KRTカラーに続いて、今度はトップガンカラー!

画像: Kawasaki Ninja 1000SX 40th Anniversary Edition

Kawasaki Ninja 1000SX 40th Anniversary Edition

画像: Kawasaki Ninja650 40th Aniiversary Edition

Kawasaki Ninja650 40th Aniiversary Edition

初代ニンジャ・GPZ900Rの登場から来年(2024年)でちょうど40年。記念すべき年を祝うべくスペシャルエディションを、と、月刊オートバイ本誌でも期待を込めて予想CGを展開しておりましたが、その予想が的中しました! なんと、ニンジャ1000SXと、さらにニンジャ650に「トップガンカラー」をまとった40周年アニバーサリーエディションが登場したのです!

画像: KRTカラーに続いて、今度はトップガンカラー!

2021年に、川崎重工業の創立125周年を記念して、SBKマシンのZX-10RRに、かつてのZXR750をオマージュしたカラーと、いわゆる「トップガンカラー」を用意して、ジョナサン・レイとアレックス・ロウズがこれに乗りました。ニンジャ40周年と聞いて、ひょっとしたら…と、このカラーの登場に期待した方も多かったのではと思います。

画像: Kawasaki Ninja ZX-4RR 40th Anniversary Edition

Kawasaki Ninja ZX-4RR 40th Anniversary Edition

【アンケート】ニンジャ40周年カラー、どちらがお好き?

あなたはどちらのモデルがお好きですか?

お好きなモデルをポチっとお選びください。

  • 画像1: ついに出た、トップガンカラー! ニンジャ40周年記念、第二弾は
Ninja1000SX/Ninja650 40thAnniversary Edition!【2024速報】
    ZXRカラー|Ninja ZX-10R
  • 画像2: ついに出た、トップガンカラー! ニンジャ40周年記念、第二弾は
Ninja1000SX/Ninja650 40thAnniversary Edition!【2024速報】
    トップガンカラー|Ninja 1000SX
  • 画像3: ついに出た、トップガンカラー! ニンジャ40周年記念、第二弾は
Ninja1000SX/Ninja650 40thAnniversary Edition!【2024速報】
    ZXRカラー|Ninja ZX-10R
    26
    325
  • 画像4: ついに出た、トップガンカラー! ニンジャ40周年記念、第二弾は
Ninja1000SX/Ninja650 40thAnniversary Edition!【2024速報】
    トップガンカラー|Ninja 1000SX
    74
    936

投票ありがとうございました。

ジャパンモビリティショーではZXRカラーをまとったZX-10RとZX-4RRの40thアニバーサリーエディションが先に登場しましたが、今回EICMAでトップガンカラーの40thアニバーサリーエディションも登場となったわけです。

モチーフとなったのは1985年のGPZ900R・A2

画像: GPz900R(北米仕様・A2 1985)

GPz900R(北米仕様・A2 1985)

今回の40thアニバーサリーエディションは、レーサーレプリカ系のマシンに施したZXRカラーではなく、スポーツツアラー系のモデルに元祖ニンジャのGPZ900Rのカラーリングを施したもの。カワサキの偉大なブランドの40周年ということもあって、総力を挙げて祝おう、というカワサキの心意気を感じます! カラーリングのモチーフは1985年のA2。いわゆる「トップガンカラー」です。

画像: GPZ900R「トップ ガン マーヴェリック」劇中使用車

GPZ900R「トップ ガン マーヴェリック」劇中使用車

これは映画「トップ ガン マーヴェリック」で実際に使用された劇中使用車のGPZ900R。1986年公開の映画「トップガン」の大ヒットに合わせ、ニンジャも一躍有名になりました。ちなみに、このカラーは純正のA2とは色の配置がちょっと違っていて、国内仕様の1984年式GPZ750Rにあったカラーリングにも似ていますが、それともちょっと違ったものになっています。

カワサキの想いがこもった細やかな仕上がり!

画像1: カワサキの想いがこもった細やかな仕上がり!

話を40thアニバーサリーエディションに戻しましょう。ニンジャ1000SXは、往年のA2カラーをまとうと同時に、ホイールにはシルバーのリムストライプが入り、切削加工ホイールを採用していた初期の900ニンジャの面影を感じさせる仕上がりとなっています。

画像2: カワサキの想いがこもった細やかな仕上がり!

そしてタンク上にはニンジャ40周年記念のエンブレムが! 往年のチャンピオンステッカー風のデザインが、また所有感を高めてくれますね。

画像3: カワサキの想いがこもった細やかな仕上がり!

ちなみに650にもこのエンブレムは用意されていて、こちらはタンク前方・イグニッション下にあしらっています。オーナーが眺めてニヤニヤできる位置ですね。

画像4: カワサキの想いがこもった細やかな仕上がり!

カウルサイドの「Ninja」ロゴもレッドにシルバーのシャドーが入ったもので、往時をしのばせます。個人的にはその下、ウインカー横の「Liquid Cooled」のロゴが、当時のニンジャと同じ書体を使っていて、実に芸が細かいなー、と感心してしまいました!

画像5: カワサキの想いがこもった細やかな仕上がり!

まだこの2台は先ほどEICMAで発表されたばかりなので、国内への導入があるかどうかは不明ですが、ZXRカラーも国内導入予定が発表になったことですし、ぜひともこちらも国内導入してほしいところです。さらなる詳細は12月1日発売の月刊『オートバイ』1月号でもお伝えしますので、お楽しみに!

NINJA1000SX/NINJA650 40th Anniversary Editionの写真をもっと見る!

This article is a sponsored article by
''.