ちょっとやそっとじゃ人の性格は解らないものですね。「バイクも実は同じじゃない?」と、じっくり1週間乗ってみて、様々なシチュエーションや道で感じたことをお伝えします!
ただ1週間で、どれだけ走行距離を伸ばすかを自慢する企画ではありませんよ、念のため。
梅雨明け前の、気温40度にも達するアスファルト上で見えてきたモノは! なんでしょう?
オートバイRIDE編集部:山口銀次郎担当

鹿児島は桜島の夕陽を撮りたくて一目散に疾走ったら一日で1600Km……

画像: 関東モンにとっては九州の玄関口となる関門海峡。福岡であろうが、鹿児島であろうが「もう一踏ん張り!」の値が同じなのは、関東モンのお気楽モンが故でしょうか?

関東モンにとっては九州の玄関口となる関門海峡。福岡であろうが、鹿児島であろうが「もう一踏ん張り!」の値が同じなのは、関東モンのお気楽モンが故でしょうか?

夏の空を追いかけて、夏だけの夕陽を写真に収めたくて、鹿児島は桜島を目指しました。千葉から鹿児島へ、走行距離1600km以上の行程となる初日。ロング走行を共にするバイクは、「飽きのこない味わい深いヤツが良い」と、カフェのマスターが言ってたっけ? いや、たこ焼き屋の主人だっけか? いずれにせよ、「飽き」イコール「苦痛」となることは想像に容易いと思いますが、旅をより楽しむには苦痛を感じたくないものですね。今回の旅は、休暇を利用してのんびりとスケジュールが組めたので、試乗する車両次第で、といった車両ありきのユルユルプランでありました。

画像: 桜島の頂上より立ち上る暗雲が私の頭上に…… バラバラと、局地的に雨を降らすのでした……

桜島の頂上より立ち上る暗雲が私の頭上に…… バラバラと、局地的に雨を降らすのでした……

無理したプランではなく導かれた、というべきか?

トレーサーの初見でビビッとキちゃいました。松田聖子氏にキた、アレと一緒です。独特の並列3気筒ならではのフィーリング! 低回転からトルク豊かで、エンジン回転数によって様々なパルス感を演出し、それでいてバシッと胸すく加速力、ちょっとやそっとでは「語れんぞコリャ」となるワケで、なかなかの旅行程を画策してしまったということです。
 4444km走行した確信を、早々に突きたいと存じます、せっかちなので。え〜、手が痺れた。……唯一のネガに感じたことです、ハイ。とはいえ、なにも手につかなくなるというものではなく、うっすらボヤ〜ンと感触が残る程度なので、2時間も経てば忘れることができる程度です。
 そう、それだけマイナスイメージがなく、走ること自体がエキサイティングで、時に熱く、時に和ませ、とにかくクリアで健やかなマインドで常にいられるといった具合。なので、個性あるフィーリングをシチュエーションに左右されずに、素直に受け入れ楽しみ続けることができるのです。それすなわち、飽きがこないということなのかもね、とこの旅で感じることができました、ありがとう〜。

早々に締めに入るワケにはいかないので、残りの6日間お付き合いよろしくです!

1日目の行程:千葉県茂原から鹿児島鹿屋へ:1612.2km走行(ほぼ高速道路オンリー)

画像: 「3度の飯よりバイク好き〜」と、思われがちな43歳。否定のしようがないのですが、それって年齢的にもど〜なんでしょう? なん人にも「落ち着けよ」と、言われたことがないのでスクスクとここまで育ってしまいましたが……。ま、反省も後悔もしておりません、ハイ。愛車は、23年前に3万円で買ったCB750FAとカスタムモンキー。身長178cm、体重80Kg。ウエア協力:アライヘルメット/RX−7X カドヤ/ライドワークパーカ-、アーバンライトパンツ アルパインスターズ/SP-8レザーグローブ

「3度の飯よりバイク好き〜」と、思われがちな43歳。否定のしようがないのですが、それって年齢的にもど〜なんでしょう? なん人にも「落ち着けよ」と、言われたことがないのでスクスクとここまで育ってしまいましたが……。ま、反省も後悔もしておりません、ハイ。愛車は、23年前に3万円で買ったCB750FAとカスタムモンキー。身長178cm、体重80Kg。ウエア協力:アライヘルメット/RX−7X カドヤ/ライドワークパーカ-、アーバンライトパンツ アルパインスターズ/SP-8レザーグローブ

画像: 早々に締めに入るワケにはいかないので、残りの6日間お付き合いよろしくです!

YAMAHA
MT-09 TRACER
MT- 09のフレームやエンジンといった基本的なコンポーネンツをベースにしたアドベンチャーツアラー。トラクションコントロールを標準装備、優れた防風性能を備えたアッパーカウルやナックルガードで快適性を確保し、燃料タンクもプラス4ℓ大容量化。好みに合わせて高さを調整できるハンドルとシート、機能的な液晶メーター、LEDヘッドライトなど装備も充実。2017年モデルではアシスト&スリッパークラッチが新採用され、カラーバリエーションは全3色となっている。
Color Variation:
ディープパープリッシュブルーメタリックC、マットダークグレーメタリック6、ダークグレーメタリックG
●全長×全幅×全高:2160×950×1345㎜ 
●ホイールベース:1440㎜
●シート高:845/860㎜ 
●車両重量:210㎏ 
●エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列3気筒 
●総排気量:845㏄ 
●ボア×ストローク:78.0×59.0㎜ 
●圧縮比:11.5:1 
●最高出力:116PS/10000rpm 
●最大トルク:8.9㎏-m/8500rpm 
●燃料供給方式:フューエルインジェクション 
●燃料タンク容量:18L 
●キャスター角/トレール量:24.0°/100㎜ 
●変速機形式:6速リターン 
●ブレーキ形式 前・後:ダブルディスク・ディスク 
●タイヤサイズ 前・後:120/70ZR17・180/55ZR17
価格=106万9200円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.