2020年1月15日にヤマハはセロー250ファイナルエディションを発売。2020年8月現在、すでに生産は終了し、店頭在庫のみとなった。35年間愛され続けたロングセラーモデルを新車で手に入れる本当のラストチャンスがいま訪れている!
文:中村浩史/写真:富樫秀明/ライダー:太田安治、木川田ステラ

ファンに愛され続けたヤマハ・セロー

画像: YAMAHA  TOURING SEROW エンジン形式:空冷4ストSOHC2バルブ単気筒 総排気量:249cc メーカー希望小売価格:税込64万4,600円 2020年モデルの発売日:2020年1月15日

YAMAHA TOURING SEROW

エンジン形式:空冷4ストSOHC2バルブ単気筒
総排気量:249cc
メーカー希望小売価格:税込64万4,600円
2020年モデルの発売日:2020年1月15日

1985年のデビュー以来、マウンテントレールという独自のジャンルを開拓し、たくさんのファンに愛されてきたセロー。モデル生涯を終えるファイナルエディションが2020年1月に発売された。

生産終了は、新たな排気ガス「令和2年規制」に適合せず、装着が義務付けられたABSも設定されていないため、と言われており、おそらく現行モデルに大掛かりなモディファイを加えるよりは……と考えたのだと思われる。

画像: (左)ツーリングセロー|(右)セロー250ファイナルエディション 税込58万8,500円 写真:柴田直行

(左)ツーリングセロー|(右)セロー250ファイナルエディション 税込58万8,500円
写真:柴田直行

セローの標榜する「マウンテントレール」とは、オフロードバイクでもトライアルバイクでもない、そのいいところ取り、というニュアンスだった。特に80年代後半は、オフロード熱の高まりもあって、ロードモデル同様、オフロードモデルもどんどん先鋭化し、モトクロッサー的な「レーサーレプリカ」と呼んでもいいようなモデルが増えた中、セローは頑なにオリジナルの立ち位置を守り、ロングセラーとなってきた。いわば、SR400と同じ人気モデルなのだ。

エンジンは初代の225cc版から一貫して20PSの、決して強力とは言い難い空冷単気筒で、高回転のパワーよりも、アイドリングすぐ上からの強力なトルクが持ち味。低いシート、スリムな車体幅、そして切れ角の大きいハンドルを武器に、都会の大渋滞も、山奥の藪漕ぎも苦にしない走破性こそがセローのマウンテントレールたるゆえんだった。

画像1: ファンに愛され続けたヤマハ・セロー

度重なる排ガス&騒音規制をクリアしてきたセローは、他メーカーの同排気量のライバルとは確実に違い、低回転からの力強いトルクが際立つかわりに、高速走行のエンジン静粛性&車体の安定性は今ひとつ。セローが得意なのは、一般道を使用した50〜60km/h中心のクルージングで、この意味でもセローはやっぱり特別なモデルだったのだ。

画像2: ファンに愛され続けたヤマハ・セロー

さらに近年ではキャンプツーリング人気も受けて、キャンプ道具を満載してのとことこツーリングが最も似合うモデルだった。たとえダートを走らなくても、突然現れる悪路をものともしない信頼感、これが唯一無二のマウンテントレールたるセローの魅力だったのだ。

This article is a sponsored article by
''.