YAMAHA「TRICITY125」
税込価格:49万5000円

画像: 全長×全幅×全高:1995×750×1215mm ホイールベース:1410mm シート高:770mm 車両重量:168kg

全長×全幅×全高:1995×750×1215mm
ホイールベース:1410mm
シート高:770mm
車両重量:168kg

3輪ならではの安定感・安心感を特長とし、2014年の発売以来、ヤマハ製スクーターの象徴的な一台として定着しているトリシティ125。2023年モデルは、エンジン・フレーム・足まわり・便利な装備にいたるまで、全面的に刷新された。

水冷SOHC4バルブ単気筒エンジンは平成32年(令和2年)排出ガス規制に適合。アイドリングストップ機構の「Stop & Start System」を新採用し、再発進時はスロットルを回すことで、瞬時にエンジンがかかり滑らかに発進できる。スマートキーが新採用された他、LEDヘッドライトの照射範囲の拡大や、フットボードスペースの20mm延長など車体全体にわたって最適化が図られた。

2024年モデルではボディカラーが変更された。新色の「MLグリーン」が登場し、既存のホワイト、マットグレーと合わせ全3色の設定となる。2024年モデルは4月11日に発売予定。

カラーバリエーション

【アンケート】あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: ヤマハ「トリシティ125」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
    MLグリーン
  • 画像2: ヤマハ「トリシティ125」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
    ホワイト
  • 画像3: ヤマハ「トリシティ125」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
    マットグレー
  • 画像4: ヤマハ「トリシティ125」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
    MLグリーン
    55
    46
  • 画像5: ヤマハ「トリシティ125」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
    ホワイト
    20
    17
  • 画像6: ヤマハ「トリシティ125」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
    マットグレー
    25
    21

ご投票ありがとうございました。

エンジン形式:水冷4ストSOHC4バルブ単気筒
総排気量:124cc
ボア×ストローク:52.0×58.7mm
圧縮比:11.2
最高出力:9.0kW(12PS) / 8000rpm
最大トルク:11N・m(1.1kgf・m) / 6000rpm
燃料供給方式:フューエルインジェクション
燃料タンク容量:7.2L
キャスター角:20°00′
トレール量:68mm
変速機形式:Vベルト無段変速
ブレーキ前・後:ディスク・ディスク
タイヤサイズ前・後:90/80-14M/C 43P・130/70-13M/C 57P

ヤマハ「トリシティ125」関連のおすすめ記事

This article is a sponsored article by
''.