トータルコントロールを武器に強靭なるダブルアール再び!

画像: トータルコントロールを武器に強靭なるダブルアール再び!

ついに本格始動した新型のCBR1000RR。型式が「SC59」から「SC77」に変わり、歴代最強のスペックを持つ新世代モデルとして歴史に新しい1ページを刻み始めた。グレードはスタンダードとSP、SP2の3タイプ。スタンダードは簡略版ではなく、IMUを採用して緻密な制御を行う各種電子制御デバイスを搭載。191・76PSという歴代最強パワーを発揮するエンジンはSP系と同一のもの。しかも、パワーに関しては、今後発売されるであろう国内仕様もフルパワーらしいというから嬉しい限りだ。

エンジンや車体の基本設計は従来型から引き継がれ、最高出力も11PSアップとは言え約192PS。ライバルが200PS超という現状では、劣勢に見えないでもない。そこで注目したいのは、車重が15㎏も軽くなり、クラス最軽量の195㎏を実現していることだ。そのことで、車重を最高出力で割った値、パワーウェイトレシオを14%も低減しているのだ。この値はライバルマシンと比較しても、全く遜色がない。

加速力はパワーに比例し、車重に反比例すると考えてよく、このレシオが小さいほど優れる。最高出力が劣れば最高速には不利だが、その領域が問われるのはサーキットでもほんの一瞬だけだから、「走る」性能は同等の水準と見ていい。そのうえ、「止まる」と「曲がる」性能は、車重が軽いほど高くなる。軽量なニューCBRは出力が低くても、トータル性能でむしろ勝っていると考えられるわけだ。操る面白さもこちらの方が上回るはずである。

画像: LEDヘッドライトは左右両側点灯となり、精悍な表情に華を添えている。左右のパネルは走行風を後方に逃がすダクトを兼ねており、ラムインテークは左右の下部に開口部がある。

LEDヘッドライトは左右両側点灯となり、精悍な表情に華を添えている。左右のパネルは走行風を後方に逃がすダクトを兼ねており、ラムインテークは左右の下部に開口部がある。

画像: 薄型のテールカウルにマッチした形状のLEDテールランプを採用。U字ラインの赤レンズが常時点灯部で、その上のストップランプはクリアレンズとなっている。

薄型のテールカウルにマッチした形状のLEDテールランプを採用。U字ラインの赤レンズが常時点灯部で、その上のストップランプはクリアレンズとなっている。

画像: 前後サスペンションがコンベンショナルなものとなり、チタン製タンクやクイックシフターなどが省略されてはいるが、基本的な動力性能に関してはスタンダードもSPと共通。車体は歴代モデルでも最もスリムになっており、直進状態でもライダーの腿にタンクがフィットしやすい。装備面でも上手にコストが抑えられた結果、新型のスタンダードは価格面でも大いに期待が持てそうだ。

前後サスペンションがコンベンショナルなものとなり、チタン製タンクやクイックシフターなどが省略されてはいるが、基本的な動力性能に関してはスタンダードもSPと共通。車体は歴代モデルでも最もスリムになっており、直進状態でもライダーの腿にタンクがフィットしやすい。装備面でも上手にコストが抑えられた結果、新型のスタンダードは価格面でも大いに期待が持てそうだ。

完全保存版のバイク年鑑、現在発売中です!

JAPAN BIKE OF THE YEAR 2017 (Motor Magazine Mook)

モーターマガジン社 (2016-12-24)
売り上げランキング: 314,550
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.