きょう、いやもう昨日ですね、11月26日は
アルパインスターズ2016SSコレクションの発表会にお招きいただきました。
と、そこにゲスト登場! 日本人唯一のMoto2ライダーです!
シーズン終わって、ヘレスのテストすませて帰国しました!
中上貴晶 23歳。4年目のシーズン報告、いただきました!

画像: オートバイさん、いつもうちの岡田監督がお世話になってます!

オートバイさん、いつもうちの岡田監督がお世話になってます!

写真・文/ナカムラヒロフミ

画像: ちなみに中上、アルパインスターズ契約になって2年目のシーズンを終えました。 「前のイタリアメーカーと比べると、動きやすい、軽い、包み込まれるような感じです。 それと、2015年はエアバッグ4回開いちゃったんですが、ぜんぜんケガしなかったんです! アルパインスターズさんにお世話になって2シーズン、ケガなしなのが嬉しいです」

ちなみに中上、アルパインスターズ契約になって2年目のシーズンを終えました。
「前のイタリアメーカーと比べると、動きやすい、軽い、包み込まれるような感じです。
それと、2015年はエアバッグ4回開いちゃったんですが、ぜんぜんケガしなかったんです!
アルパインスターズさんにお世話になって2シーズン、ケガなしなのが嬉しいです」

2015年の中上は、獲得ポイント100、ランキング8位でシーズンを終えました。
予選最高位は5番手、決勝最高位はサンマリノGPの3位!
特にシーズン後半は、行きそうで行けないレース展開が続き
うわぁぁもうちょっと! 惜しいぃぃ…ってレースが多かったように思います。
「シーズン序盤はうまく流れに乗れなかったんですが
シーズン中盤くらいから安定してペースをつかめるようになったシーズンでした。
日本GPが一番気合入ってたんですけどね…転んじゃいましたけど」
なんといっても、今年の中上のハイライトはサンマリノGPの3位表彰台。
上位陣に必死について行って、レース後半に勝負を仕掛ける!
その戦略がピタリとはまった3位表彰台でした。

画像: サンマリノGPが行われたミザノ・ワールドサーキットは、子供のころからのライバルであり 親友だった富沢祥也が眠る場所。中上、ここでシャンパンをブチまけた!

サンマリノGPが行われたミザノ・ワールドサーキットは、子供のころからのライバルであり
親友だった富沢祥也が眠る場所。中上、ここでシャンパンをブチまけた!

画像: レース序盤、集団に飲み込まれることが多かった中上。スタートから3周くらいまでの混雑 をどうさばくか、が課題。そこが上手くいったレースは上位入賞を果たしているからね!

レース序盤、集団に飲み込まれることが多かった中上。スタートから3周くらいまでの混雑
をどうさばくか、が課題。そこが上手くいったレースは上位入賞を果たしているからね!

画像: 日本GPでは予選7番手からスルスルと上位に上がって、表彰台圏内を走りながら転ん じゃいました。記念すべきGP100レース目、ホームGPだって燃えてたのに…。 「すいません、反省してます。気合入りすぎちゃったみたいです」

日本GPでは予選7番手からスルスルと上位に上がって、表彰台圏内を走りながら転ん
じゃいました。記念すべきGP100レース目、ホームGPだって燃えてたのに…。
「すいません、反省してます。気合入りすぎちゃったみたいです」

「僕とチームの戦略は、とにかくペースを最後まで落とさない走りです。
2015年は、新しい仕様のタイヤフィーリングがちょっと変わって
シーズン序盤はサスとのマッチングに苦しんだ感じでした。
そこは走り込んで走り込んで、フリーでも予選でもロングランをやって
タイヤが消耗してきて、まわりがガクンとペースを落とすころ
こっちはペースを落とさずに、結果的に順位が上がってくる、って
そういうレースをしていたんです」
それがハマったのが、あのサンマリノGP。
中上は最後の最後まで必死にトップグループにいて
今年のチャンピオン、ザルコと、去年のチャンピオン、ラバトに次いで3位。
間違いなく、あの瞬間は世界ナンバー3に、中上はいました。
「レースの課題ははっきりしてるんです。
タイヤを最後まで消耗させずに走ろうとすると
そうしてもスタート直後、集団の中での位置取りが落ちてしまう。
そこで中盤までなんとか踏ん張って、後半勝負!なレースがしたいんです」
他にも、タイヤチョイスやサスペンションの仕様など
ずっと上位陣にいられなかった原因はあったはずなんだけど
中上はそこを、言い訳にしない。

画像: 2016年も同じチーム。スタッフがやや変更になりますが、同じ体制で3年目というのは、 背水の陣であり、大チャンスでもあります。

2016年も同じチーム。スタッフがやや変更になりますが、同じ体制で3年目というのは、
背水の陣であり、大チャンスでもあります。

「同じマシン、同じサス、同じタイヤで速い人もいるんだから
あとは自分が努力するだけです。
せっかくいい環境で走らせてもらっているから
なんとか、もっといいところを走りたいです」
2016年も、引き続き「ホンダTeamアジア」から参戦する。
マシンも引き続きカレックス。細かいマシン仕様の詰めは
2016年2月に始まるテストで決めていくことになる。
「2016年仕様のカレックスシャシーのテストをしてきたんですが
すごく感じがよかった! 特にフロント周りの剛性感とか、すごくイイ。
あとは16年仕様のタイヤ、16年仕様のサスを決めて
来年こそは勝負のシーズンにしたいです」
2016年は、最高峰MotoGPクラスに日本人ライダーがいない2年目。
まずは、ココ早く解消してね、というと
「ガンバリマス!
アジアタレントカップとか、若い日本人ライダーが増えてますからね。
早く一緒に走りたいし、お手本にならなきゃ!」
現在のMoto2クラスにあって、中上は確実にトップライダーのひとりだ。
それがトップ5なのか、トップ10なのか、そこがランキング8位という数字。
それでも、シーズン後半戦は、予選2列目までに並んで
スタートからペースを上げて行くレースが出来ていた。
2016年、いつもトップグループで走って、つねに表彰台を狙う位置に
そして念願の初優勝も決めて、MotoGPクラスに上がってこい!
なんたって、07年、MotoGPアカデミーで一緒に走ってた同期たちが
もうMotoGPクラスでトップ走ってるんだからね!

画像: ちなみにその同期って、レプソルホンダのマルクさんってライダーです。負けるなタカ!

ちなみにその同期って、レプソルホンダのマルクさんってライダーです。負けるなタカ!

<来年もモーレツに応援するぞー! ナカムラ>

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.