スズキGSX250Rとともに葉月美優さんがバイクライフを楽しむ当企画、今回はかねてから行きたいと言っていた東北へ向かいます! 新しくなったGSX250Rの情報や、温泉宿情報もお見逃しなく!
画像1: いざ東北! 温泉お泊まりロングツーリング! 前編「磐梯吾妻スカイラインを走る!」【連載第19回】もっと上手くなりたい! 葉月美優のGSX250R RIDING DIARY

GSX250Rのグラフィックが変わりました! あなたはどちらが好きですか?

見てください!!なんと!!今回、相棒のGSX250Rのカラーリングが新しくなりました(*´꒳`*ノノ゙パチパチ

画像: 2019年7月26日に発売された、GSX250R トリトンブルーメタリックNo.2(QHV)のニューカラー。

2019年7月26日に発売された、GSX250R トリトンブルーメタリックNo.2(QHV)のニューカラー。

画像: こちらがこれまでの相棒だったGSX250R トリトンブルーメタリックNo.2(QHV)です。

こちらがこれまでの相棒だったGSX250R トリトンブルーメタリックNo.2(QHV)です。

ラインの位置と太さが変わり、力強さが増したデザインになった気がします!

スペックや価格は変わっていません。

みなさんどちらがお好みですか??

私はどちらのカラーリングも好きです♡

スズキ GSX250Rの主なスペックと価格
 
全長×全幅×全高:2,085×740×1,110㎜
ホイールベース:1,430㎜
最低地上高:160㎜
シート高:790㎜
車両重量:178㎏
エンジン形式:水冷4ストSOHC2バルブ並列2気筒
総排気量:248㏄
ボア×ストローク:53.5×55.2㎜
圧縮比:11.5
最高出力:18kW(24PS)/8,000rpm
最大トルク:22N・m(2.2kgf・m)/6,500rpm
燃料タンク容量:15L
変速機形式:6速リターン
減速比(1次/2次):3.238/3.285
キャスター角:25.35
トレール量:104㎜
タイヤサイズ(前・後):110/80-17M/C 57H・140/70-17M/C 66H
ブレーキ形式(前・後):シングルディスク・シングルディスク
メーカー希望小売価格(税込):52万7,040円/トリトンブルーメタリックNo.2は53万8,920円

〈アンケート!〉あなたは新旧どちらのGSX250R(トリトンブルーメタリックNo.2)がお好きですか?

画像2: いざ東北! 温泉お泊まりロングツーリング! 前編「磐梯吾妻スカイラインを走る!」【連載第19回】もっと上手くなりたい! 葉月美優のGSX250R RIDING DIARY
  • 画像3: いざ東北! 温泉お泊まりロングツーリング! 前編「磐梯吾妻スカイラインを走る!」【連載第19回】もっと上手くなりたい! 葉月美優のGSX250R RIDING DIARY
    2019年の新しいトリトンブルーメタリックNo.2
  • 画像4: いざ東北! 温泉お泊まりロングツーリング! 前編「磐梯吾妻スカイラインを走る!」【連載第19回】もっと上手くなりたい! 葉月美優のGSX250R RIDING DIARY
    従来のトリトンブルーメタリックNo.2
  • 画像5: いざ東北! 温泉お泊まりロングツーリング! 前編「磐梯吾妻スカイラインを走る!」【連載第19回】もっと上手くなりたい! 葉月美優のGSX250R RIDING DIARY
    2019年の新しいトリトンブルーメタリックNo.2
    51
    129
  • 画像6: いざ東北! 温泉お泊まりロングツーリング! 前編「磐梯吾妻スカイラインを走る!」【連載第19回】もっと上手くなりたい! 葉月美優のGSX250R RIDING DIARY
    従来のトリトンブルーメタリックNo.2
    49
    126

ご回答ありがとうございました!

いざ東北へ! 名道と呼ばれる磐梯吾妻スカイラインを初めて走ります!!

暑い! 梅雨もすっかり明けてもう夏! 溶けそうなくらい暑いけど、しっかりツーリングには行きたい!!

ということで、今回は初めての東北へ!!

画像1: いざ東北へ! 名道と呼ばれる磐梯吾妻スカイラインを初めて走ります!!

ツーリングロードとしては有名な磐梯吾妻スカイラインを走りに!

磐梯吾妻スカイラインを登っていくと不動沢橋という橋があります。

この橋も人気スポットのひとつ*.+゚

画像2: いざ東北へ! 名道と呼ばれる磐梯吾妻スカイラインを初めて走ります!!

橋に入ると両端の山が一気になくなって目の高さの風景が空に変わり、急に空の上を走っているような気分になります♫

画像3: いざ東北へ! 名道と呼ばれる磐梯吾妻スカイラインを初めて走ります!!
画像4: いざ東北へ! 名道と呼ばれる磐梯吾妻スカイラインを初めて走ります!!

橋を超えてしばらく走っていると、けっこう頻繁に標高〇〇mと地面に表示されていました。

私は普段はなかなか標高とか気にして走りません。

でもここは地面に「1300m」「1400m」と書かれていて、「お、100m上がった!下がった」と思いながら走っていました!

走りながら、今は標高何メートルくらいにいるってわかると面白いですよね✧*。

止まっているのと走りながらでは、また違う面白さがある気がします!

画像: 不動沢橋の先にあった展望スポットは、標高1340mでした。残念ながら真っ白で「天狗の庭」が何なのかは分かりませんでした。

不動沢橋の先にあった展望スポットは、標高1340mでした。残念ながら真っ白で「天狗の庭」が何なのかは分かりませんでした。

上がったり下がったりしながら走っていくと、だんだん周りの山が白っぽくなってきて岩がちらほら見えてきて、開けた景色に!

ここは活火山だからガスが出ています。

画像5: いざ東北へ! 名道と呼ばれる磐梯吾妻スカイラインを初めて走ります!!

だからよく通行止めになるらしく、つい最近までも通行止めで走れなかったみたいなのですが、今回私はラッキーだったみたいで通ることができました♫

ガスが出て危険なので、途中で止まってはいけないみたい。

画像6: いざ東北へ! 名道と呼ばれる磐梯吾妻スカイラインを初めて走ります!!

木々の中のワインディングとは違い、ワイルドな景色の中を走るのはまた気分が違ってきますね(๑•̀ㅁ•́๑)✧

GSX250Rもさらにワイルドになったような気分!

画像7: いざ東北へ! 名道と呼ばれる磐梯吾妻スカイラインを初めて走ります!!
画像8: いざ東北へ! 名道と呼ばれる磐梯吾妻スカイラインを初めて走ります!!

1500m表示を超えて山をうねうね上がっていくと走ってきた道が見えます。

上から見るとけっこう広いんですね〜。白と緑と茶色が広がっています*.+゚

この辺りは、ライダーと一番多くすれ違いました♫

画像9: いざ東北へ! 名道と呼ばれる磐梯吾妻スカイラインを初めて走ります!!

そして、ほとんどのライダーがすれ違うときに手を振ってくれて、嬉しさのあまりまたニヤニヤしながら走っていました(*´罒`*)

上まで行くとパーキングがあったので水分補給休憩がてら入ってみました。

画像10: いざ東北へ! 名道と呼ばれる磐梯吾妻スカイラインを初めて走ります!!

浄土平レストハウスです。有料パーキングでバイクは200円で駐輪できますよ〜!

午前中だというのにもうすでに、たくさんのバイクが止まっていました。

ここではGSX250Rも発見!♡ 残念ながら写真は撮れませんでしたが、自分と同じバイクを見るとすごく嬉しいですよね( ˶˘꒳˘˵)

奥に行くと浄土平湿原があり、木道を歩くことができます。

画像11: いざ東北へ! 名道と呼ばれる磐梯吾妻スカイラインを初めて走ります!!

爽やかな雰囲気ですが、夏なので暑かった(笑)

暑いけど、こういうところを歩くのはわくわくしますよね♫

はしゃいで走ったり変な歩き方していたりしたら疲れてしまいましたヽ(;▽;)ノ

画像12: いざ東北へ! 名道と呼ばれる磐梯吾妻スカイラインを初めて走ります!!
画像13: いざ東北へ! 名道と呼ばれる磐梯吾妻スカイラインを初めて走ります!!
画像14: いざ東北へ! 名道と呼ばれる磐梯吾妻スカイラインを初めて走ります!!
画像15: いざ東北へ! 名道と呼ばれる磐梯吾妻スカイラインを初めて走ります!!
画像16: いざ東北へ! 名道と呼ばれる磐梯吾妻スカイラインを初めて走ります!!

ということで引き返し、水分補給をしてまた出発!

来た道のつづきを走ります・:*三(o'ω')o

画像17: いざ東北へ! 名道と呼ばれる磐梯吾妻スカイラインを初めて走ります!!
画像: 磐梯吾妻スカイラインで一番高いところは、標高1622mでした!

磐梯吾妻スカイラインで一番高いところは、標高1622mでした!

しばらく走っていると、磐梯吾妻スカイラインは終わり、磐梯吾妻レークラインへとスイッチしました。

だんだん緑が濃くなってきて木々の背も高くなってきた!

日なたは暑いけど、たまにある緑のトンネルの中を通ると涼しく感じます。

画像18: いざ東北へ! 名道と呼ばれる磐梯吾妻スカイラインを初めて走ります!!

冬や春にも少しワインディングを走ってきましたが、今回は景色の緑の多さと濃さに夏になったことを実感しながら走っていました♫

GSX250Rでとうとう夏のワインディングも経験してしまったね(๑´`๑)♡

急なカーブが右左にうねうねしていたり直線もあったりで、スピードを調節して走るのも楽しいけど、今回はなんだか全体的にゆったり走りたい気分♫

画像19: いざ東北へ! 名道と呼ばれる磐梯吾妻スカイラインを初めて走ります!!

ゆったりのんびり変わっていく景色の違いを感じながら走るのも楽しいですね!

山道を走っても木々が多い森を走っても暑いには暑いです(笑)

でも走っているときは風を受けるので涼しいんですよね♫ 止まると暑いけど……。

画像20: いざ東北へ! 名道と呼ばれる磐梯吾妻スカイラインを初めて走ります!!

山道のいいところは信号がないところ!

いちいち止まらずにずっと走っていられるのが幸せ♡

カーブがたくさんあるワインディングはたまらなく楽しいです!!

This article is a sponsored article by
''.