Kawasaki「Ninja 400」「Ninja 400 KRT EDITION」
税込価格:77万円

画像: 全長×全幅×全高:1990×710×1120mm ホイールベース:1370mm シート高:785mm 車両重量:167kg ※上の写真は「Ninja 400 KRT EDITION」

全長×全幅×全高:1990×710×1120mm
ホイールベース:1370mm
シート高:785mm
車両重量:167kg

※上の写真は「Ninja 400 KRT EDITION」

車体の基本構造やレーシーなフルカウルなど、ニンジャ250をベースとするミドルスーパースポーツ。

軽量トレリスフレームに最高出力48PSを発揮する398cc水冷並列ツインエンジンを搭載して、Φ41mmの大径フロントフォークやラジアルタイヤを装着しスポーツ性を高め、力強さを活かした余裕のある走りを可能にしている。

2023年9月発売の2024年モデルは、パールアイボリー×メタリックマットダークグレーとメタリックマグネティックダークグレー×メタリックスパークブラックにカラーが変更された。KRTエディションはKawasaki Racing Teamロゴが変更されている。

スタンダードモデルとKRTエディションに仕様のちがいはなく、価格も同額だ。

カラーバリエーション

【アンケート】あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: カワサキ「Ninja 400」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
    パールアイボリー×メタリックマットダークグレー
  • 画像2: カワサキ「Ninja 400」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
    メタリックマグネティックダークグレー×メタリックスパークブラック
  • 画像3: カワサキ「Ninja 400」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
    KRTエディション|ライムグリーン×エボニー
  • 画像4: カワサキ「Ninja 400」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
    パールアイボリー×メタリックマットダークグレー
    32
    59
  • 画像5: カワサキ「Ninja 400」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
    メタリックマグネティックダークグレー×メタリックスパークブラック
    33
    62
  • 画像6: カワサキ「Ninja 400」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
    KRTエディション|ライムグリーン×エボニー
    35
    65

ご投票ありがとうございました。

エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
総排気量:398cc
ボア×ストローク:70.0×51.8mm
圧縮比:11.5
最高出力:35kW(48PS) / 10000rpm
最大トルク:37N・m(3.8kgf・m) / 8000rpm
燃料タンク容量:14L
キャスター角:24.7°
トレール量:92mm
変速機形式:6速リターン
ブレーキ前・後:Φ310mmシングルディスク・Φ220mmシングルディスク
タイヤサイズ前・後:110/70R17M/C 54H・150/60R17M/C 66H

カワサキ「Ninja 400」関連のおすすめ記事

This article is a sponsored article by
''.