S1000RRの血を引くBMW最強の4気筒パワーユニットを搭載する俊足クロスオーバーがS1000XRですが、そのS1000XRがモデルチェンジを受けてさらなるパフォーマンスアップを達成。加えてそれをベースに生まれたハイパフォーマンス仕様のM1000XRも登場。ともに東京モーターサイクルショーで国内初公開されました! ということで、早速現地直送のナマ撮り写真とともに、その詳細を見ていきましょう!
文:松本正雅/写真:赤松 孝

BMW「M 1000 XR」の特徴

画像: BMW M 1000 XR 総排気量:999cc エンジン形式:油冷/水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒 シート高:850mm 車両重量:223kg 発売日:2024年5月24日(金) 税込価格:327万9000円~

BMW M 1000 XR

総排気量:999cc
エンジン形式:油冷/水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
シート高:850mm
車両重量:223kg

発売日:2024年5月24日(金) 
税込価格:327万9000円~

ハイパフォーマンスを追求した「第三のM」

M1000RR、M1000Rに続く「M」モデルの3作目としてデビューを果たしたのがM1000XR。4輪でもすっかりイメージが定着しているBMWのハイパフォーマンスブランドの名前を冠したスペシャルモデルです。ベースとなっているのは後ほどご紹介する新型のS1000XRで、Sのシリーズ名が示すように、スーパースポーツS1000RR由来の高性能4気筒エンジンを搭載するクロスオーバーです。

画像1: BMW「M 1000 XR」の特徴

パワーはなんと201PS! カーボンパーツも随所に採用

2023年のEICMA(ミラノショー)で発表されたこのM1000XRですが、驚くべきはそのパワースペック。このモデル、なんと最高出力201PSを発揮するのです! 200PSオーバーなんて、もはやバリバリのスーパースポーツのスペック。とてもクロスオーバーモデルの数字だとは思えません!

画像2: BMW「M 1000 XR」の特徴

外装パーツには随所にカーボンを使用。ラジエター横のシュラウドの部分には、なんとウイングレットまで備えています! 約100km/hから効果を発揮するというこのウイングレットは、高速走行時やサーキットのスポーツ走行でも高い安定性を発揮してくれそうです。

画像3: BMW「M 1000 XR」の特徴

フロントフォークはマルゾッキ製の倒立で、電子制御の「ダイナミックESA」を採用。ブルーのアルマイト仕上げが施されたキャリパーはMのロゴが入った専用品。ちなみに、電子制御のブレーキスライドアシストを使って、一定のスライドでコーナーに向けてブレーキドリフトすることもできるというから驚きです! 撮影車はオプションのカーボンホイールを装着しており、こちらは62万6120円(!)のオプション。実に豪華です……。

画像4: BMW「M 1000 XR」の特徴

スペシャルモデルだけあってシートも豪華! Mスポーツのロゴをあしらい、ホワイトのステッチを施した「Mスポーツシート」が日本仕様には標準装備されます。標準のシート高は850mmですが、足つき性を気にするライダーのためにローシート(820mm)とハイシート(870mm)もオプションで用意、全3種類の高さを用意しているあたりがさすがです。

画像5: BMW「M 1000 XR」の特徴

ここでは書ききれないほどの電子制御ライディングアシストやアクラポビッチ製のスポーツサイレンサーも標準装備。0-200km/h加速7.2秒、最高速275km/hを謳うだけあって、そのパフォーマンスはダテではありません! ボディカラーは2色、価格は税込327万9000円~、発売日は2024年5月24日となっています。

【アンケート】 あなたはどちらのカラーがお好き? M1000XRカラー人気投票

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: BMW自慢の俊足クロスオーバー登場! 新型M1000XRとS1000XRを東京モーターサイクルショー2024で日本初公開
    ブラックストーム・メタリック/M モータースポーツ
  • 画像2: BMW自慢の俊足クロスオーバー登場! 新型M1000XRとS1000XRを東京モーターサイクルショー2024で日本初公開
    ライト・ホワイト/ M モータースポーツ
  • 画像3: BMW自慢の俊足クロスオーバー登場! 新型M1000XRとS1000XRを東京モーターサイクルショー2024で日本初公開
    ブラックストーム・メタリック/M モータースポーツ
    56
    131
  • 画像4: BMW自慢の俊足クロスオーバー登場! 新型M1000XRとS1000XRを東京モーターサイクルショー2024で日本初公開
    ライト・ホワイト/ M モータースポーツ
    44
    103

投票ありがとうございました。

画像: 【動画】CLOSE LOOK — The first-ever BMW M XR www.youtube.com

【動画】CLOSE LOOK — The first-ever BMW M XR

www.youtube.com

BMW「S 1000 XR」の特徴

画像: BMW S 1000 XR 総排気量:999cc エンジン形式:油冷/水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒 シート高:850mm 車両重量:223kg 発売日:2024年5月24日(金) 税込価格:271万3000円~

BMW S 1000 XR

総排気量:999cc
エンジン形式:油冷/水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
シート高:850mm
車両重量:223kg

発売日:2024年5月24日(金)
税込価格:271万3000円~

ベースモデルのS1000XRもアップデート!

Mのつかない、スタンダードのS1000XRも新しくなりました! こちらは排出ガス規制のユーロ5に対応しながらパワーを5PSアップの170PSに向上。リアショックユニットを改良し、シート形状も新しくするなど、パフォーマンスだけでなく快適性も重視されています。

バッテリー容量を9Ahから12Ahに増強し、キーレスやUSB充電ポートも採用するなど、装備も充実。こちらは税込271万3000円で、M1000XR同様、2024年5月24日発売となっています。

画像: 【動画】CLOSE LOOK — The new BMW S 1000 XR www.youtube.com

【動画】CLOSE LOOK — The new BMW S 1000 XR

www.youtube.com

BMW「M 1000 XR」「S 1000 XR」の主なスペック・燃費・製造国・価格

全長×全幅×全高2170×1382×850mm【2156×1460×850mm】
ホイールベース1548mm【1541mm】
シート高850mm
車両重量223kg【227kg】
エンジン形式油冷/水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量999cc
ボア×ストローク80×49.7mm
圧縮比13.3【12.5】
最高出力148kW(201PS)/12750rpm【125kW(170PS)/11000rpm】
最大トルク113N・m/11000rpm【114Nm/9250rpm】
燃料タンク容量約20L(無鉛プレミアムガソリン・ハイオク)
変速機形式6速リターン
ステアリングヘッド角64.9°【64.8°】
トレール量117.4mm【118mm】
タイヤサイズ(前・後)120/70 ZR17・200/55 ZR17【120/70 ZR17・190/55 ZR17】
ブレーキ形式(前・後)Φ320mmダブルディスク・Φ220mmシングルディスク
【Φ320mmダブルディスク・Φ265mmシングルディスク】
燃料消費率 WMTCモード値15.38km/L【16.12 km/L】(1名乗車時)
製造国ドイツ
メーカー希望小売価格 327万9000円~【271万3000円~】(消費税10%込み)
※【 】内はS 1000 XR

文:松本正雅/写真:赤松 孝

画像: ▶▶▶新型車・新製品がめじろおし! モーターサイクルショー2024関連の記事一覧はこちらをクリック! www.autoby.jp

▶▶▶新型車・新製品がめじろおし! モーターサイクルショー2024関連の記事一覧はこちらをクリック!

www.autoby.jp

This article is a sponsored article by
''.