モータースポーツの50年を写真で追体験!

来年2月9日から、東京・品川のCANON GALLERY Sで、モータースポーツの歴史を写真で追体験する写真展「JRPA50周年写真展」(日本レース写真家協会主催)が開催されます。

これは日本レース写真家協会(JRPA)が、2021年に創立50周年を迎えるにあたり開催される写真展なのですが、50年前からモータースポーツの最前線で撮影をしていたということに驚かされます。

ちょっと調べてみると、50年前の1971年というとWGP500(MotoGPクラスの前身)のチャンピオンはMVアグスタのジャコモ・アゴスチーニ。66年から72年まで7シーズン連続でチャンピオンを獲得していますから、その真っ最中ですね。

写真に凝縮された歴史とドラマを味わえる貴重な機会です。その重みを、ぜひ会場で味わってくださいね。

画像1: モータースポーツの50年を写真で追体験!
画像2: モータースポーツの50年を写真で追体験!

開催会場
CANON GALLERY S
東京都港区港南2-16-6
JR品川駅港南口より徒歩約8分
京浜急行品川駅より徒歩約10分
開催日程
2021年2月9日(火)~3月17日(水)
10:00~17:30(日曜・祝日は休館)
*入場は無料です

イベント詳細はコチラから!

This article is a sponsored article by
''.