が高くてスポーツバイク的な走り!

スーパーカブC125

スーパーカブといえばフロントサスペンションはボトムリンクでしたが、自分はテレスコピックフォークに慣れ親しんでいるので、やっぱり今のスーパーカブのフロントフォークのほうが乗っていてしっくりとします。

C125のエンジンはパワー感があって、スピードの乗りが良いことです。トルク感も十分にあって、スポーツバイク的だなぁと感じました。峠道を走ったときは、エンジンのスポーティさもあって、C125ではスポーツバイクみたいな走りを楽しめましたね。

画像: 右:スーパーカブC125/左:スーパーカブ110

右:スーパーカブC125/左:スーパーカブ110

スーパーカブ110は、従来どおりのスーパーカブというのが乗ってみての印象でした。110で特に感心したのは、遠心クラッチのチューニングですね。

C125よりも110の方が、チェンジペダルを踏んだときにヌルっと入る感じで、「ガッチャンコ」感がないですね。

画像: 外側がアナログ表示、内側がデジタル表示という、視認性に優れるスーパーカブC125のメーター。外枠はクロームメッキで、高級感を巧みに演出。スマートキーにはオールドタイプのウイングマーク付き。

外側がアナログ表示、内側がデジタル表示という、視認性に優れるスーパーカブC125のメーター。外枠はクロームメッキで、高級感を巧みに演出。スマートキーにはオールドタイプのウイングマーク付き。

画像: シート下に燃料タンクを備えるのは、初代スーパーカブから受け継がれる伝統。「単純にシートが持ち上がるのではなく、ちゃんとスイッチを操作して開閉する機構になっているんですね。とても凝った作りに感心しました」。

シート下に燃料タンクを備えるのは、初代スーパーカブから受け継がれる伝統。「単純にシートが持ち上がるのではなく、ちゃんとスイッチを操作して開閉する機構になっているんですね。とても凝った作りに感心しました」。

撮影:松川 忍/まとめ:宮崎健太郎

ホンダ スーパーカブC125の主なスペックと価格

画像: ホンダ スーパーカブC125の主なスペックと価格

全長×全幅×全高:1915×720×1000㎜
ホイールベース:1245㎜
シート高:780㎜
車両重量:110㎏
エンジン形式: 空冷4ストロークOHC単気筒
総排気量:124㏄
ボア×ストローク:52.4 × 57.9㎜
圧縮比:9.3
最高出力:9.7PS/7500rpm
最大トルク:1.0㎏-m/5000rpm
燃料タンク容量: 3.7L
タイヤサイズ:70/90-17・80/90-17
ブレーキ形式:ディスク・ドラム
メーカー希望小売価格(消費税10%込):40万7000円

ホンダ 公式サイト

ホンダ スーパーカブ110の主なスペックと価格

画像: ホンダ スーパーカブ110の主なスペックと価格

全長×全幅×全高:1860×695×1040㎜
ホイールベース:1205㎜
シート高:735㎜
車両重量:99㎏
エンジン形式: 空冷4ストロークOHC単気筒
総排気量:109㏄
ボア×ストローク:50.0 × 55.6㎜
圧縮比:9.0
最高出力:8.0PS/7500rpm
最大トルク:0.87㎏-m/5000rpm
燃料タンク容量: 4.3L
タイヤサイズ:70/90-17・80/90-17
ブレーキ形式:ドラム・ドラム
メーカー希望小売価格(消費税10%込):28万500円

ホンダ 公式サイト

伊藤真一さんのフル・インプレション記事は、こちらです!

おすすめ関連記事

月刊『オートバイ』では毎号、伊藤真一さんの「ロングラン研究所」をお楽しみいただけます

オートバイ 2019年12月号 [雑誌]

モーターマガジン社 (2019-11-01)

This article is a sponsored article by
''.