軽快感を強調するため、アンダーカバーは廃止に

399cc水冷並列2気筒エンジンと、フレームを共有するホンダ400シリーズの中で、大容量タンクやアジャスト機構付きの大型ウインドスクリーンを装着したアドベンチャーツアラー仕様が400X。着座位置の自由度を高くしたポジション設定、キャスター角やトレール量を増やすことで安定感を高め、快適なツアラーに仕上げられているのが大きな特徴。

その400Xが各部を熟成させ、新カラーを追加して登場。新型はマフラーデザインが新しくなり、メインステップホルダーも変更。軽快なイメージを強調するためにアンダーカバーは廃止されています。

新色は「キャンディープロミネンスレッド」「ソードシルバーメタリック」の2色で、継続色の「パールサンビームホワイト」と合わせて3色のカラーバリエーション設定に。

税込価格は74万1960円で、ABS仕様は79万2720円。発売日は4月17日(月)となっています。

画像: 軽快感を強調するため、アンダーカバーは廃止に

クロスオーバーモデル「400X」の各部の熟成を図るとともにカラーリングを変更し発売

Hondaは、冒険心を掻き立てる力強いクロスオーバースタイルに、低・中回転域から高回転域までスムーズな出力特性のエンジンを搭載し、市街地走行からツーリングまで幅広い使用用途を可能としたモデルとして好評を得ている「400X」の熟成を図るとともに、カラーリングを変更して、4月17日(月)に発売します。

400Xは、冒険心を高揚させるダイナミックなスタイリングコンセプト「FEEL THE ADVENTURE FORM」を踏襲したデザインに、低・中回転域から高回転域までスムーズで扱いやすい出力特性で定評のある水冷・DOHC・直列2気筒400ccエンジンを搭載したクロスオーバーモデルです。

今回、軽快感のあるデザインと歯切れのよい排気サウンドが魅力の小型異形マフラーを採用するとともに、小型のメインステップホルダーを採用。またアンダーカバーを廃止することで、サイドビューの軽快なイメージを強調させました。

車体色には、新たに上質感のあるキャンディープロミネンスレッドと街中でも映えるソードシルバーメタリックを採用し、継続色のパールサンビームホワイトと合わせ、全3色の設定としています。

画像: HONDA 400X(キャンディープロミネンスレッド)

HONDA 400X(キャンディープロミネンスレッド)

画像: HONDA 400X(ソードシルバーメタリック)

HONDA 400X(ソードシルバーメタリック)

「パールサンビームホワイト」は継続で、合計3色のカラーバリエーションに!

画像: HONDA 400X(パールサンビームホワイト)

HONDA 400X(パールサンビームホワイト)

問い合わせ

お客様相談センター 0120-086819(オーハローバイク)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.