通勤通学や街乗りをする上でかかせない夜間の視認性と被視認性。スズキの原付二種「スウィッシュ」はどうか? 実際に何日も走って分かった結果を報告します!

スズキ「スウィッシュ」は夜も強い! しかも、かっこいい!

画像: SUZUKI SWISH(スウィッシュ) 総排気量:124cc メーカー希望小売価格(税込):32万4500円

SUZUKI SWISH(スウィッシュ)

総排気量:124cc
メーカー希望小売価格(税込):32万4500円

スウィッシュとともに生活をするようになって、すぐに驚いたことがふたつありました。

ひとつは前後10インチホイールと、軽量コンパクトな車体、力強いエンジンが生み出す、圧倒的なキビキビ感。

街で無敵と思えるほど、スピーディに(しかも安全に)移動できます。

そしてもうひとつが、LEDライトの明るさです。

これは夜走ったときにすぐに気づきました。

原付二種バイクとは思えないほど、異常に明るい。しかもヘッドライトが照らす範囲が広くて、とても安心感があります。

さらにフロントにポジションランプを搭載。125ccスクーターでまさかポジションランプを搭載しているとは思わなかったので驚きました。

画像: 上に備わったふたつがポジションランプ。これだけでもかなりの存在感です。

上に備わったふたつがポジションランプ。これだけでもかなりの存在感です。

スウィッシュの灯火類はすべてLED。テールランプやウインカーもはっきりとした光で、後方からの被視認性も高いでしょう。

原付二種クラスは、車体の小ささから、夜間走行の危険性を常に意識する必要がありますが、スウィッシュの場合はひと昔前の250ccよりも安全と言えそうです。

(下に続きます)

画像1: スズキ「スウィッシュ」は夜も強い! しかも、かっこいい!

しかも各部のデザインにも凝っているため、かっこいいんですよね。

「GSX-S1000 ABS」を想起させるフェイスデザインが個人的にお気に入りのポイント。とくに車体カラー・ブルーの場合は、カラーリング名称も同じ「トリトンブルーメタリック」。

画像: 雨の夜でも気持ち的に安心感がありました。

雨の夜でも気持ち的に安心感がありました。

画像: デジタル液晶メーターも夜だとオレンジ色になり、夜走りムードを盛り上げてくれます。

デジタル液晶メーターも夜だとオレンジ色になり、夜走りムードを盛り上げてくれます。

スポーティなスウィッシュは、昼夜を問わず所有感を満たしてくれるバイクだと思います。ついつい通勤後の寄り道が増えちゃうかもしれませんね。

文・写真:西野鉄兵

画像2: スズキ「スウィッシュ」は夜も強い! しかも、かっこいい!

スズキ「スウィッシュ」の主なスペックと価格

全長×全幅×全高1830×690×1095mm
ホイールベース1250mm
最低地上高120mm
シート高760mm
車両重量114kg
エンジン形式強制空冷4ストSOHC2バルブ単気筒
総排気量124cc
最高出力6.9kW(9.4PS)/7000rpm
最大トルク10N・m(1.0kgf・m)/6000rpm
燃料タンク容量5.5L
変速機形式Vベルト無段変速
タイヤサイズ(前・後)100/90-10 56J・100/90-10 56J
ブレーキ形式(前・後)シングルディスク・ドラム
メーカー希望小売価格32万4500円(税込)

原付二種/125ccスクーターならアドレス125も!

スズキファンのためのWEBサイト!

This article is a sponsored article by
''.