荷物に合わせて変形するため収納しやすい、けど不安定...その柔軟性がウィークポイントにもなっていたサイドバッグですが、ドッペルギャンガーはそこに重点を置き、安全性を向上。使いやすさにこだわった機能性も充実し、バッグへの不安なんて消えちゃうかも。
画像1: DBT595-BK TPUサイドバッグ www.doppelganger.jp
DBT595-BK TPUサイドバッグ
www.doppelganger.jp

ドッペルギャンガー
TPU サイドバッグ
価格:オープンプライス
カラー:ブラック
サイズ:W44×L(D)17×H27-33cm
製品総重量(付属品含む):2.13kg
容量:28L(片側14L)
最大積載重量:10kg

画像2: DBT595-BK TPUサイドバッグ www.doppelganger.jp
DBT595-BK TPUサイドバッグ
www.doppelganger.jp

製品名にも入っているように、高い防水性やスクラッチ耐性を持つ600D(デニール)TPU素材を使用。雨にも埃にも擦れにも耐え得る素材に、確かな安心感を感じます。レインカバーがいらないため、急な天候の変化にも焦る心配なし。さらに、丸洗いできる手入れのしやすさも。

画像3: DBT595-BK TPUサイドバッグ www.doppelganger.jp
DBT595-BK TPUサイドバッグ
www.doppelganger.jp

サイドバッグのウィークポイントである不安定さに対し、縫製を強化することでバッグの脱落を防止。荷重を一点に集中させず、数カ所に分散させる独自の保持構造で耐久性や荒れた道での安定性を実現してます。

画像4: DBT595-BK TPUサイドバッグ www.doppelganger.jp
DBT595-BK TPUサイドバッグ
www.doppelganger.jp

キャンプギアが収まってしまうほど容量が多いながら、スリムにまとめられるのもサイドバッグの良さ。表面にはエアバルブが備わっており、内部の空気を抜き出すことが可能。圧縮することでバッグの膨張を抑えることができます。

さらには紐を引っ張るだけという開けやすさや、使用しない時には折り畳めるなど、ライダーの使いやすさを考慮した機能が充実していますよ。

This article is a sponsored article by
''.