Honda「GROM」
税込価格:39万500円

画像: 全長×全幅×全高:1760×720×1015mm ホイールベース:1200mm シート高:761mm 車両重量:103kg

全長×全幅×全高:1760×720×1015mm
ホイールベース:1200mm
シート高:761mm
車両重量:103kg

ユニークなスタイルが特徴的なミニ・スポーツであるグロム。2021年にフルモデルチェンジし、8角形デザインのLEDヘッドライト、脱着式のタンクカバーやサイドカバーなど個性的なデザインに一新。新型123cc空冷単気筒エンジンは、従来の4速から5速化されたミッションを採用。シートレールは変更されているが、フレームの基本構成や倒立フォークやブレーキは従来同様だ。燃料タンクは5.7Lから6Lへと拡大されている。

2023年モデルでは、国内の平成32年(令和2年)排出ガス規制に対応。同時にカラーバリエーションが変更された。「アステロイドブラックメタリック」と「ゲイエティーレッド」の2色の設定となる。

海外では2024年モデルがすでに発表されている。国内市場に導入される可能性も高そうだ。

カラーバリエーション

【アンケート】あなたはどちらのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: ホンダ「グロム」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
    アステロイドブラックメタリック
  • 画像2: ホンダ「グロム」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
    ゲイエティーレッド
  • 画像3: ホンダ「グロム」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
    アステロイドブラックメタリック
    56
    79
  • 画像4: ホンダ「グロム」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
    ゲイエティーレッド
    44
    63

ご投票ありがとうございました。

エンジン形式:空冷4ストOHC単気筒
総排気量:123cc
ボア×ストローク:50.0×63.1mm
圧縮比:10.0
最高出力:7.4kW(10PS) / 7250rpm
最大トルク:11N・m(1.1kgf・m) / 6000rpm
燃料タンク容量:6.0L
キャスター角:25°00′
トレール量:81mm
変速機形式:5速リターン
ブレーキ前・後:シングルディスク(ABS)・シングルディスク
タイヤサイズ前・後:120/70-12 51L・130/70-12 56L

ホンダ「グロム」関連のおすすめ記事

This article is a sponsored article by
''.