イタリアのオフロード界の雄、ファンティック社がリリースする「エンデューロ125」は、このクラスでは非常にレアな本格トレールモデル。高級パーツをふんだんに使った、エンデューロレーサーそのものとも言えるクオリティが光る1台だ。
文:太田安治、オートバイ編集部/写真:南 孝幸

ファンティック「エンデューロ125」カラーバリエーション

クラシックレッド/ホワイト/ブルー

画像1: ファンティック「エンデューロ125」カラーバリエーション

ブラック/イエロー

画像2: ファンティック「エンデューロ125」カラーバリエーション

【アンケート】あなたはどちらのカラーが好きですか?

  • 画像1: ファンティック「エンデューロ125」インプレ・解説(2021年)林道走行をめいっぱい楽しめる本気のオフロード原付二種
    クラシックレッド/ホワイト/ブルー
  • 画像2: ファンティック「エンデューロ125」インプレ・解説(2021年)林道走行をめいっぱい楽しめる本気のオフロード原付二種
    ブラック/イエロー
  • 画像3: ファンティック「エンデューロ125」インプレ・解説(2021年)林道走行をめいっぱい楽しめる本気のオフロード原付二種
    クラシックレッド/ホワイト/ブルー
    49
    90
  • 画像4: ファンティック「エンデューロ125」インプレ・解説(2021年)林道走行をめいっぱい楽しめる本気のオフロード原付二種
    ブラック/イエロー
    51
    92

投票ありがとうございました!

ファンティック「エンデューロ125」ライディングポジション・足つき性

シート高:785mm
ライダーの身長・体重:176cm・62kg

画像1: ファンティック「エンデューロ125」ライディングポジション・足つき性

ハードな走りに対応した最低地上高とサスペンションストロークを確保した結果、シート高は935mm。ただ、シートとエンジンの幅が圧倒的にスリムなので、数値から想像するよりも足着き性は良好だ。

画像2: ファンティック「エンデューロ125」ライディングポジション・足つき性

ファンティック「エンデューロ125」各部装備・ディテール解説

エンジンはSOHC4バルブ。欧州の免許制度に対応し、パワーは11Kw(約15PS)だが、フィーリングは数値以上にパワフルで爽快。

ブラック仕上げのサイレンサーは、イタリアの名門・アロー製。スリムな車体に合った、コンパクトなエキゾーストだ。

フロントサスペンションはFRS倒立フォーク。ペータルディスクはΦ260mm、装着タイヤはミシュランのトラッカーを履く。

ブラックのアノダイズド処理が施されるアルミリムをはじめ、アルミチェーンガードやPBR製スプロケなど、パーツはいずれも一級品。

小ぶりなメーターではあるが、バーグラフ式タコメーターも備え実用性は充分。スピードメーター表示も大きくて見やすい。

画像: フラットなシートはライダーが走行時に前後への移動をしやすい形状。その真価はオフロードで活きてくる。

フラットなシートはライダーが走行時に前後への移動をしやすい形状。その真価はオフロードで活きてくる。

ファンティック「ENDURO125」主なスペック・価格

全長×全幅×全高2100×NA×NAmm
ホイールベース1420mm
最低地上高NA
シート高935mm
車両重量96kg
エンジン形式水冷4ストOHC4バルブ単気筒
総排気量124.45cc
ボア×ストローク52×58.6mm
圧縮比NA
最高出力NA
最大トルクNA
燃料タンク容量7.5L
変速機形式6速リターン
キャスター角NA
トレール量NA
タイヤサイズ(前・後)90/90-21・120/90-18
ブレーキ形式(前・後)Φ260mmディスク・Φ220mmディスク
メーカー希望小売価格81万円(消費税10%込)

文:太田安治、オートバイ編集部/写真:南 孝幸

This article is a sponsored article by
''.