戦前からの伝統のブランドの復活として、今年大きな話題となった「メグロK3」。その2022年モデルが、2021年10月29日に発売された。

カワサキ「メグロK3」2022年モデルの特徴

画像: Kawasaki 	MEGURO K3 総排気量:773cc エンジン形式:空冷4ストSOHC4バルブ並列2気筒 シート高:790mm 車両重量:227kg

Kawasaki MEGURO K3

総排気量:773cc
エンジン形式:空冷4ストSOHC4バルブ並列2気筒
シート高:790mm
車両重量:227kg

カワサキ4スト大排気量車のルーツ、メグロの伝統を現代に受け継ぐメグロK3

1924年に創業し、当時からスポーティな大排気量オートバイを量産していた老舗メーカーだったメグロ。カワサキはそんなメグロの長い歴史を受け継いで、4ストビッグバイクメーカーへの道を切り開いたということもあって、その伝統を途絶えさせず受け継いで行くことを決意。

かつてメグロを基礎に誕生した「W」シリーズ、その魅力を現代に復活させたレトロスポーツである「W800」シリーズをベースに、メグロならではの古典的な雰囲気を感じさせるディテールや、上質な仕上げを与えて誕生した特別な存在が「メグロK3」だ。

画像: カワサキ「メグロK3」2022年モデルの特徴

この「メグロK3」の2022年モデルは、同時に発表された2022年モデルの「W800」シリーズと同様に、最新の排出ガス規制への適合の結果として、型式および型式指定・認定番号が変更された。それにともなって、スペックの燃料消費率(WMTCモード)表示値も21.1km/Lから20.9km/Lに変更。この点を除けば、メカニズムや美しさを際立たせているボディカラー「ミラーコートブラック×エボニー」は2021年モデルと変わっていない。

ただし2022年モデルの「メグロK3」では、税込価格は従来の127万6000円から132万円に変更。全国のカワサキプラザで2021年10月29日に販売開始。

カワサキ「メグロK3」2022年モデルの主なスペック

全長×全幅×全高2190×925×1130mm
ホイールベース1465mm
シート高790mm
車両重量227kg
エンジン形式空冷4ストSOHC4バルブ並列2気筒
総排気量773cc
ボア×ストローク77×83mm
圧縮比8.4
最高出力52PS/6500rpm
最大トルク6.3kgf・m/4800rpm
燃料タンク容量15L
変速機形式5速リターン
キャスター角27°
トレール108mm
タイヤサイズ(前・後)100/90-19・130/80-18
ブレーキ形式(前・後)Φ320mmディスク・Φ270mmディスク
画像: 【動画】2021 MEGURO K3 撮影紀行 www.youtube.com

【動画】2021 MEGURO K3 撮影紀行

www.youtube.com

まとめ:小松信夫

This article is a sponsored article by
''.