国内仕様として2017年3月17日に発売開始!

海外では試乗会も開催されるなど、国内導入が待たれていたホンダの新型CBR1000RRですが、ついに国内リリースの正式な発表がありました。

しかも、スタンダードの「CBR1000RR」と、更なる充実の足まわりを装備した上級仕様の「CBR1000RR SP」が2017年3月17日に同時発売されます。最高出力はいずれもフルパワーの192PSを実現。

価格はスタンダードが201万4200円〜、SPが246万2400円となっています。

画像: 国内仕様として2017年3月17日に発売開始!
画像: HONDA CBR1000RR SP (ヴィクトリーレッド) ■税込価格:204万6600円

HONDA CBR1000RR SP (ヴィクトリーレッド) ■税込価格:204万6600円

画像: HONDA CBR1000RR SP (マットバリスティックブラックメタリック) ■税込価格:201万4200円

HONDA CBR1000RR SP (マットバリスティックブラックメタリック) ■税込価格:201万4200円

※以下、リリースより

操る楽しみを進化させた大型スーパースポーツモデル 「CBR1000RR」「CBR1000RR SP」をフルモデルチェンジし発売

Hondaは、高性能な水冷・4ストローク・DOHC・直列4気筒1000ccエンジンを搭載し、徹底した軽量・コンパクト化や新たな電子制御技術を採用するなど、総合性能を高めた大型スーパースポーツモデル「CBR1000RR」と、CBR1000RRをベースに、足回りなどの専用化とさらなる軽量化を図った一人乗り仕様の「CBR1000RR SP」をフルモデルチェンジし、3月17日(金)に発売します。

今回発売するCBR1000RRは、1992年発売の初代モデル「CBR900RR」から継承されてきた開発コンセプトである「トータルコントロール〜操る楽しみの最大化」の進化を図るため、「ネクストステージ“トータルコントロール”操る楽しみの進化」を開発テーマに、クラス最軽量※1の車両重量とマス集中化がもたらす軽快性、出力向上と扱いやすい特性を両立したパワーユニット、ファンライディングをサポートする電子制御技術を採用し、操る楽しみを追求したCBRシリーズの最上位モデルです。

CBR1000RR SPには、走行状況に応じて減衰力を制御し最適な特性を提供するÖHLINS(オーリンズ)製 Smart EC※2システム採用の電子制御サスペンションのほか、ブレンボ製フロントブレーキキャリパーを装備。また、より一層の軽量化とマス集中化を図るため、リチウムイオンバッテリーを搭載したほか、公道用量産車として世界初※3のチタン製フューエルタンクを採用するなど、よりスポーツ走行時の楽しみを視野に入れた特別な仕様としています。

※1Honda調べ(2017年3月現在)。直列4気筒1000ccスーパースポーツクラス
※2ÖHLINS Smart ECは、スウェーデンÖHLINS RACING ABの登録商標です
※3Honda調べ(2017年3月現在)

豪華装備の「SP」は246万2400円!

究極のロードスポーツ・RC213V-Sの開発で得られたノウハウを活かし、操る楽しみを実現する扱いやすさを追求。慣性計測ユニット・IMUを中心とした車体姿勢推定システムを中核に、制動時の安定性を高めたスーパースポーツ専用ABSをはじめ、オーリンズ製の電子制御サス、パワーセレクターやセレクタブルトルクコントロール、クイックシフターなどを採用。

SPはHondaレーシングDNAを表現した「ヴィクトリーレッド」のみのカラー設定で、価格は246万2400円となっている。

画像: HONDA CBR1000RR SP (ヴィクトリーレッド) ■税込価格:246万2400円

HONDA CBR1000RR SP (ヴィクトリーレッド) ■税込価格:246万2400円

画像1: 豪華装備の「SP」は246万2400円!
画像2: 豪華装備の「SP」は246万2400円!
画像: フレームは従来の基本構造をベースにしているが、徹底した見直しで優れた剛性バランスとしなやかさを実現。

フレームは従来の基本構造をベースにしているが、徹底した見直しで優れた剛性バランスとしなやかさを実現。

各部も大幅に進化を果たした新型CBR1000RR

画像1: 各部も大幅に進化を果たした新型CBR1000RR
画像2: 各部も大幅に進化を果たした新型CBR1000RR
画像: 必要最低限のカウルを内側に追い込み、コンパクト化と前面投影面積の低減を実現。軽量化とマスの集中化に成功している。

必要最低限のカウルを内側に追い込み、コンパクト化と前面投影面積の低減を実現。軽量化とマスの集中化に成功している。

画像: 公道用量産車として世界初のチタン製フューエルタンクを採用したほか、リチウムイオンバッテリーの採用などによって大幅な軽量化を実現。より軽快感のあるハンドリングに。

公道用量産車として世界初のチタン製フューエルタンクを採用したほか、リチウムイオンバッテリーの採用などによって大幅な軽量化を実現。より軽快感のあるハンドリングに。

画像: 各種最適化と吸排気系のセッティング、マフラー構造の変更によって出力向上を実現したパワーユニット。

各種最適化と吸排気系のセッティング、マフラー構造の変更によって出力向上を実現したパワーユニット。

画像3: 各部も大幅に進化を果たした新型CBR1000RR
画像4: 各部も大幅に進化を果たした新型CBR1000RR
画像5: 各部も大幅に進化を果たした新型CBR1000RR
画像6: 各部も大幅に進化を果たした新型CBR1000RR
画像: 伝統のデュアルヘッドライトはLED化のメリットを活かし軽快にまとめたフロントマスクへと進化を遂げた。従来のロービーム片側点灯からハイ/ロー両側点灯に変更。

伝統のデュアルヘッドライトはLED化のメリットを活かし軽快にまとめたフロントマスクへと進化を遂げた。従来のロービーム片側点灯からハイ/ロー両側点灯に変更。

画像: フルカラーTFT液晶メーターは、回転数、速度といった基本的な情報に加え、多彩な電子制御に関する情報まで表示。ストリート、サーキット、メカニックの3モードを状況に応じて使い分けられる。

フルカラーTFT液晶メーターは、回転数、速度といった基本的な情報に加え、多彩な電子制御に関する情報まで表示。ストリート、サーキット、メカニックの3モードを状況に応じて使い分けられる。

画像: ミラーに搭載されたウインカーはLED化し、軽量コンパクト化を実現。

ミラーに搭載されたウインカーはLED化し、軽量コンパクト化を実現。

画像: テールランプもヘッドライト、ウインカーと同様にLED化。省電力化にも貢献する。

テールランプもヘッドライト、ウインカーと同様にLED化。省電力化にも貢献する。

主要諸元
全長×全幅×全高 2065×720×1125mm
ホイールベース 1405mm
最低地上高 130mm
シート高 820mm
車両重量 196kg(※SPは195kg)
エンジン形式 水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量 999cc
ボア×ストローク 76.0×55.1mm
圧縮比 13.0
最高出力 192PS/13000rpm
最大トルク 11.6kg-m/11000rpm
燃料供給方式 FI
燃料タンク容量 16L
キャスター角/トレール 23.2度/96mm
変速機形式 6速リターン
ブレーキ形式 前・後 ダブルディスク・ディスク
タイヤサイズ 前・後 120/70ZR17・190/50ZR17

問い合わせ先

お客様相談センター
0120-086819(オーハローバイク)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.