Kawasaki「Ninja 250」「Ninja 250 KRT EDITION」
税込価格:67万1000円

画像: 全長×全幅×全高:1990×710×1125mm ホイールベース:1370mm シート高:795mm 車両重量:166kg

全長×全幅×全高:1990×710×1125mm
ホイールベース:1370mm
シート高:795mm
車両重量:166kg

近年の250ccフルカウルポーツ人気のきっかけとなり、根強い人気を集めるニンジャ250。現行モデルのスタイリングは2018年にモデルチェンジしたときから採用されている。

軽量なスチール製トレリスフレームに最高出力37PSという強力な水冷並列2気筒エンジンを搭載、アシスト&スリッパークラッチも装備。LEDヘッドライト、ギアポジションインジケーターといった快適なライディングを支える装備も充実していて使い勝手も良好だ。

2月に発売された2023年モデルでは、令和2年排出ガス規制への適合。型式および型式指定・認定番号が変更されている。あわせてボディカラーも刷新。スタンダードの「Ninja 250」は新色2カラーの設定。さらに2022年モデルではラインナップから外れていた「Ninja 250 KRTエディション」も復活し、計3カラーとなった。

モデルバリエーション

【アンケート】あなたはどのモデルが好きですか?

お好きなモデルをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: カワサキ「ニンジャ 250」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2023年現行モデル】
    ライムグリーン×エボニー(Ninja 250 KRT EDITION)
  • 画像2: カワサキ「ニンジャ 250」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2023年現行モデル】
    メタリックマグネティックダークグレー×メタリックマットトワイライトブルー(Ninja 250)
  • 画像3: カワサキ「ニンジャ 250」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2023年現行モデル】
    メタリックカーボングレー×メタリックマットカーボングレー(Ninja 250)
  • 画像4: カワサキ「ニンジャ 250」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2023年現行モデル】
    ライムグリーン×エボニー(Ninja 250 KRT EDITION)
    42
    94
  • 画像5: カワサキ「ニンジャ 250」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2023年現行モデル】
    メタリックマグネティックダークグレー×メタリックマットトワイライトブルー(Ninja 250)
    31
    69
  • 画像6: カワサキ「ニンジャ 250」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2023年現行モデル】
    メタリックカーボングレー×メタリックマットカーボングレー(Ninja 250)
    28
    63

投票ありがとうございました!

エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
総排気量:248cc
ボア×ストローク:62.0×41.2mm
圧縮比:11.6
最高出力:26kW(35PS) / 12500rpm
最大トルク:22N・m(2.2kgf・m) / 10500rpm
燃料供給方式:フューエルインジェクション
燃料タンク容量:14L
キャスター角:24.3°
トレール量:90mm
変速機形式:6速リターン
ブレーキ前・後:Φ310mmシングルディスク・Φ220mmシングルディスク
タイヤサイズ前・後:110/70-17・140/70-17

カワサキ「ニンジャ 250」関連のおすすめ記事

This article is a sponsored article by
''.