ついに新型『GSX-S1000』の日本仕様が発表されました! スタイリングとスペック、そして価格を考えれば、これはかなり期待できるかも!?

スズキ2021モデルの伏兵『GSX-S1000』の価格と発売日が決定!

画像: ※写真は海外仕様

※写真は海外仕様

新型『隼』という大物が発売されたこともあり、2021年はもうこれ以上は無いだろうと思っていた矢先に突如、発表されたのが新型『GSX-S1000』です。

その日本国内仕様がついに発表されました!

基本的なスペックや装備は海外で発表されたものと、まったく同じ。

画像: スズキ2021モデルの伏兵『GSX-S1000』の価格と発売日が決定!

ちなみに日本仕様のエンジン最高出力は150馬力です。

日本と欧州では馬力の計測方法が違うため2馬力の差が出ていますが、欧州仕様のエンジン(最高出力152馬力)と完全に同仕様となります。

従来型GSX-S1000から2馬力の出力アップを果たしました。

画像: ※写真は日本国内仕様

※写真は日本国内仕様

細かい部分での欧州仕様との違いとしては、保安基準の違いによる反射板の有無など。日本仕様はサイドの反射板が無いのでスッキリしていますね。

気になる新型『GSX-S1000』の価格と発売は?

画像: トリトンブルーメタリック

トリトンブルーメタリック

そして気になる価格と発売ですが……まず発売日は2021年8月4日!

そして価格は消費税10%込みで143万円(税抜価格130万円)となりました。

従来型GSX-S1000からざっくり25万円ほどのアップですが、電子制御を含めた進化の具合を鑑みつつ、1000ccクラス/150馬力級のスーパーネイキッドとして考えると、コストパフォーマンスにも優れていると言えます。

カラーはスポーティなトリトンブルーメタリックから渋めのグラスマットメカニカルグレー、精悍な印象のグラススパークルブラックの3色を展開します。

新型『GSX-S1000』ってどんなバイク?

新型GSX-S1000において、スズキのバイク編集部の私(北岡)が注目しているのは電子制御スロットル化とパワーモードSDMSの採用による扱いやすさの部分です。

従来型GSX-S1000はある意味『ゆっくり走らせてくれない』系の手強さを持ったバイクでしたからね……

それらの情報については、以下の記事をご覧ください!

新型『GSX-S1000』は日本国内仕様が発表された本日2021年7月21日から、約2週間後の8月4日にはもう発売予定!

スズキに限った話ではありませんが、最近は世情もあって、新型バイクの生産が追い付かないのが現状です。

なので、誰よりも早く新型『GSX-S1000』で走り出したい人は、今すぐ動いたほうが賢明かと。

新しいGSX-S1000、どんな走りをしてくれるのか……楽しみですね!

新型『GSX-S1000』の開発者インタビューも公開!

従来型『GSX-S1000』シリーズの記事もあります!

スズキファンのためのWEBサイト!

This article is a sponsored article by
''.