スズキは2022年1月12日に、ミドルサイズのネイキッドスポーツ「SV650 ABS」と、そのカフェレーサーバージョン「SV650X」の2022年モデルを発表した。

スズキ「SV650」「SV650X」2022年モデルの特徴

画像: SUZUKI SV650 ABS 総排気量:645cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブV型2気筒 シート高:785mm 車両重量:199kg

SUZUKI SV650 ABS

総排気量:645cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブV型2気筒
シート高:785mm
車両重量:199kg

画像: SUZUKI SV650X ABS 総排気量:645cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブV型2気筒 シート高:790mm 車両重量:199kg

SUZUKI SV650X ABS

総排気量:645cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブV型2気筒
シート高:790mm
車両重量:199kg

排気量645ccのV型2気筒エンジンとスリムで軽量なボディ、シンプルでオーソドックスなスタイルを組み合わせた「SV650」は、軽快なハンドリングと力強いスロットルレスポンスを合わせ持つスポーツモデル。

そして「SV650」の基本的なメカニズムをベースに、ヘッドライトカウルやセパレートハンドル、タックロールシートを装着、クラシカルなカフェレーサースタイルとしたのが「SV650X」。いずれもスポーティな走りと、フレキシブルでフレンドリーな乗り味とを兼ね備えたオールラウンドなベーシックスポーツとして根強く人気を集めている。

今回発表されたのは、従来販売されていたモデルをベースに、平成32年(令和2年)国内排出ガス規制に対応させたもの。そのためエンジンの最高出力は、これまでの76.1PSから72PSへとダウンしている。最大トルクも6.5kgf・mから6.1kgf・mに下がったが、その発生回転数が8100rpmから6800rpmへと低くなっていることもあって、これまで以上にフレキシブルで扱いやすいパワー特性になっている。それ以外は、デザインなども含めて目立った変更はない。

スズキ「SV650」「SV650X」2022年モデルのカラー・価格・発売日

「SV650」のボディカラーは、グラススパークルブラック×ブリリアントホワイト、グラススパークルブラック、マットブラックメタリック No.2の3色。「SV650X」はグラススパークルブラック1色と、従来モデルと同様の設定だ。

税込価格は「SV650」が80万3000円、「SV650X」が84万7000円。両モデルともに2022年1月26日から発売が開始される予定。

画像: SV650 / グラススパークルブラック×ブリリアントホワイト

SV650 / グラススパークルブラック×ブリリアントホワイト

画像: SV650 / グラススパークルブラック

SV650 / グラススパークルブラック

画像: SV650 / マットブラックメタリック No.2

SV650 / マットブラックメタリック No.2

画像: SV650X / グラススパークルブラック

SV650X / グラススパークルブラック

【アンケート】 あなたはどのモデルが好きですか?

お好きなモデルをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像2: スズキ「SV650」「SV650X」の2022年モデル登場! 最新の排ガス規制に適合させて継続販売が決定
    SV650|グラススパークルブラック/ブリリアントホワイト
  • 画像3: スズキ「SV650」「SV650X」の2022年モデル登場! 最新の排ガス規制に適合させて継続販売が決定
    SV650|グラススパークルブラック
  • 画像4: スズキ「SV650」「SV650X」の2022年モデル登場! 最新の排ガス規制に適合させて継続販売が決定
    SV650|マットブラックメタリックNo.2
  • 画像5: スズキ「SV650」「SV650X」の2022年モデル登場! 最新の排ガス規制に適合させて継続販売が決定
    SV650X|グラススパークルブラック
  • 画像6: スズキ「SV650」「SV650X」の2022年モデル登場! 最新の排ガス規制に適合させて継続販売が決定
    SV650|グラススパークルブラック/ブリリアントホワイト
    30
    225
  • 画像7: スズキ「SV650」「SV650X」の2022年モデル登場! 最新の排ガス規制に適合させて継続販売が決定
    SV650|グラススパークルブラック
    22
    168
  • 画像8: スズキ「SV650」「SV650X」の2022年モデル登場! 最新の排ガス規制に適合させて継続販売が決定
    SV650|マットブラックメタリックNo.2
    10
    76
  • 画像9: スズキ「SV650」「SV650X」の2022年モデル登場! 最新の排ガス規制に適合させて継続販売が決定
    SV650X|グラススパークルブラック
    38
    284

投票ありがとうございました。

スズキ「SV650」「SV650X」2022年モデルの主なスペック

全長×全幅×全高2140×760×1090mm(2140×730×1090mm)
ホイールベース1450mm
シート高785mm(790mm)
キャスター角25°
トレール106mm
車両重量199kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブV型2気筒
総排気量645cc
ボア×ストローク81×62.6mm
圧縮比11.2
最高出力72PS/8500rpm
最大トルク6.4kgf・m/6800rpm
変速機形式6速リターン
燃料タンク容量14L
タイヤサイズ(前・後)120/70ZR17・160/60ZR17
ブレーキ形式(前・後)ダブルディスク・ディスク
※( )内はSV650X

まとめ:小松信夫

This article is a sponsored article by
''.