SUZUKI「Address125」
税込価格:27万3900円

画像: 全長×全幅×全高:1825×690×1160mm ホイールベース:1265mm シート高:770mm 車両重量:105kg

全長×全幅×全高:1825×690×1160mm
ホイールベース:1265mm
シート高:770mm
車両重量:105kg

1991年の「アドレスV100」発売以来、根強く支持されてきた『アドレス』はスズキ伝統のブランド。2022年10月に発売された新型「アドレス125」は、それまで日本国内で販売されていたモデルとはイメージが異なり、丸みのあるボディ、フラットなフロアボード、異形ヘッドライトがスタイリングの特徴。ヘッドライトとポジションランプにはLEDが採用されている。

エンジンは同時に発表された、アヴェニス125と同じくする124cc空冷単気筒のSEP(SUZUKI ECO PERFORMANCE)を搭載。コンパクトなサイズのボディとの組み合わせにより力強い加速と優れた燃費性能を両立する。始動はセルスイッチとともに、キックレバーで行うことも可能。

シート下収納スペースの容量は21.8L。ヘルメットはものにより収納可能だ。ペットボトルを入れるのに便利なフロントインナーラックを搭載。その上にはUSBソケットが標準装備されている。

ボディカラーは「ダークグリーニッシュブルーメタリック」「マットボルドーレッドメタリック」「パールミラージュホワイト」「マットブラックメタリックNo.2」という全4色のラインアップだ。

カラーバリエーション

【アンケート】あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: スズキ「アドレス125」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
    ダークグリーニッシュブルーメタリック
  • 画像2: スズキ「アドレス125」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
    マットボルドーレッドメタリック
  • 画像3: スズキ「アドレス125」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
    パールミラージュホワイト
  • 画像4: スズキ「アドレス125」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
    マットブラックメタリックNo.2
  • 画像5: スズキ「アドレス125」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
    ダークグリーニッシュブルーメタリック
    31
    39
  • 画像6: スズキ「アドレス125」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
    マットボルドーレッドメタリック
    15
    19
  • 画像7: スズキ「アドレス125」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
    パールミラージュホワイト
    37
    46
  • 画像8: スズキ「アドレス125」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
    マットブラックメタリックNo.2
    17
    21

ご投票ありがとうございました。

エンジン形式:空冷4ストSOHC2バルブ単気筒
総排気量:124cc
最高出力:6.4kW(8.7PS) / 6750rpm
最大トルク:10.0N・m(1.0kgf・m) / 5500rpm
燃料タンク容量:5.0L
変速機形式:Vベルト無段変速
ブレーキ前・後:シングルディスク・ドラム
タイヤサイズ前・後:90/90-12 44J・90/100-10 53J

スズキ「アドレス125」関連のおすすめ記事

This article is a sponsored article by
''.