MT-09のフルモデルチェンジに続いて、オールラウンドツアラーのトレーサー900も、新たに「トレーサー9」として生まれ変わりました!新型MT-09譲りの新エンジンと軽量フレーム、そして上級グレードのGTには待望の電子制御サスも導入!その走りに期待が集まる注目モデルの詳細を早速ご覧ください!

新型MT-09をベースにトレーサーもフルチェンジ!

画像1: 新型MT-09をベースにトレーサーもフルチェンジ!

トレーサーと言えば、MTのメカニカルコンポーネンツを用いて仕立てられた、スポーティなオールラウンドツアラー、というイメージがあります。つい先日、MT-09がフルモデルチェンジを果たしたばかりですが「コレをベースにしたトレーサーはいつ出るだろう?」と期待した人も多いのではないでしょうか。

なんと!早速登場しました、新型トレーサー!車名を「トレーサー900」から「トレーサー9」として、装いも新たに大胆モデルチェンジです!

画像2: 新型MT-09をベースにトレーサーもフルチェンジ!
画像3: 新型MT-09をベースにトレーサーもフルチェンジ!
画像4: 新型MT-09をベースにトレーサーもフルチェンジ!
画像5: 新型MT-09をベースにトレーサーもフルチェンジ!

まずはその外観をじっくり見てください。トレーサーらしい造形は引き継ぎながら、フロントマスクはインパクトのある大胆なものに変わりました。先にデビューしたMT-09もかなり大胆なマスクになりましたが、トレーサーも負けじとアグレッシブになっています。

画像6: 新型MT-09をベースにトレーサーもフルチェンジ!

ちなみに上はLEDポジションランプ、ヘッドライトは下のLEDランプです。こうして見るとYZF-R1にも通じる、ヤマハらしい、ユニークなフロントマスクです。

890ccエンジンはパワー、トルクともに増強。フレームもCFダイキャスト

画像1: 890ccエンジンはパワー、トルクともに増強。フレームもCFダイキャスト

従来同様、トレーサーのエンジンとメインフレームはMT-09のものをベースとしています。890ccとなったCP3エンジンは119PSを発揮。トルクも9.5kg-mとなり、発生回転数が7000回転に下がっています。排気量アップで、新型はパワーのゆとりが相当増えている模様です。

画像2: 890ccエンジンはパワー、トルクともに増強。フレームもCFダイキャスト

このエンジンを支えるフレームは、新作のCFダイキャスト製。フレーム自体を軽くしながら、横剛性をアップ。エンジン搭載角度も47.5°から52.3°とされ、重心バランスも随分見直されている模様です。サスペンションは前後KYB製、スイングアームは新型MT-09より60mmほど長いものを採用し、操縦安定性を高めています。

上級グレードの「GT」には電子制御サスも搭載!

画像1: 上級グレードの「GT」には電子制御サスも搭載!

同時に登場した「GT」は、パニアケースを標準装備した(※海外仕様。国内仕様はオプション)上級グレードで、ツーリングを爽快に、より快適に楽しめるモデルです。パニアケースだけでなく、今回はなんと!待望の電子制御サスを採用しています。

画像2: 上級グレードの「GT」には電子制御サスも搭載!

KYB製の電子制御サスペンションは2モードが設定されているそうで、モード1が俊敏なハンドリングを実現するスポーティなもの、モード2は快適性を求めた乗り心地のいい仕様のようです。スイッチ一つでセッティングを変えられるのはとてもありがたいですね。

画像3: 上級グレードの「GT」には電子制御サスも搭載!
画像4: 上級グレードの「GT」には電子制御サスも搭載!

このほかにも、GTはバイクのバンク角に連動したコーナリングランプ(ヘッドライト上、ポジションランプの内側)やクイックシフター、専用シートやグリップヒーターなどを標準装備。時にはダイナミックに、時には優雅に走りを楽しめる仕上がりとなっています。

電子制御デバイスも充実、メーターは大胆デザイン!

画像1: 電子制御デバイスも充実、メーターは大胆デザイン!

STD、GTともに6軸IMUを採用し、3段階のトラクションコントロール、リフトコントロール、スライドコントロール、電子制御スロットル、Dモードなど、電子制御関連も充実しています。そしてメーターは3.5インチカラーTFTとなりました…が、見てください、このデザイン!ヤマハらしい遊び心ある造形ですが、左にスピード、タコを配置、右に水温やトリップなどを分けて表示させることで、視認性と機能性を大きく高めています。

画像2: 電子制御デバイスも充実、メーターは大胆デザイン!

ボディカラーはSTDが2色、GTはシルバーも加えた3色をラインアップ。MT-09もそうですが、早く日本で乗ってみたい!という期待は高まるばかり。ヤマハは国内発売を2021年春以降とアナウンスしていますが、1日も早い発売に期待しましょう。更なる詳細は月刊オートバイ1月号でご紹介しますので、そちらもお楽しみに!

ボディカラーはSTD2色、GT3色。どれが好みですか?

新型トレーサー9・カラーアンケート!

好きなボディカラーをクリックして投票してください。投票結果はクリック後にご覧いただけます。

  • 画像1: 【2021速報】MTに続いてトレーサーも激進化!!ヤマハから「TRACER 9/TRACER 9 GT」登場!
    アイコンパフォーマンス(GTのみ)
  • 画像2: 【2021速報】MTに続いてトレーサーも激進化!!ヤマハから「TRACER 9/TRACER 9 GT」登場!
    レッドライン
  • 画像3: 【2021速報】MTに続いてトレーサーも激進化!!ヤマハから「TRACER 9/TRACER 9 GT」登場!
    テックカモ
  • 画像4: 【2021速報】MTに続いてトレーサーも激進化!!ヤマハから「TRACER 9/TRACER 9 GT」登場!
    アイコンパフォーマンス(GTのみ)
    47
    1255
  • 画像5: 【2021速報】MTに続いてトレーサーも激進化!!ヤマハから「TRACER 9/TRACER 9 GT」登場!
    レッドライン
    22
    589
  • 画像6: 【2021速報】MTに続いてトレーサーも激進化!!ヤマハから「TRACER 9/TRACER 9 GT」登場!
    テックカモ
    31
    815

TRACER9/GT 主要諸元

全長×全幅×全高2175×885×1430-1470mm
ホイールベース1500mm
最低地上高135mm
シート高810-825mm
車両重量213(GTは220)kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ並列3気筒
総排気量890cc
ボア×ストローク78×62.1mm
圧縮比11.5
最高出力119PS/10000rpm
最大トルク9.56kg-m/7000rpm
燃料タンク容量19L
変速機形式6速リターン
キャスター角25.00゜
トレール量108mm
タイヤサイズ(前・後)120/70 ZR17・180/55ZR17
ブレーキ形式(前・後)φ298mmダブルディスク・φ245mmディスク

TRACER9/GT フォトアルバム

TRACER9/GTの動画はコチラ!

欧州ヤマハ公式サイト

This article is a sponsored article by
''.