最高出力は7馬力もアップ!

低回転域から高回転域まで力強い出力特性の並列4気筒エンジンと扱いやすい車体サイズのロードスポーツモデルHONDA CBR650FとHONDA CB650Fが、先鋭的でスポーティーなスタイリングに刷新するとともに、吸気・排気のトータルエアマネジメントを徹底的に追求し出力を向上、力強い走りをさらに熟成させて4月14日(金)に発売されることになった。
 
両モデルとも650ccDOHC並列4気筒エンジンの動力性能をさらに引き出すために、より多くのエアを導入する吸気流路を新設。エアファンネルの短縮化やマフラーの内部構造を3室から2室に変更することで、最高出力を5kw(7馬力)向上している。これにより、低・中回転域のトルク特性の向上と、高回転域の伸びを両立。加えて、トランスミッションの2速から5速の変速比をローレシオ化することで、力強い加速フィーリングを実現している。

HONDA CBR650F ヴィクトリーレッド 103万1400円

HONDA CBR650F パールグレアホワイト 99万9000円

HONDA CBR650F マットガンパウダーブラックメタリック 99万9000円

フロントサスペンションには、新たに減衰力特性に優れたショーワ製「デュアル ベンディング バルブ」を装着し、しなやかで路面追従性に優れた上質な乗り心地を実現している。リアには従来同様、路面状況やユーザーのライディングに合わせて調整可能な7段階プリロードアジャスターを採用。ブレーキは、フロントに320mm大型ダブルディスクと2ポットキャリパー、リアに240mmディスクと1ポットキャリパーを組み合わせ、フロント、リアともにウェーブディスクを装着している。さらに、ABSは標準装備だ。

シャープで先進的な印象を与える高輝度LEDヘッドライトを新たに採用し、ヘッドライト周辺のカウル形状を見直すことで、走行時により多くの空気を吸気ダクトに導入する構造としている。

ネイキッドモデルのCB650Fもより先進的なデザインに

シャープで先進的な印象を与える高輝度LEDヘッドライトを新たに採用することで攻撃的なスタリになったCB650F。走行時に吸気ダクトへ積極的に空気を導くようにシュラウドのデザインを変更。ハンドルは従来よりフラットな形状のバーハンドルタイプを採用することで、低く構えたライディングポジションとなった。

HONDA CB650F ヴィクトリーレッド 92万3400円

HONDA CB650Fソードシルバーメタリック 92万3400円

CBR650F/CB650F
主要諸元
車名・型式 ホンダ・2BL-RC83
全長×全幅×全高 (mm) 2,110×755×1,145/2,110×780×1,075
軸距 (mm) 1,450
最低地上高 (mm)★ 130/150
シート高 (mm)★ 810
車両重量 (kg) 213/208
乗車定員 (人) 2
最小回転半径 (m) 3.0/2.8
エンジン型式・種類 RC83E・水冷4ストロークDOHC4バルブ直列4気筒
総排気量 (cm3) 648
内径×行程 (mm) 67.0×46.0
圧縮比 ★ 11.4
最高出力 (kW[PS]/rpm) 66[90]/11,000
最大トルク (N・m[kgf・m]/rpm) 64[6.5]/8,000
燃料消費率(km/L)
国土交通省届出値【定地燃費値】 31.5(60km/h定地走行テスト値)<2名乗車時>
WMTCモード値★(クラス) 21.4(クラス3-2)<1名乗車時>
燃料供給装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式 ★ セルフ式
点火装置形式 ★ フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 ★ 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量 (L) 17
クラッチ形式 ★ 湿式多板コイルスプリング式
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1 速 3.071
2 速 2.352
3 速 1.888
4 速 1.560
5 速 1.370
6 速 1.214
減速比(1次★/2次) 1.690/2.800
キャスター角(度)★/トレール量(mm)★ 25°30´/101
タイヤ 前 120/70ZR17M/C(58W)
後 180/55ZR17M/C(73W)
ブレーキ形式 前 油圧式ダブルディスク
後 油圧式ディスク
懸架方式 前 テレスコピック式
後 スイングアーム式
フレーム形式 ダイヤモンド
(★の項目はHonda公称諸元 またはHonda公表諸元)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.