ヤマハ発動機は2023年2月10日にフロント2輪の3輪スクーター「トリシティ125」と「トリシティ155」をモデルチェンジを発表した。「トリシティ125」は2月28日に発売、「トリシティ155」は4月14日に発売された。

ヤマハ新型「トリシティ125」「トリシティ155」の特徴

画像: YAMAHA TRICITY125 2023年モデル 総排気量:124cc エンジン形式:水冷4ストSOHC4バルブ単気筒 シート高:770mm 車両重量:168kg 発売日:2023年2月28日(火) 税込価格:49万5000円

YAMAHA TRICITY125
2023年モデル

総排気量:124cc
エンジン形式:水冷4ストSOHC4バルブ単気筒
シート高:770mm
車両重量:168kg

発売日:2023年2月28日(火)
税込価格:49万5000円

画像: YAMAHA TRICITY155 ABS 2023年モデル 総排気量:155cc エンジン形式:水冷4ストSOHC4バルブ単気筒 シート高:770mm 車両重量:172kg 発売日:2023年4月14日(金) 税込価格:56万6500円

YAMAHA TRICITY155 ABS
2023年モデル

総排気量:155cc
エンジン形式:水冷4ストSOHC4バルブ単気筒
シート高:770mm
車両重量:172kg

発売日:2023年4月14日(金)
税込価格:56万6500円

全身アップデート、スマートキーやアイドリングストップも新採用

フロント2輪を採用する原付二種スクーターの「トリシティ125」と軽二輪クラスで高速道路も走れる「トリシティ155」。3輪ならではの安定感・安心感を特長とし、2014年の発売(155は2017年)以来、ヤマハ製スクーターの象徴的な一台として定着している。

今回発表された2023年モデルは、エンジン・フレーム・足まわり・便利な装備にいたるまで、全面的に刷新。海外で先行して登場した新型トリシティ125/155が日本でもデビューした。

画像1: ヤマハ新型「トリシティ125」「トリシティ155」の特徴

水冷SOHC4バルブ単気筒エンジンは平成32年(令和2年)排出ガス規制に適合。新作シリンダーヘッドを採用し、コンパクトな燃焼室を形成することで、従来の10.5:1から11.6:1(トリシティ155のみ)へと圧縮比を高め、高効率燃焼を実現。吸気バルブは20.5mm径へと拡大し、良好な吸気効率を確保。シリンダーヘッドは、冷却経路を最適化し信頼性の向上を図っている。

新エンジンには「Smart Motor Generator」も採用された。これは始動時はスターターモーターとして機能し、走行時はジェネレーターとなる機構。従来のスターターモーターと減速ギアが不要となり、軽量・コンパクト化と静かなエンジン始動を実現。

また通勤通学など街乗りでうれしい「Stop & Start System」を新採用。いわゆるアイドリングストップ機構だ。再発進時は、スロットルグリップを回すことで、瞬時にエンジンがかかり滑らかに発進できる。

画像2: ヤマハ新型「トリシティ125」「トリシティ155」の特徴

そしてヤマハ製3輪モデルのステアリング機構「LMWアッカーマン・ジオメトリ」を新たに専用設計し採用。フロントサスペンション周りとのバランスを最適化し、自然な操縦性と接地感を実現するのとともに、取り回しもスムーズになった。

フレームは強度・剛性バランスを最適化。縦剛性、ねじり剛性を強化しつつ、適度な"しなり"を確保したという。ホイールベースは1350mmから1410mmに延長されており、それにあわせてリアサスペンションは、ショックアブソーバーの全長を延長。バネレート及び減衰力も調整され、より上質感のある走りを実現したとのこと。

さらにメーターも新たなものになった。Bluetoothでのスマホとの接続機能を備え、専用アプリ「YAMAHA Motorcycle Connect」をインストールすれば、メーターに着信の表示や、スマホ画面をサブメーターとして利用することができる。

スマートキーが新採用されたのも大きな特徴。そのほかLEDヘッドライトの照射範囲の拡大や、フットボードスペースの20mm延長など車体全体にわたって最適化が図られた。

ボディカラーは両モデル3色ずつ、すべて新色となる。車両価格は「トリシティ125」は税込49万5000円、「トリシティ155」は税込56万6500円。発売日は、「125」は2023年2月28日、「155」は2023年4月14日。

画像3: ヤマハ新型「トリシティ125」「トリシティ155」の特徴

ヤマハ新型「トリシティ125」のカラーバリエーション

ダークグレーイッシュブルーソリッドB (グレーイッシュブルー)

ホワイトメタリック6(ホワイト)

マットグレーメタリック3(マットグレー)

【アンケート】 あなたはどのカラーのトリシティ125が好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像17: ヤマハ「トリシティ125」「トリシティ155」モデルチェンジ! 新型はエンジン・フレーム・足まわり・メーターまで全面進化
    グレーイッシュブルー
  • 画像18: ヤマハ「トリシティ125」「トリシティ155」モデルチェンジ! 新型はエンジン・フレーム・足まわり・メーターまで全面進化
    ホワイト
  • 画像19: ヤマハ「トリシティ125」「トリシティ155」モデルチェンジ! 新型はエンジン・フレーム・足まわり・メーターまで全面進化
    マットグレー
  • 画像20: ヤマハ「トリシティ125」「トリシティ155」モデルチェンジ! 新型はエンジン・フレーム・足まわり・メーターまで全面進化
    グレーイッシュブルー
    46
    1018
  • 画像21: ヤマハ「トリシティ125」「トリシティ155」モデルチェンジ! 新型はエンジン・フレーム・足まわり・メーターまで全面進化
    ホワイト
    26
    587
  • 画像22: ヤマハ「トリシティ125」「トリシティ155」モデルチェンジ! 新型はエンジン・フレーム・足まわり・メーターまで全面進化
    マットグレー
    28
    616

投票ありがとうございました。

ヤマハ新型「トリシティ155」のカラーバリエーション

マットイエローイッシュグレーソリッド1(マットベージュ)

ホワイトメタリック6(ホワイト)

マットグレーメタリック3(マットグレー)

【アンケート】 あなたはどのカラーのトリシティ155が好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像36: ヤマハ「トリシティ125」「トリシティ155」モデルチェンジ! 新型はエンジン・フレーム・足まわり・メーターまで全面進化
    マットベージュ
  • 画像37: ヤマハ「トリシティ125」「トリシティ155」モデルチェンジ! 新型はエンジン・フレーム・足まわり・メーターまで全面進化
    ホワイト
  • 画像38: ヤマハ「トリシティ125」「トリシティ155」モデルチェンジ! 新型はエンジン・フレーム・足まわり・メーターまで全面進化
    マットグレー
  • 画像39: ヤマハ「トリシティ125」「トリシティ155」モデルチェンジ! 新型はエンジン・フレーム・足まわり・メーターまで全面進化
    マットベージュ
    52
    1071
  • 画像40: ヤマハ「トリシティ125」「トリシティ155」モデルチェンジ! 新型はエンジン・フレーム・足まわり・メーターまで全面進化
    ホワイト
    24
    489
  • 画像41: ヤマハ「トリシティ125」「トリシティ155」モデルチェンジ! 新型はエンジン・フレーム・足まわり・メーターまで全面進化
    マットグレー
    25
    515

投票ありがとうございました。

ヤマハ新型「トリシティ125」「トリシティ155」の主なスペック・製造国・価格

※《 》内はトリシティ155

全長×全幅×全高1995×750×1215mm
ホイールベース1410mm
最低地上高165mm
シート高770mm
車両重量168kg《172kg》
エンジン形式水冷4ストSOHC4バルブ単気筒
総排気量124cc《155cc》
ボア×ストローク52.0×58.7mm《58.0×58.7mm》
圧縮比11.2《11.6》
最高出力9.0kW(12PS)/8000rpm《11kW(15PS)/8000rpm》
最大トルク11N・m(1.1kgf・m)/6000rpm《14N・m(1.4kgf・m)/6500rpm》
燃料タンク容量7.2L
変速機形式Vベルト式無段変速
キャスター角20゜
トレール量68mm
タイヤサイズ(前・後)90/80-14M/C 43P・130/70-13M/C 57P
ブレーキ形式(前・後)シングルディスク・シングルディスク
乗車定員2人
製造国タイ
メーカー希望小売価格49万5000円《56万6500円》(消費税10%込)

まとめ:西野鉄兵

ヤマハ「トリシティ125」「トリシティ155」関連のおすすめ記事

This article is a sponsored article by
''.