YAMAHA「NMAX155 ABS」
税込価格:40万7000円

画像: 全長×全幅×全高:1935×740×1160mm ホイールベース:1340mm シート高:765mm 車両重量:131kg

全長×全幅×全高:1935×740×1160mm
ホイールベース:1340mm
シート高:765mm
車両重量:131kg

MAXシリーズを象徴するブーメランをモチーフにしたサイドカバーが際立つスポーティなスタイリングと、高速道路も走行可能な力強さと燃費や環境性能にも配慮した155cc「BLUECORE」エンジンを搭載した「NMAX155」。

2022年モデルでフルモデルチェンジされ、エンジンは排出ガス規制に適合したものとなり、静粛かつ振動の少ないエンジン始動が可能なスマートジェネレーターやアイドリングストップ機能を新採用。

さらに、スタイルと機能性をバランスさせた新しいフレームと快適な乗り心地を支える前後サスで走りをグレードアップ。専用アプリによるスマートフォン連携機能も採用されるなど、あらゆる面で新時代の機能的スクーターに変身している。

カラーバリエーションはマットダークブルーイッシュグレーメタリック4(マットダークグリーン)、マットダークグレーメタリック8(マットダークグレー)、マットブルーイッシュグレーメタリック3(マットグレー)の全3色。

カラーバリエーション

【アンケート】あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: ヤマハ「NMAX155 ABS」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2023年現行モデル】
    マットダークグリーン
  • 画像2: ヤマハ「NMAX155 ABS」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2023年現行モデル】
    マットダークグレー
  • 画像3: ヤマハ「NMAX155 ABS」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2023年現行モデル】
    マットグレー
  • 画像4: ヤマハ「NMAX155 ABS」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2023年現行モデル】
    マットダークグリーン
    34
    80
  • 画像5: ヤマハ「NMAX155 ABS」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2023年現行モデル】
    マットダークグレー
    23
    54
  • 画像6: ヤマハ「NMAX155 ABS」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2023年現行モデル】
    マットグレー
    43
    103

投票ありがとうございました!

エンジン形式:水冷4ストOHC4バルブ単気筒
総排気量:155cc
ボア×ストローク:58.0×58.7mm
圧縮比:11.6
最高出力:11kW(15PS) / 8000rpm
最大トルク:14N・m(1.4kgf・m) / 6500rpm
燃料供給方式:フューエルインジェクション
燃料タンク容量:7.1L
キャスター角:26°30′
トレール量:100mm
変速機形式:Vベルト無段変速
ブレーキ前・後:油圧式シングルディスク・油圧式シングルディスク
タイヤサイズ前・後:110/70-13・130/70-13

ヤマハ「NMAX155 ABS」関連のおすすめ記事

This article is a sponsored article by
''.