ワークスレーサーRG‐Γの血を色濃く受け継ぐレプリカ

80年代半ばに登場した3台のGP500マシンレプリカ、スズキRG400/500Γ、ヤマハRZV500R、ホンダNS400Rの中で、最もレプリカ度が高いのが Γ(ガンマ)だろう。

1984年にRG500Γが、翌年に排気量のみをダウンしたRG400Γが登場したが、共にスクエア4レイアウトでロータリーディスクバルブというエンジンの基本構造はもちろん、500㏄モデルのボア╳ストローク、二軸クランクの配置などクランクケースの設計、さらに市販車では珍しいカセット式ミッションなど当時現役のGPレーサーであったRG500Γとの共通が多い。

そのほかの部分にもGPレーサー直系の技術が盛り込まれており、徹底的にGPレーサーをコピーすることで真のレプリカ、公道を走るGPレーサーを造ることをスズキが目指したからに他ならない。そして国内では当時まだ大型免許取得のハードルが高かった時代だけに、GPレーサー譲りの走りを備えるRG400Γが、中型免許ライダーから熱い視線を集めたのは言うまでもない。特に全日本ロードレースで水谷勝選手が駆っていたRG500Γのカラーを再現した、ウォルターウルフカラーの人気は非常に高かった。

画像: 初期型の青╳白モデル。500にはアンダーカウルが装着されているが、400は標準状態ではアンダーカウルなしでオプション設定。ウォルターウルフカラーも400と500ではグラフィックが異なっている。

初期型の青╳白モデル。500にはアンダーカウルが装着されているが、400は標準状態ではアンダーカウルなしでオプション設定。ウォルターウルフカラーも400と500ではグラフィックが異なっている。

DETAIL

画像: 500と400のエンジンはポートの数、形状なども異なっている。最大の違いである排気量は、ボア╳ストロークを500の56╳50.6㎜から、ボアのみ50㎜に変更することで397㏄化。

500と400のエンジンはポートの数、形状なども異なっている。最大の違いである排気量は、ボア╳ストロークを500の56╳50.6㎜から、ボアのみ50㎜に変更することで397㏄化。

画像: 1983年のWGPでRG500Γが軽快なハンドリングを目指しいち早く採用した16インチフロントホイールをもちろん採用。ANDF、デカピストンと当時のスズキならではのメカも装備。

1983年のWGPでRG500Γが軽快なハンドリングを目指しいち早く採用した16インチフロントホイールをもちろん採用。ANDF、デカピストンと当時のスズキならではのメカも装備。

画像: 白い文字盤が印象的なアナログ3連メーターで、左から180㎞/hスケールのスピードメーター、1万3000rpmスケールのタコメーター、燃料計/水温計が並んでいる。

白い文字盤が印象的なアナログ3連メーターで、左から180㎞/hスケールのスピードメーター、1万3000rpmスケールのタコメーター、燃料計/水温計が並んでいる。

画像: リアのトルクリンクにピロボールを使用、フレーム支持のフローティング構造としたリアブレーキ。制動時にブレーキトルクのリアサスへの影響を減らし、安定性を高めている。

リアのトルクリンクにピロボールを使用、フレーム支持のフローティング構造としたリアブレーキ。制動時にブレーキトルクのリアサスへの影響を減らし、安定性を高めている。

画像: DETAIL

SPECIFICATIONS
エンジン型式 水冷2ストローク・ロータリーディスクバルブスクエア4気筒
総排気量 397㏄
内径╳行程 50.0╳50.6㎜
圧縮比 7.2
最高出力 59PS/9000rpm
最大トルク 4.9㎏-m/8500rpm
燃料供給方式 キャブレター[VM28]
変速機型式 常時噛み合い式6速リターン
全長 2100㎜
全幅 695㎜
全高 1185㎜
軸間距離 1425㎜
乾燥重量 153㎏
キャスター/トレール 23°35′/102㎜
燃料タンク容量 22L
タイヤサイズ(前) 100/90-16
タイヤサイズ(後) 120/90-17
当時価格 65万9000円

懐かしの400特集は「RIDE」に収録!

オートバイ 2017年 3月号 [雑誌]

モーターマガジン社 (2017-02-01)

This article is a sponsored article by
''.