ショーワの「スカイフックテクノロジー」を二輪車で初採用

2020年9月29日、川崎重工が新型「VERSYS 1000 SE」を発表しました!

2021年モデルとして、日本・欧州・米国などで市販予定となっています。欧州では、2020年10月中旬より発売予定。現在のところ日本への導入時期および価格は発表されていません。

画像: Kawasaki VERSYS 1000 SE (2021年モデル)

Kawasaki VERSYS 1000 SE(2021年モデル)

2020年モデルからの大きな変更点として、川崎重工はショーワ製の新たな電子制御サスペンション「スカイフックテクノロジー」を二輪車に初めて採用したことを挙げています。

スカイフックテクノロジーは、バイクのばね上重量がフックで支えられているかのように安定した走行を実現する技術で、サスペンションの減衰力を調整、窪みや隆起からタイヤが受けるショックを吸収して最小限に抑える、とのこと。

これにより優れた路面保持力、ピッチング(特にタンデム走行時)の抑制、高速走行時の安定かつ軽快なステアリング、雨天時の接地感向上などが期待できます。

画像: ショーワの「スカイフックテクノロジー」を二輪車で初採用

そのほか、IMUによるライディングアシスト電子制御システムやクルーズコントロール、フルカラーTFT液晶、コーナーリングライト、Bluetoothによるスマートフォン接続機能などは2020年モデルから踏襲されます。

水冷4気筒1043ccのエンジンを搭載した快適かつスポーツ性の高い「VERSYS 1000 SE」。新たな電子制御サスペンションを手に入れ、どのような乗り心地に生まれ変わるのか。

詳細は月刊『オートバイ』12月号でも紹介予定です。日本での発売時期などは分かり次第、webオートバイでもお知らせします!

まとめ:西野鉄兵/※写真は海外仕様車となります。

カワサキ「VERSYS 1000 SE」2021年モデル・海外仕様の主なスペック

全長×全幅×全高2270×950×1490mm(スクリーン最高位置の状態だと1530mm)
ホイールベース1520mm
最低地上高150mm
シート高840mm
車両重量257kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量1043cc
ボア×ストローク77.0×56.0mm
圧縮比10.3
燃料タンク容量21L
変速機形式6速リターン
キャスター角27゜
トレール量106mm
タイヤサイズ(前・後)120/70 ZR17M/C 58W・180/55 ZR17M/C 73W
ブレーキ形式(前・後)Φ310mmダブルディスク・Φ250mmシングルディスク

This article is a sponsored article by
''.