少年たちの宝物になって欲しい! カッコよくて乗りやすい1台

もし僕が高校生で、こんなバイクがあったら、死ぬほどバイトしてでも欲しい——。いや、今は息子が免許を取ったら買ってあげたい、そんなバイクがこの新型グロムだ。グロムは、フューエルインジェクションを採用した空冷単気筒エンジンを搭載するストリートバイク。決してパワフルじゃないけれど、ボディサイズを考えると、そんなに非力さは感じないエンジン特性だ。125㏄の単気筒って、先入観ではぎゃんぎゃんに回転数を上げて走らないと進まない、ってイメージがあるけれど、グロムは回転を上げなくてもトルクが出てくるタイプで、急かされることがない。

それでも、回転を上げていけばぐんぐんスピードが乗っていって、普通はのんびり、でも回すと速い、という2面性が楽しめる。今回の試乗でも、5000回転あたりのエリアを使っての〜んびり走るのが中心だったけれど、7000回転以上になればレスポンスが俊敏で、スピードも乗ってくる! 別の機会でテストコースを走った時には、100㎞/h巡航でもまったく苦にならない快適性もあった。振動も少ないし、低回転域からトルクもあるし、125㏄という排気量が信じられないほどだった。

車体はこのサイズとはいえ、しっかりした剛性があって、フロント120幅、リア130幅の12インチファットタイヤが安定性を確保してくれている。とはいえ、クイックさもきちんと残っていて、怖さを感じないヒラヒラ感が味わえる。乗り心地がいい分、スポーティな走りではちょっとフワフワ感があるけれど、これは例えばフロントフォークオイルを替えるだけで解決しそう。ギア付き125㏄といえばチョイ乗りがメインだろうけれど、通勤通学、さらに下道100㎞レベルの長距離だって苦にならない快適性もある。欲を言えば、ミッションは5速が欲しいし、シートポジションももう少し前後に自由度があるといいな。

フェイスリフトを受けた新型のデザインは、ギア付き原付2種カテゴリーではベストの1台だろう。問題は、このカテゴリーに誰が食いついているのか、ってところで、やっぱり原付免許で125㏄まで乗れる、なんてルールになったら、爆発的に伸びるクラスなんだろうなぁ、と思う。2人乗りも出来るし、法定速度も原付1種の30㎞/hに対し、2種は60㎞/h。2段階右折規制もなければ、税金も保険もお得な原付2種は、もっともっと可能性があるクラスなのだと思う。

ギア付きのバイクに乗るのが、原付免許を取ったばかりの頃の僕の夢だった。当時ウチには母ちゃんのタクトがあったけれど、友達の母ちゃんはシャリィで、カブみたいなノークラッチ自動遠心とはいえ、ギア付きが本当にうらやましかった。免許取りたての少年に、ギア付きバイクは宝物なのだ。それって、今もきっと変わっていないんだと信じたい!

画像: モタードイメージのグラマラスな先代の面影を踏襲しながら、エッジの効いたシャープでモダンなフォルムに進化。ボディカラーはパールバレンタインレッド、レモンアイスイエロー、パールヒマラヤズホワイトの3色。

モタードイメージのグラマラスな先代の面影を踏襲しながら、エッジの効いたシャープでモダンなフォルムに進化。ボディカラーはパールバレンタインレッド、レモンアイスイエロー、パールヒマラヤズホワイトの3色。

画像: 新型グロムを強烈に印象付けるアイテムがこの新設計LEDヘッドライト。シャープな外装にマッチした、上下2眼式のデザインを採用。上がロー、下がハイビームとなる。

新型グロムを強烈に印象付けるアイテムがこの新設計LEDヘッドライト。シャープな外装にマッチした、上下2眼式のデザインを採用。上がロー、下がハイビームとなる。

画像: トルクフルでフラットな特性で、力強い走りを支える空冷のOHCシングルユニットと4速マニュアルミッションは従来型と同様。パワースペックの変更はない。

トルクフルでフラットな特性で、力強い走りを支える空冷のOHCシングルユニットと4速マニュアルミッションは従来型と同様。パワースペックの変更はない。

画像: 今回のモデルチェンジで最大の変更点のひとつがこのマフラー。従来のアップタイプからダウンタイプとなり、サイレンサーも6角形タイプのシャープなものに変更されている。

今回のモデルチェンジで最大の変更点のひとつがこのマフラー。従来のアップタイプからダウンタイプとなり、サイレンサーも6角形タイプのシャープなものに変更されている。

画像: 一体型の大型液晶メーターは基本的に従来型と同様で、バーグラフ式タコメーターなど、視認性に優れたデザインを採用。バックライトはアンバーからブルーに変更された。

一体型の大型液晶メーターは基本的に従来型と同様で、バーグラフ式タコメーターなど、視認性に優れたデザインを採用。バックライトはアンバーからブルーに変更された。

画像: ホンダのオートバイとしては初の「リトラクタブルキー」を採用。ボタンひとつでキーがジャックナイフのように出る仕組みだ。

ホンダのオートバイとしては初の「リトラクタブルキー」を採用。ボタンひとつでキーがジャックナイフのように出る仕組みだ。

主要諸元
全長×全幅×全高 1755×730×1000㎜
ホイールベース 1200㎜
シート高 760㎜
車両重量 104㎏
エンジン形式 空冷4ストOHC2バルブ単気筒
総排気量 124㏄
ボア×ストローク 52.4×57.9㎜
圧縮比 9.3
最高出力 9.8PS/7000rpm
最大トルク 1.1㎏-m/5250rpm
燃料供給方式 PGM-FI
燃料タンク容量 5.7ℓ
キャスター角/トレール 25度/81㎜
変速機形式 4速リターン
ブレーキ形式 前・後 φ220㎜ディスク・φ190㎜ディスク
タイヤサイズ 前・後 120/70-12・130/70-12

※記事はオートバイ2016年8月号(↓)より

オートバイ 2016年8月号 [雑誌]

モーターマガジン社 (2016-07-01)
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.