クシタニと言えば編集部もお世話になっているオートバイのアパレルブランド。ツナギはもちろん、ウェアもバッグもブーツもグローブも、昔からの世代にとっては憧れのブランドであります。
そのクシタニのもうひとつの顔と言えば、新東名高速道路・ネオパーサ清水や、奈良・針テラスに出展するカフェ。そんなカフェシリーズが新規出店したのが、九州・熊本は阿蘇のワインディング「やまなみハイウェイ」にあるドライブイン「三愛レストハウス」です。

画像: カフェの壁一面に歴代のライダーのレーシングスーツが飾ってあります

カフェの壁一面に歴代のライダーのレーシングスーツが飾ってあります

画像: なんで工具箱?と思ったら、フライヤーや砂糖&ミルク置き場でした

なんで工具箱?と思ったら、フライヤーや砂糖&ミルク置き場でした

レストランやガソリンスタンド、売店やオートキャンプ場がある、熊本のライダーにはおなじみすぎる場所に出展されたクシタニカフェは、このエリア待望のカフェです! ここ、僕もツーリングで何度も行ってるんですが、売店で買い物したり、トイレ行ったり、ガス入れたりするんだけど、のんびりコーヒー飲めるとこ、なかったんですよね。缶コーヒー買って、そのへんに座って休憩、という日本古来のライダースタイル(笑)しかできなかったわけで、ホント待望のライダースカフェ!
クシタニカフェのここ、たしか団体さん用の宴会場かなんかじゃなかったっけなぁ。そんなに稼働してない休眠施設みたいなとこで、ホントいいとこにできたなー、って。

画像: 店内は超ロングテーブルやテラス席、ソファ席があって、テラス席は、天気のいい日、きっと取り合いになるだろうなぁ。ソファは座面が深くて、寝ちゃわないように注意してね テーブルのあちこちに電源があってスマホ充電どーぞ、だそうです そーゆーとこがクシタニカフェだよねぇ

店内は超ロングテーブルやテラス席、ソファ席があって、テラス席は、天気のいい日、きっと取り合いになるだろうなぁ。ソファは座面が深くて、寝ちゃわないように注意してね テーブルのあちこちに電源があってスマホ充電どーぞ、だそうです そーゆーとこがクシタニカフェだよねぇ

画像: ツナギと反対側の壁は「映え」するウィングペイントです

ツナギと反対側の壁は「映え」するウィングペイントです

ちょうど、HSR九州で行なわれた全日本モトクロス開幕戦取材に熊本入りしたんで、行ってきたんですが、天気がよくて気温も上がった春の日、レンタカーで行ったのがもったいなくてもったいなくて……。いつかゼッタイ、バイクで行きたい! そんな場所でした。

取材に対応していただいた信國さんによると、4月6日にオープンし、あまりの人出の多さに料理の材料が足りなくなっちゃって、急きょ臨時で店を閉めちゃったそうです(笑)。これから先、もっと陽気がよくなるから、たくさん仕入れとかなきゃだめよw

画像: ショップの隅には小物売り場 新東名のネオパーサとか御在所PAみたいに、クシタニ製品の物販したらいいのに、って広報部に要望出しときましたw クシタニの革小物とかチョー人気出ると思うんですけど

ショップの隅には小物売り場 新東名のネオパーサとか御在所PAみたいに、クシタニ製品の物販したらいいのに、って広報部に要望出しときましたw クシタニの革小物とかチョー人気出ると思うんですけど

店内はコーヒー、エスプレッソ、クラッシュイアイスに、オーガニックティー、スムージーと、5種のホットドッグも用意されてます。クシタニカフェのコーヒーってね、よくあるサービスエリアやコンビニの「いい方の」コーヒーなんかじゃなくて、クシタニ創業の地である浜松で焙煎した「ポンポン珈琲」ってスペシャルで、コーヒーの美味しさって点でも行きたいカフェなんです。

画像: 阿蘇のワインディングに天空のカフェ見っけ♪
~クシタニカフェ 阿蘇オープン~

これからゴールデンウィーク、夏から秋を迎えて、阿蘇のワインディングにはオートバイがあふれる季節。今年は「草千里2019」もあるし、本誌おなじみ「KRJR」(=ケニー・ロバーツ・ジャパン・ラリー)もあるし、ピースライドだってあるしね。

ぜひぜひ一度、天空のカフェ(=本誌命名です・笑)、行ってみてください♪

画像: 〒869-2402 熊本県阿蘇郡南小国町瀬の本高原 フェイスブックページは https://www.facebook.com/kushitaniaso/photos/a.2011686272458571/2011685742458624/?type=3 阿蘇わかる人は、黒川温泉のとこから442号上がっていったとこ、大観峰からミルクロードを九重の方に行ったとこ、でわかるでしょw

〒869-2402 熊本県阿蘇郡南小国町瀬の本高原 フェイスブックページはhttps://www.facebook.com/kushitaniaso/photos/a.2011686272458571/2011685742458624/?type=3
阿蘇わかる人は、黒川温泉のとこから442号上がっていったとこ、大観峰からミルクロードを九重の方に行ったとこ、でわかるでしょw

写真・文責/中村浩史

This article is a sponsored article by
''.