国内向け量産市販車の初代登場は1967年!

HONDAのモンキーが市販されてから、ついに今年、50周年を迎えます。
今回発売される「50周年アニバーサリー」モデルは、初代のカラーリングを踏襲し、シートもチェック柄に。サイドカバーに記念エンブレムが装着されるなど、スペシャルな1台となっています。

発売日は2017年2月28日、税込価格は35万2080円となっています。

画像: モンキー・50周年アニバーサリー(パールサンビームホワイト) ■価格:35万2080円

モンキー・50周年アニバーサリー(パールサンビームホワイト) ■価格:35万2080円

以下、リリースより
原付レジャーモデル「モンキー・50周年アニバーサリー」を発売

Hondaは、原付50ccの人気レジャーモデル「モンキー」の発売50周年を記念し、1967年に発売された初代※1モデル“モンキーZ50M”のカラーリングイメージを踏襲し、記念モデルにふさわしい専用の立体エンブレムやメインキーを採用した「モンキー・50周年アニバーサリー」を2月28日(火)に発売します。

モンキー・50周年アニバーサリーは初代モデル“モンキーZ50M”のカラーリングイメージを踏襲し、燃料タンク側面やサイドカバーを主体色のパールサンビームホワイトに、フロントやリアのフェンダーはシャスタホワイトとしています。フレームやフロントフォーク、スイングアームなどのほか、ヘッドライトケースや燃料タンク上面のストライプをマグナレッドとするとともに、シートには初代モデルを模したおしゃれなチェック柄シートを採用。また、発売50周年を記念して、燃料タンク側面に復刻デザインのウイングマークバッジを、上面には記念ステッカーを配しています。さらに、サイドカバーに50周年記念エンブレムを、シート後部に50周年記念ロゴを、メインキーに50周年記念マークを施すことで特別感にあふれ所有感を満たすモデルとなっています。

モンキーは、1961年に東京都日野市にオープンした遊園地「多摩テック」の乗り物として製作された「モンキーZ100」に端を発しています。このモデルは子どもたちに「操る楽しさ」を提供することで好評を博し、やがて海外の各種ショーで展示されるなど、世界各地で注目を集めました。その後1967年に、初代モデルとして公道走行可能なモンキーZ50Mを国内発売。以来、小柄で愛らしいデザインや粘り強く扱いやすい4ストローク・50ccエンジンの搭載などにより、半世紀にわたり幅広いユーザーに好評を得ているロングセラーモデルです。

*車体色は、パールサンビームホワイト1色を設定
*従来のプラズマイエローとハーベストベージュの2モデルは廃止し、グラファイトブラック(モンキー・くまモンバージョン)は継続販売
※1国内向け量産市販車

画像: HONDA モンキー Z50M(初代・1967年)

HONDA モンキー Z50M(初代・1967年)

画像: 「多摩テック」の乗り物として登場した、HONDA モンキーZ100(1961年)

「多摩テック」の乗り物として登場した、HONDA モンキーZ100(1961年)

画像: 継続販売されるHONDA モンキー・くまモン バージョン ■価格:33万6960円

継続販売されるHONDA モンキー・くまモン バージョン ■価格:33万6960円

HONDA 公式サイト

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.