本誌5月号でも掲載した「ホルヘ・ロレンソ ドゥカティ移籍」がついに正式発表されました。
「ドゥカティは、スペイン人ライダー、ホルヘ・ロレンソとの間で、MotoGP世界選手権の2017-2018年シーズンの2年間の契約に合意したことを発表しました。ロレンソはドゥカティ チームよりデスモセディチGPを走らせることとなります」とはドゥカティからのプレスリリース。

「ヤマハはホルヘ・ロレンソとのパートナーシップを2016年MotoGPシーズンの終わりと同時に終了します。同時にロレンソは、新しいレーシングチャレンジを始めます。2008年にロレンソがヤマハファクトリーレーシング入りしてから、3度のワールドタイトルと、141レースで41勝をあげ、99度の表彰台を獲得しています。ヤマハは、ホルヘのこれまでの貢献に感謝するとともに、9シーズン目の2016年の残りのレースにおいても、もっと印象的な瞬間を共有したいです」とはヤマハから。

画像: <MotoGP>ついに正式発表! ロレンソ、ドゥカティへ

移籍か残留かと注目されたロレンソの去就がようやく決まりました。ワールドチャンピオンが、その次のシーズンが始まって早々に移籍を発表するなんてなかなかなかったことですが、こうなるとロレンソには、エディ・ローソンやバレンティーノ・ロッシのように、今年2016年、そしてドカに移籍する2017年にもチャンピオンになって「移籍即チャンピオン」を目指してもらいたいね!

オートバイ 2016年5月号 [雑誌]

モーターマガジン社 (2016-04-01)
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.