トライアンフの人気モデルがさらにパワーアップ!

画像: トライアンフの人気モデルがさらにパワーアップ!

トライアンフの人気モデル・ストリートトリプルの新型が
本国・イギリスで昨日発表されました。
新型はなんと765ccにスケールアップされた新エンジンを採用、
電子制御デバイスも惜しみなく投入されています。
まずは気になるその概要を見ていきましょう!

新型は3グレードを用意、スタンダードモデルは「S」

画像: 新型は3グレードを用意、スタンダードモデルは「S」

新型ストリートトリプルは全部で3モデルをラインアップ、
そのベースグレードとなるのが、ストリートモデルの「S」。
765ccエンジンは113PSを発揮、ABSやトラクションコントロール、
ロード、レイン、2種類のライディングモードが標準となります。
車体もリニューアルされ、スイングアームは新作のガルアームタイプとなっています。

スポーツ性能を高めた充実グレード「R」

画像: スポーツ性能を高めた充実グレード「R」

シリーズの中で最も「売れ線」となりそうなのが、
スポーツグレードの「R」。パワーが118PSにアップされ、
ショーワ製のフロントフォークがフルアジャスタブルとなるほか、
ブレーキはブレンボのラジアルマウントタイプを採用。
リアサスもフルアジャスタブルとなり、ライディングモードは
スポーツ、ロード、レイン、ライダーの4種類に拡大。
メーターは新作の5インチカラーTFTモニターが採用されています。

画像: 好みに応じて表示レイアウトを選択可能。大きくて視認性もよさそうです。

好みに応じて表示レイアウトを選択可能。大きくて視認性もよさそうです。

トップグレードはオーリンズ付きの「RS」

画像1: トップグレードはオーリンズ付きの「RS」

そして、シリーズのトップグレードとなるのが「RS」。
パワーはさらに引き上げられて123PSを発揮、
ブレーキキャリパーは同じブレンボでもレーシングタイプの
モノブロックキャリパー「M50」を採用。
フロントフォークはショーワ製のBPFとなり、
リアサスにはオーリンズをおごっています。
ライディングモードはサーキット向けの「トラック」を加えた
全5モードとなり、クイックシフターやアンダーカウル、
シングルシート風カバーも標準装備しています。

画像2: トップグレードはオーリンズ付きの「RS」
画像3: トップグレードはオーリンズ付きの「RS」
画像4: トップグレードはオーリンズ付きの「RS」

日本上陸時期などは、現段階ではまだ未定ですが、
パフォーマンスを大きく充実させての登場だけに、
デビューが待ち遠しい1台ですね!
詳細は「月刊オートバイ」3月号にて
じっくりご紹介しますので、そちらもお楽しみに!

主要諸元(RS、欧州仕様)
全長×全幅×全高 NA×735×1085mm
ホイールベース 1410mm
シート高 825mm
車両重量 166kg
エンジン形式 水冷4ストDOHC4バルブ並列3気筒
総排気量 765cc
ボア×ストローク 77.99×53.38mm
圧縮比 12.65
最高出力 123PS/11700rpm
最大トルク 7.85kg-m/10800rpm
燃料供給方式 FI
燃料タンク容量 17.4L
キャスター角/トレール 23.9度/100mm
変速機形式 6速リターン
ブレーキ形式 前・後 φ310mmダブルディスク・φ220mmディスク
タイヤサイズ 前・後 120/70ZR17・180/55ZR17

画像: 新型Street Triple シリーズ - JP www.youtube.com

新型Street Triple シリーズ - JP

www.youtube.com
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.