400X '16〜'18/'19〜

かってリプレイスマフラーへの交換といえば最高出力アップが目的だった。

だが中排気量以上の車両で、まして公道で最高出力発生回転数まで回すことはほとんどない。

画像: 価格 Single Type S チタンポリッシュ      15万4440円 Single Type S チタンドラッグブルー    15万9840円

価格
Single Type S チタンポリッシュ   15万4440円
Single Type S チタンドラッグブルー 15万9840円

アールズギア代表であり、開発を担当している樋渡氏はワークスライダーとしてレーシングマシンの開発にも携わったが、当時から「扱いやすいエンジン特性」を重視していたという。

『リアルスペック』を装着した400Xに試乗して最初に感じたのは、通常の加速時やクルージング中に使う回転域での力強さ。

画像: Single Type S ドラッグブルー

Single Type S ドラッグブルー

特に3000回転台のトルクが大きく引き上げられているので、3速の守備範囲が広がり、加減速の多い市街地でも乗りやすい。

画像: 400X '16〜'18/'19〜

低めの回転からスロットルをワイドに開けたときに響かせる2気筒らしいリズミカルなサウンドも、400Xにマッチしたもの。

特にツーリング指向のライダーにお勧めのマフラーだ。

画像: 【オトダシ!】アールズ・ギアからホンダ400X用マフラーが新登場!「WYVERN Real Spec Single マフラー」 youtu.be

【オトダシ!】アールズ・ギアからホンダ400X用マフラーが新登場!「WYVERN Real Spec Single マフラー」

youtu.be

CBR400R('16〜'18/'19〜)もラインアップ!

画像: Single Type S / R チタンポリッシュ 15万4440円 チタンドラッグブルー 15万9840円

Single Type S / R
チタンポリッシュ 15万4440円
チタンドラッグブルー 15万9840円

CBRという車名に恥じないスポーティーなルックスと、スムーズなエンジン特性でビギナーにも人気の高いCBR400R。

並列2気筒のエンジンは右ページで紹介した400Xと基本的に共通だ。

パワーグラフを見れば一目瞭然だが、ノーマルは3000回転台のトルクの谷があるが、リアルスペックに交換するとこれが解消され、停止状態からの発進加速では排気量が10%以上増えたような力強さ。

画像: Single Type R チタンドラッグブルー

Single Type R チタンドラッグブルー

エキゾーストシステム全体の重量もノーマルの約9kgに対し、フルチタン製のリアルスペックは僅か3kg。

乗りやすさ、モアパワー、軽量化、精悍なルックスを一挙に実現する。

テールエンドにカーボンファイバーを採用したサイレンサーを、形状の異なる2種類から選べることも嬉しいポイントだ。

画像: Single Type S チタンドラッグブルー

Single Type S チタンドラッグブルー

写真/南孝幸、モデル/梅本まどか

アールズ・ギア公式サイト

This article is a sponsored article by
''.