1901年にイギリスで創業、現在はインドを本拠とする世界最古の二輪ブランドであるロイヤルエンフィールドが、創業120周年を記念して「INT 650」と「コンチネンタルGT 650」をベースにしたアニバーサリーエディションを発売する。

ロイヤルエンフィールド「INT650 ブラックミラー」「コンチネンタルGT650 ブラックミラー」の特徴

画像: Royal Enfield INT 650 Black Mirror 総排気量:648cc エンジン形式:空冷4ストOHC4バルブ並列2気筒 シート高:805mm 車両重量:217kg 税込価格:108万1300円

Royal Enfield INT 650 Black Mirror

総排気量:648cc
エンジン形式:空冷4ストOHC4バルブ並列2気筒
シート高:805mm
車両重量:217kg

税込価格:108万1300円

美しいブラッククローム仕上げが光る創業120周年記念モデル

アップハンドルを採用した、オーソドックスなスタイルのロードスターである「INT 650」と、セパレートハンドルやシングルシートを備え、魅力的なカフェレーサールックとした「コンチネンタルGT 650」。650cc空冷並列ツインエンジンを搭載したこの2台の人気モデルをベースに、120周年アニバーサリーエディションである「INT 650 ブラックミラー」と「コンチネンタルGT 650 ブラックミラー」は開発された。

画像: Royal Enfield Continental GT 650 Black Mirror 総排気量:648cc エンジン形式:空冷4ストOHC4バルブ並列2気筒 シート高:820mm 車両重量:212kg 税込価格:112万8600円

Royal Enfield Continental GT 650 Black Mirror

総排気量:648cc
エンジン形式:空冷4ストOHC4バルブ並列2気筒
シート高:820mm
車両重量:212kg

税込価格:112万8600円

いずれもイギリスとインドの合同チームによってデザインされ、2021年11月にイタリア・ミラノで開催された「EICMA2021」で初公開。スポーティさの中に120年におよぶ歴史を感じさせるルックスで注目を集めていた。

画像1: ロイヤルエンフィールド「INT650 ブラックミラー」「コンチネンタルGT650 ブラックミラー」の特徴

両モデルの車名にもなっている燃料タンクの「ブラックミラー」カラーは、持続可能かつ環境に優しい手法によるクロームメッキ処理で実現。一際美しい輝きを放ち、クラシカルなスタイルを引き立てている。

画像2: ロイヤルエンフィールド「INT650 ブラックミラー」「コンチネンタルGT650 ブラックミラー」の特徴

そこに装着されている、ロイヤルエンフィールドの頭文字「RE」を象った独特な真鍮製タンクバッジは、インド・タミル・ナードゥ州で、クンバコナム寺院のための真鍮の彫像を作る職人である「Sirpi Senthil」家によるハンドメイド。また、タンク上面には限定モデルの証であるシリアルナンバーも刻印。

画像3: ロイヤルエンフィールド「INT650 ブラックミラー」「コンチネンタルGT650 ブラックミラー」の特徴

ヘッドライト上には、スタンダードモデルには装着されていない小型のスクリーンを装着して、スポーティな雰囲気を盛り上げる。

画像4: ロイヤルエンフィールド「INT650 ブラックミラー」「コンチネンタルGT650 ブラックミラー」の特徴

空冷エンジンやサイレンサーをはじめ、エンジンガード、ヒールガード、バーエンドミラー、スポークホイールなどが全てブラックで統一され、精悍さも強調。サイドパネルには記念モデルであることを示すデカールもあしらわれている。

画像5: ロイヤルエンフィールド「INT650 ブラックミラー」「コンチネンタルGT650 ブラックミラー」の特徴

それぞれのシートはブラウンの表皮を用いた上質な造りの専用品で、ハンドルのグリップも同じくブラウンのものを装着するなど、細部にこだわってロイヤルエンフィールドらしいクラシカルなイメージを演出。

ロイヤルエンフィールド「INT650 ブラックミラー」「コンチネンタルGT650 ブラックミラー」の価格・販売台数

このロイヤルエンフィールドの創業120周年を記念したアニバーサリーエディションは、世界全体で480台のみを限定発売。アジア太平洋地域には120台が割り当てられていて、日本向けは「INT 650 ブラックミラー」が7台、「コンチネンタルGT 650 ブラックミラー」が17台の合計24台。

税込価格は、「INT 650 ブラックミラー」が108万1300円で、「コンチネンタルGT 650 ブラックミラー」は112万8600円。日本では2022年5月中旬頃に発売される予定だという。

画像: ロイヤルエンフィールド INT 650 ブラックミラー

ロイヤルエンフィールド INT 650 ブラックミラー

画像: ロイヤルエンフィールド コンチネンタルGT 650 ブラックミラー

ロイヤルエンフィールド コンチネンタルGT 650 ブラックミラー

【アンケート】 あなたはどちらのモデルが好きですか?

画像2: ロイヤルエンフィールド 創業120周年記念車「INT650 ブラックミラー」「コンチネンタルGT650 ブラックミラー」登場!

お好きなモデルをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像3: ロイヤルエンフィールド 創業120周年記念車「INT650 ブラックミラー」「コンチネンタルGT650 ブラックミラー」登場!
    INT650 ブラックミラー
  • 画像4: ロイヤルエンフィールド 創業120周年記念車「INT650 ブラックミラー」「コンチネンタルGT650 ブラックミラー」登場!
    コンチネンタルGT650 ブラックミラー
  • 画像5: ロイヤルエンフィールド 創業120周年記念車「INT650 ブラックミラー」「コンチネンタルGT650 ブラックミラー」登場!
    INT650 ブラックミラー
    47
    179
  • 画像6: ロイヤルエンフィールド 創業120周年記念車「INT650 ブラックミラー」「コンチネンタルGT650 ブラックミラー」登場!
    コンチネンタルGT650 ブラックミラー
    53
    198

投票ありがとうございました。

画像: 【公式動画】Royal Enfield 120th Anniversary Edition - Registrations Open! www.youtube.com

【公式動画】Royal Enfield 120th Anniversary Edition - Registrations Open!

www.youtube.com
画像: 【公式動画】Royal Enfield 120th Anniversary Edition - Black Chrome www.youtube.com

【公式動画】Royal Enfield 120th Anniversary Edition - Black Chrome

www.youtube.com

ロイヤルエンフィールド「INT650 ブラックミラー」の主なスペック

全長×全幅×全高2119x788x1120mm
シート高805mm
車両重量217g
エンジン形式空冷4ストOHC4バルブ並列2気筒
総排気量648cc
最高出力47bhp/7150rpm
最大トルク52.3Nm/5150rpm
変速機形式6速リターン
燃料タンク容量13.7L
タイヤサイズ(前・後)100/90-18・130/70-18
ブレーキ形式(前・後)φ320mmディスク・φ240mmディスク

ロイヤルエンフィールド「コンチネンタルGT650 ブラックミラー」の主なスペック

全長×全幅×全高2119x745x1067mm
シート高820mm
車両重量212g
エンジン形式空冷4ストOHC4バルブ並列2気筒
総排気量648cc
最高出力47bhp/7150rpm
最大トルク52.3Nm/5150rpm
変速機形式6速リターン
燃料タンク容量12.5L
タイヤサイズ(前・後)100/90-18・130/70-18
ブレーキ形式(前・後)φ320mmディスク・φ240mmディスク

まとめ:小松信夫

This article is a sponsored article by
''.