新時代のパーソナル・モビリティ

HONDA PCX ELECTRIC
開発者VOICE

画像: 新時代のパーソナル・モビリティ

2017年の東京モーターショーで発表されてから1年。いよいよ最先端のPCX・エレクトリックがデビューを果たした。そもそも、このエレクトリックはどのような経緯で誕生したのだろうか。

「始まりは、2015年の東京モーターショーで発表したEV-Cubでした。将来の電動パーソナルモビリティということで開発がスタートしたのですが、カブの車体だと、必要な性能をまかなえるバッテリーの搭載スペースが十分ではなかったのです。そこで、同じパーソナルモビリティとして定評があり、バッテリー搭載スペースの自由度が高いPCXをベースとしたのです」

折しも、ベースのPCXもフルモデルチェンジを迎えた時期。新設計のダブルクレードルフレームも、今回のエレクトリックに大きく貢献したそうだ。

「PCXのフレームは剛性も高く、バッテリーを包み込んでくれるようなレイアウトで、EV化を進めていくベースとしても最適でした。タンクの代わりに補強のハンガーを追加するなど、変更も少なくて済みましたし、正直言って〝御の字〟です(笑)」

開発陣が最も苦労したのはバッテリー。最重要部品だけに大変だったようだ。

「性能面では特に苦労はなかったのですが、二輪車に搭載するということで、耐衝撃性などを十分に確保するのが大変でした。初期の頃のバッテリーは本当に巨大で、これをどうコンパクトにしていくか悩みました」

家庭でも便利に使えるよう、着脱式のパワーパックとするなど、努力と工夫でまとめあげたPCXエレクトリック。「未来の乗り物」をグッと身近にしてくれたのは、開発陣の努力のたまものだったのだ。

「これから実際に混合交通の中に入っていくわけですが、まずは皆様に日常の生活環境の中でどんどん使っていただいて、ご意見をいただけたらありがたいです」

気になる「加速」を実測!
PCX ELECTRIC 加速データ
計測内容 タイム(秒)
0-100m加速 9.344
0-10km/h加速 0.397
0-20km/h加速 1.246
0-30km/h加速 2.507
0-40km/h加速 4.369
0-50km/h加速 6.776

ここでPCX ELECTRICの気になる発進加速データを実測してみた。表を見てみると、スタートから30㎞/hあたりまではスムーズに加速するが、そこから加速の伸びは穏やかなものになっていく。実用最高速度は60㎞/hちょっとといったところだ。ちなみに、0-100m加速は9.344秒で、スタンダードのPCXは7.718秒、シリーズ最速のPCXハイブリッドは7.388秒だった。※本誌計測、GPSによる測定

画像2: 【HONDA PCX ELECTRIC】ついに公道デビュー!電動で切り拓くコミューターの未来形【試乗インプレ】

大久保 克幸氏

株式会社 本田技術研究所

二輪R&Dセンター

第1技術開発室 第1ブロック

研究員

画像3: 【HONDA PCX ELECTRIC】ついに公道デビュー!電動で切り拓くコミューターの未来形【試乗インプレ】

三ツ川 誠氏

株式会社 本田技術研究所

二輪R&Dセンター

第1商品開発室 第2ブロック

主任研究員

画像4: 【HONDA PCX ELECTRIC】ついに公道デビュー!電動で切り拓くコミューターの未来形【試乗インプレ】

森下翔斗氏

株式会社 本田技術研究所

二輪R&DセンターX

エネルギーマネージメント

プロジェクト

画像5: 【HONDA PCX ELECTRIC】ついに公道デビュー!電動で切り拓くコミューターの未来形【試乗インプレ】

大場洋明氏

株式会社 本田技術研究所

二輪R&Dセンター

第3技術開発室 第3ブロック

PHOTO:南 孝幸

公式サイト

注目モデルの情報は月刊オートバイの最新号でチェック!

オートバイ 2019年2月号 [雑誌]

モーターマガジン社 (2018-12-28)

This article is a sponsored article by
''.