今年、ティザー動画や搭載されるエンジンなどを積極的に公開し、「ホーネット」の復活が近いことを明らかにしてきたホンダ。そして2022年10月4日、ついにヨーロッパでミドルクラスの新型ネイキッドスポーツである「CB750 ホーネット」を公式に発表した。

ホンダ「CB750 ホーネット」の特徴

画像: Honda CB750 HORNET 2023年モデル・欧州仕様車 総排気量:755cc エンジン形式:水冷4ストユニカムOHC4バルブ並列2気筒 シート高:795mm 車両重量:190kg

Honda CB750 HORNET
2023年モデル・欧州仕様車

総排気量:755cc
エンジン形式:水冷4ストユニカムOHC4バルブ並列2気筒
シート高:795mm
車両重量:190kg

すでに「CB750 ホーネット」の姿やメカニズムはかなりの部分が明らかになっていたが、公式発表で明らかになった情報により、その詳細を再確認してみよう。

「CB750 ホーネット」のスタイリングは、過去のホーネットたちのイメージを受け継ぐモダンだがワイルドさも感じさせるストリートファイター的ネイキッドデザイン。軽快でシャープな走りにぴったりのスリムなフォルムも印象的。

画像1: ホンダ「CB750 ホーネット」の特徴

専用に一からデザインされたスチール製のダイヤモンドフレームは、部位ごとにパイプの厚さを最適化して剛性バランスを取ることで、剛性の高さを実現しながら非常に軽量な仕上がり。

画像2: ホンダ「CB750 ホーネット」の特徴

軽量化へのこだわりはフレームだけでなく、エンジンなど全身に及んでいる。その結果「CB750 ホーネット」は装備重量でも190kgしかなく、軽快なだけでなく極めて扱いやすい。シート高は795mm、ライディングポジションは適度にアップライトで、ワイドなハンドルと合わせストリートで活発なライディングを楽しむのには最適な設定。

画像3: ホンダ「CB750 ホーネット」の特徴

敏捷でしかも扱いやすいハンドリングを得るために、サスペンションはショーワ製のφ41mm SFF-BPTM倒立フォークと、プロリンクを用いたリアショックを装着。ブレーキはペタルローターとデュアル4ピストンのラジアルマウントキャリパーを組み合わせ、高い制動力と優れたコントロール性を実現した。

画像4: ホンダ「CB750 ホーネット」の特徴

エンジンは新開発された755cc水冷並列2気筒。モトクロッサーなどで磨かれてきたユニカムOHC4バルブ機構のシリンダーヘッドによって、コンパクト化、軽量化も追求。スロットルバイワイヤも採用、ダウンドラフト配置のエアインテークとボルテックスフローダクトなどで優れた燃焼効率を実現。最高出力は67.5KW≒91.7PS/9500rpm、最大トルクも75Nm/7250rpmという力強いスペック。

画像5: ホンダ「CB750 ホーネット」の特徴

クランクは並列2気筒でも90度Vツインと同じ不等間隔爆発となる270度クランクで、振動を抑えるためのバランスシャフトも装備。これらのメカニズムの組み合わせで、快適さを保ちながらピークパワーを誰もが最大限に活用でき、2気筒らしいパンチの効いたフィーリングも堪能できる。

ハードブレーキングや急激なシフトダウンでの後輪のホッピング抑制するアシスト/スリッパークラッチも標準装備だ。WMTCモード燃費は23km/lで、満タンからの航続距離は約340kmということになる。

画像6: ホンダ「CB750 ホーネット」の特徴

最新スポーツモデルらしく、電子制御デバイスも充実。レイン、スタンダード、スポーツの3モードを選択できるライディングモードで、状況やライダーの好みに合わせ、エンジン出力とフィーリングを調整が可能。左ハンドルに設けられたモードスイッチと5インチサイズのカラーTFT液晶メーターで、設定変更も容易。さらに出力、エンジンブレーキ、ウイリーコントロールを統合したホンダセレクタブルトルクコントロール (HSTC) によって、悪条件でも安定した走りをサポート。

画像7: ホンダ「CB750 ホーネット」の特徴

ライディングを支援する機能だけではなく、標準装備されるホンダスマートフォンボイスコントロールシステムで、スマートフォンとの接続を容易にし、電話、メッセージ、音楽、ナビゲーションといった多彩な機能を利用が可能。

また、急ブレーキをかけた場合に自動的にハザードランプで後続車に知らせ、追突の可能性を低減するエマージェンシーストップシグナル機能も搭載されている。

ホンダ「CB750 ホーネット」のカラーバリエーション

「CB750 ホーネット」に設定されているボディカラーは4タイプ。「パールグレアホワイト」「グラファイトブラック」の2タイプは、いずれもフレームがメタリックレッドカラーで、倒立フォークのアウターチューブもレッドのアルマイト処理。

「マットイリジウムグレーメタリック」「マットゴールドフィンチイエロー」では、フレームのカラーはブラック。倒立フォークのアウターチューブはシルバーとなる。

画像: パールグレアホワイト

パールグレアホワイト

画像: グラファイトブラック

グラファイトブラック

画像: マットイリジウムグレーメタリック

マットイリジウムグレーメタリック

画像: マットゴールドフィンチイエロー

マットゴールドフィンチイエロー

【アンケート】 あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: ホンダ「CB750 ホーネット」正式発表|軽量でスリムな車体へ新型ユニカム・ツインエンジンを搭載してホーネットが帰ってきた!
    パールグレアホワイト
  • 画像2: ホンダ「CB750 ホーネット」正式発表|軽量でスリムな車体へ新型ユニカム・ツインエンジンを搭載してホーネットが帰ってきた!
    グラファイトブラック
  • 画像3: ホンダ「CB750 ホーネット」正式発表|軽量でスリムな車体へ新型ユニカム・ツインエンジンを搭載してホーネットが帰ってきた!
    マットイリジウムグレーメタリック
  • 画像4: ホンダ「CB750 ホーネット」正式発表|軽量でスリムな車体へ新型ユニカム・ツインエンジンを搭載してホーネットが帰ってきた!
    マットゴールドフィンチイエロー
  • 画像5: ホンダ「CB750 ホーネット」正式発表|軽量でスリムな車体へ新型ユニカム・ツインエンジンを搭載してホーネットが帰ってきた!
    パールグレアホワイト
    33
    1581
  • 画像6: ホンダ「CB750 ホーネット」正式発表|軽量でスリムな車体へ新型ユニカム・ツインエンジンを搭載してホーネットが帰ってきた!
    グラファイトブラック
    20
    979
  • 画像7: ホンダ「CB750 ホーネット」正式発表|軽量でスリムな車体へ新型ユニカム・ツインエンジンを搭載してホーネットが帰ってきた!
    マットイリジウムグレーメタリック
    21
    982
  • 画像8: ホンダ「CB750 ホーネット」正式発表|軽量でスリムな車体へ新型ユニカム・ツインエンジンを搭載してホーネットが帰ってきた!
    マットゴールドフィンチイエロー
    26
    1243

投票ありがとうございました。

ホンダ「CB750 ホーネット」の公式動画

画像: New 2023 CB750 Hornet Launch Film www.youtube.com

New 2023 CB750 Hornet Launch Film

www.youtube.com
画像: New 2023 CB750 Hornet: Model Features Film www.youtube.com

New 2023 CB750 Hornet: Model Features Film

www.youtube.com
画像: 2022 Hornet Concept - Engine www.youtube.com

2022 Hornet Concept - Engine

www.youtube.com

ホンダ「CB750 ホーネット」の主なスペック

全長×全幅×全高2090×780×1085mm
ホイールベース1420mm
シート高795mm
車両重量190kg
エンジン形式水冷4ストユニカムOHC4バルブ並列2気筒
総排気量755cc
ボア×ストローク87×63.5mm
圧縮比11.0
最高出力67.5kW/9500rpm
最大トルク75Nm/7250rpm
燃料タンク容量15.2L
変速機形式6速リターン
キャスター角25°
トレール99mm
タイヤサイズ(前・後)120/70ZR17・160/60ZR17
ブレーキ形式(前・後)φ296mmダブルディスク・φ240mmディスク

まとめ:小松信夫

This article is a sponsored article by
''.