画像: 1週間で3453Km! オートバイと一週間生活『KAWASAKI Ninja1000ABS編』2日目

RIDE集会が開催された柏崎へ。由利本荘から330km程をオール雨天走行にて、前日にカウルに張り付いた虫は綺麗サッパリ流れ落ちました。旅の前にプレクサスを吹いておいたお陰だね!

画像: RIDE集会が開催された柏崎へ。由利本荘から330km程をオール雨天走行にて、前日にカウルに張り付いた虫は綺麗サッパリ流れ落ちました。旅の前にプレクサスを吹いておいたお陰だね!

柏崎より神社巡拝家であり「3度の飯よりパンが好きぃ〜」でお馴染みの、佐々木優太さんのラジオゲストに参加するため、300Km程を横浜のたまプラーザ駅中スタジオへ移動。そしてそして、翌日のショーイベントのため、90Km程を千葉茂原へ移動。

画像1: 柏崎より神社巡拝家であり「3度の飯よりパンが好きぃ〜」でお馴染みの、佐々木優太さんのラジオゲストに参加するため、300Km程を横浜のたまプラーザ駅中スタジオへ移動。そしてそして、翌日のショーイベントのため、90Km程を千葉茂原へ移動。
画像2: 柏崎より神社巡拝家であり「3度の飯よりパンが好きぃ〜」でお馴染みの、佐々木優太さんのラジオゲストに参加するため、300Km程を横浜のたまプラーザ駅中スタジオへ移動。そしてそして、翌日のショーイベントのため、90Km程を千葉茂原へ移動。
画像3: 柏崎より神社巡拝家であり「3度の飯よりパンが好きぃ〜」でお馴染みの、佐々木優太さんのラジオゲストに参加するため、300Km程を横浜のたまプラーザ駅中スタジオへ移動。そしてそして、翌日のショーイベントのため、90Km程を千葉茂原へ移動。

スクリーンは3段階アジャスト!

スクリーンの傾斜が最大幅20°、3段階の調整が可能となっている。一番低い状態でもウインドプロテクション効果が高いのですが、最大引き起こし状態は、さらなる別格の快適ゾーンに誘ってくれます。

荒ぶる魂を抱えてる感じが、タ、タ、タマラン!

水冷並列4気筒のリッターエンジンは、低回転域から太いトルクを惜しみなく発生させ、走り出した瞬間から明らかにシルキーさが増した(なんだか表現が変……)贅沢な仕上がりに。擬音に頼るなら「ズーズー」といっていた感じが「ヌームゥー」といった具合に。濁音レスの調教に、2気筒程多いビッグクルーザーのフィーリングを重ね合わせてしまいますね〜。この大らかで大河の如くな演出に雰囲気が、スーパースポーツモデルと異なる特性といえるでしょう。
 そんなシルキーテイストも、5000回転を越えると荒ぶるフィーリングに変化し、獰猛さを増す演出がされております。とりわけ、「獰猛」と表現してしまうと扱い辛そうに捉えられるかも知れませんが、そこは御安心を。全ては手の内といった具合に、リニアでコントローラブルでございます、よ。また、ストローク量を抑えつつコシ強であり柔軟な足まわりと、コンパクトでギュッと引き締まった車体構成により、140馬力超のパワーも、穏やか且つ健やかに飼い馴らすことが可能でしょう。ここ、優等生な雰囲気満点ですからね〜。明日へ続く〜

2日目の行程:由利本荘〜新潟柏崎〜横浜たまプラーザ〜千葉茂原:782.2Km(7割りほど高速道路)

画像: 2日目の行程:由利本荘〜新潟柏崎〜横浜たまプラーザ〜千葉茂原:782.2Km(7割りほど高速道路)

KAWASAKI
Ninja1000ABS

2011年にデビューしたニンジャ1000は、Z 1000と基本的に共通のフレームとエンジンをベースにフルカウルを装着、優れたスポーツ性とツアラー適性を兼ね備えた、オールラウンドな大排気量スポーツとしてあっという間に人気モデルとなった。その基本メカニズムとコンセプトを受け継ぎながら熟成を続けてきたが、待望の国内仕様がついに登場した2017年モデルでは、IMU・慣性計測装置を核としたエンジン&シャーシマネジメントパッケージであるKCMFを装備して、最新のトラクションコントロールやABSを統合制御して、快適で安全なライディングをサポートすることが可能となった。さらによりシャープな雰囲気にリファインされたスタイリング、ETC車載器の標準装備、ECUのセッティングなどを見直し5 PSパワーアップしたエンジン、ギアポジションインジケータの追加など、さまざまな部分でより魅力的に進化したモデルだ。9月1日からはカラーを変更した2018年モデルの発売も開始される。

2018 NewColor Variation
メタリックスパークブラック×メタリックグラファイトグレー
メタリックマットフュージョンシルバー×メタリックフラットスパークブラック

●全長×全幅×全高:2100×790×1185㎜[ハイポジション:1235㎜]
●ホイールベース:1440㎜
●シート高:815㎜
●車両重量:235㎏
●エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
●総排気量:1043㏄
●ボア×ストローク:77.0×56.0㎜
●圧縮比:11.8:1
●最高出力:141PS/10000rpm
●最大トルク:11.3kg-m/7300rpm
●燃料供給方式:フューエルインジェクション
●燃料タンク容量:19L
●キャスター角/トレール:24.5°/102㎜
●変速機形式 :6速リターン
●ブレーキ形式 前・後:ダブルディスク・ディスク
●タイヤサイズ 前・後:20/70ZR17・190/50ZR17

価格=127万4400円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.