カワサキ初の4スト400レーサーレプリカ!

レーサーレプリカ全盛の80年代半ばに、レプリカではなくスポーツツアラー的なコンセプトという独自路線を貫いてGPZ400R、GPX400Rを発売してきたカワサキ。しかし加熱するレーサーレプリカ人気を無視することができなくなり、ついに1988年に初の4スト400㏄レーサーレプリカとしてZX‐4を市場に投入することになった。

4メーカーの400㏄レプリカの中で最後発となっただけに、ツインチューブ構造で高い剛性を備えるアルミe‐BOXフレーム、クラス最軽量の乾燥重量152㎏という車重、φ40㎜の正立フロントフォークに窒素ガス注入式のユニトラックサスというハイグレードな足まわり、いちから400㏄専用設計されたコンパクトでパワフルなサイドカムチェーン式水冷直4エンジンによって、先行していたライバルたちに負けない高いポテンシャルを実現し、1988年の鈴鹿4耐でも優勝するなどサーキットでも活躍を見せた。

しかし、シンプルに過ぎたスタイリングのためか存在感は薄く、販売成績も振るわなかったため、1989年には後継モデルのZXR400にその座を譲り渡して生産を終了。生産期間わずか1年という短命モデルとなってしまった。

画像: カワサキ初の4スト400レーサーレプリカ!

DETAIL

画像: エンジンはカワサキとしては初の400㏄専用設計で、コンパクトさを追求しながらライバルに引けをとらない最高出力59PSを発生。

エンジンはカワサキとしては初の400㏄専用設計で、コンパクトさを追求しながらライバルに引けをとらない最高出力59PSを発生。

画像: 左側がGPX400R、右側がZX-4のピストン。GPXより小さくなっているのに加え、ピストンリングも薄くしてフリクションを低減してある。

左側がGPX400R、右側がZX-4のピストン。GPXより小さくなっているのに加え、ピストンリングも薄くしてフリクションを低減してある。

画像: こちらはロッカーアームで、左側がGPX400R、右側がZX-4。GPXが1ロッカーでふたつのバルブを動かすのに対し、ZX-4は1ロッカー1バルブだ。

こちらはロッカーアームで、左側がGPX400R、右側がZX-4。GPXが1ロッカーでふたつのバルブを動かすのに対し、ZX-4は1ロッカー1バルブだ。

画像: 専用設計のアルミ製ツインチューブフレームはe-BOXフレームと呼ばれた。e-BOXの「e」はeggを意味していて、フレームを真上から見た時の形が卵型に見えることに由来する。

専用設計のアルミ製ツインチューブフレームはe-BOXフレームと呼ばれた。e-BOXの「e」はeggを意味していて、フレームを真上から見た時の形が卵型に見えることに由来する。

画像: フロントホイール径は17インチ、タイヤのサイズは110/70。3本スポークのシンプルなホイールに、片押し2ポッドキャリパーを使用したダブルディスクブレーキを組み合わせる。

フロントホイール径は17インチ、タイヤのサイズは110/70。3本スポークのシンプルなホイールに、片押し2ポッドキャリパーを使用したダブルディスクブレーキを組み合わせる。

画像: リアホイール径は18インチで、タイヤサイズは140/60。リアブレーキキャリパーもフロントと同じく片押し2ポッドだ。リアサスはカワサキお得意のユニトラックサス。

リアホイール径は18インチで、タイヤサイズは140/60。リアブレーキキャリパーもフロントと同じく片押し2ポッドだ。リアサスはカワサキお得意のユニトラックサス。

画像: 燃料タンク部の前方が容量8Lのエアクリーナーボックスになっているという点は、現代のスーパースポーツに近いつくりだといえる。

燃料タンク部の前方が容量8Lのエアクリーナーボックスになっているという点は、現代のスーパースポーツに近いつくりだといえる。

画像: 大径のスピードメーター、タコメーターの左右に燃料計、水温計を配置したレーシーなメーターパネル。タコメーターはレッドゾーンが1万3500rpmから!

大径のスピードメーター、タコメーターの左右に燃料計、水温計を配置したレーシーなメーターパネル。タコメーターはレッドゾーンが1万3500rpmから!

SPECIFICATIONS
エンジン型式 水冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量 398㏄
内径╳行程 57.0╳39.0㎜
圧縮比 11.5
最高出力 59PS/12000rpm
最大トルク 3.9㎏-m/10000rpm
燃料供給方式 キャブレター[CVKD30]
変速機型式 常時噛み合い式6速リターン
全長 2035㎜
全幅 715㎜
全高 1130㎜
軸間距離 1395㎜
車両重量 177㎏
キャスター/トレール 24°/87㎜
燃料タンク容量 16L
タイヤサイズ(前) 110/70R17
タイヤサイズ(後) 140/60R18
当時価格 69万8000円

懐かしの400特集は「RIDE」に収録!

オートバイ 2017年 3月号 [雑誌]

モーターマガジン社 (2017-02-01)
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.